• じゃがりこガーナ
    最近はやってますね、こういうの。軽くスルーするつもりが「甲信越地域限定、数量限定」のあおり文句にまんまと乗せられ(笑)1個購入。ふたを開けてびっくり! チョコレート、かなり溶けてるじゃん!!直射日光に当たったのか暖房がききすぎていたのか?いずれにしてもがっかり(苦笑)。もっと考えて陳列しようよ‥‥。ちなみに味の方はミルクチョコレートの味とじゃがりこの食感が楽しめてよかったです。‥‥これでチョコさえ溶け...
  • ひたひたと (野沢尚)
    12の深い傷跡を全身に刻んだ女のこと(「十三番目の傷」)。少年に悪戯され暗転した小4の夏のこと(「ひたひたと」)。五角形の部屋で互いの胸の奥に封じ込めていた秘密を明かしたとき、たどり着くのは‥‥‥。急逝を惜しまれた著者最後の作品集。着手寸前だった長編「群生」のプロットも収録。      (あらすじより)私は野沢尚さんが一人称で書いた文章はあんまり好きじゃない、ということにたったいま気づきました(笑)...
  • オリゼー
    これも妹からもらった画像。もみじ園で撮った写真です。なにか普通じゃないものが見えたあなたは「もやしもん」かも?(笑)...
  • ダイイング・アイ (東野圭吾)
    「許さない、恨み抜いてやる、たとえ肉体が滅びても」記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める‥‥‥。 (あらすじより)最新刊ですが初出が1998年ということなので10年近く前に書かれた作品ということに...
  • 新郎新婦?
    披露宴に出席してきた妹にデジカメを貸し出し。撮ってきた写真がこちら。いやーいいタイミングだなぁ(笑)。‥‥‥でも新郎新婦、ちょっと小さくない?(笑)...
  • ジャパンカップ
                                                   (写真はスポーツナビより)おもしろいレースでした!だれも予想しなかったチョウサンの逃げ。圧倒的1番人気のメイショウサムソンが4コーナーで外を回している間に、前回外を回って不利を受けたアドマイヤムーンが内から伸びて、2着のポップロックの追撃も振り切ってゴール。折り合いも欠いていましたし、距離も微妙に長そうで...
  • ジャパンカップダート
                                                   (写真はnetkeiba.comより)ヴァーミリアン、完璧な勝利でした!2着のフィールドルージュが最高の競馬をして先頭にたったところを差し切ってレコードV。本命にしておいてなんですけど、ここまで強いとは思わなかったですね。ジャパンカップは今年で8回目ですが、武豊騎手、そのうちの半分を勝ってます。どんだけ得...
  • 連休中日
    昨夜は友人の退職金で飲み。‥‥‥というと、なんだかちょっと人でなしな感じ(笑)。友人の勤め先が倒産したわけではなく、会社が移転等に伴い一度完全に精算することになって、それまでの退職金が全従業員に支払われたそうです。もちろん退職金は新しい会社で一から積みなおし、ということになってしまいましたが、なにはともあれ思いもかけない臨時収入★もうひとりの友人と焼肉をごちそうになることになりました♪ただ酒、ただ肉を...
  • 世界最速のインディアン
                                                   (画像はYAHOO!映画より)ニュージーランドに住むバート(アンソニー・ホプキンス)は、狭心症の発作を期に、長年の夢を実現させるため動きだす。それは自ら改良したバイク“インディアン”でアメリカのポンヌヴィル塩平原で行われる大会に参加して、スピードの世界記録を立てること。実在の人物、バート・マンローをモデルに...
  • さよなら、ミラ
    7歳になった愛車(ネイキッド)が車検から帰ってきました。ほんの一日の検査入院のはずが、あちこち悪いところが見つかって、「直さないと車検通りません」とさわやかに宣告され(笑)、かかった治療費しめて14万円。年末にこの出費はいたかったですね‥‥‥(><)愛車が入院中、私の足になってくれたのが代車のミラ。ひそかにジョヴォヴィッチと命名(笑)。たばこ臭かったりFMラジオがついてなかったりガソリン給油口の蓋が...
  • 間宮兄弟 (江國香織)
    兄・明信は酒造メーカー勤務。弟・徹信は小学校の校務員。30歳をすぎても一緒に暮らす間宮兄弟は、女性にもてなくても日常を楽しむ術をよく知っている。心穏やかな生活を送っていた彼らだったが、職場の女性を誘ってホームパーティーを開いたり、先輩の不倫に巻きこまれてしまい、気持ちが揺れ動く。ふたりのほのかな恋の結末は? 森田芳光監督による映画化で話題になった作品、待望の文庫化。(YAHOO!ブックスより)映画...
  • エコがまん
    どんなに寒くなっても、12月になるまではハロゲンヒーターで乗り切ってやろうと思っていたのですが。着膨れして温かい飲み物でなんとかしのげないかと思っていたのですが。さすがにもう限界(><)寒すぎです! 昨晩とうとうファンヒーターをひっぱりだしてきました。タイマーをセットして、「これで明朝はだいじょうぶ」と就寝。そして今朝。目覚ましの時間よりも早くタイマーをセットしてあったはずなのに、ヒーターぴくりと...
  • パリ、ジュテーム
    パリの各地区を舞台にした人間ドラマの数々を、1話5分間、全18話の構成で見せるオムニバスムービーです。気になる監督さんや好きな役者さんが多数出演しており、公開されたらぜったい観にいこうと思っていたのに、とうとう地元では上映されず(苦笑)、DVDでやっと観ることができました。以下、気に入った短編を何本かご紹介。チュイルリー監督:ジョエル&イーサン・コーエン出演:スティーヴ・ブシェミジョエル曰く「僕ら...
  • マイルチャンピオンシップ
                                                  (写真はnetkeiba.comより)いつもレースが終わってから「ダイワメジャーってやっぱり強いわ、どうして本命にしなかったんだろう」と思うんですよねぇ(苦笑)。エリザベス女王杯につづいて今回も!と思ったのですが、はずれでした。どうしてこうお兄ちゃんとは馬券の相性が悪いのかな? 妹(ダイワスカーレット)とは...
  • まちがい(?)さがし
    仕事の運転中、工事をしている道路を走っていると、見慣れた景色のはずなのに妙に違和感。「‥‥‥なんか変なのいなかった?」と思い、車をとめてもどってきてみると‥‥‥かえるじゃん!しかもずーっと続いてるし(笑)。最近はこういうの多いのでしょうか? 個人的にはたいへん楽しかったです★...
  • ずれ
    職場で、いまさらながら中越沖地震のチャリティーのために未使用の生活用品をもってきてください、との回覧。ふーん、未使用の生活用品か‥‥‥。書面には「洗剤やタオルや鍋などでも良いです」と書かれてあったのですが、あいにくと該当するものなし。部屋をひっくりかえして、なんとか見つかったのが下記の4点。・神戸のホテルでもらったせっけん。・献血でもらった未開封の絆創膏。・10年も前にもらった電池で動くシェーバー。...
  • 冷血 (トルーマン・カポーティ)
    カンザス州の片田舎で実際に起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を費やして綿密な取材を遂行。そして犯人2人が絞首刑に処せられるまでを見届けた。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル。様々な物議をかもした、衝撃のノンフィクション・ノベル。(あらすじより)事件が起きて48年、この本が書...
  • 映画の合間に
    映画館の売店で「プチ芋ボール」というものを食べました。さつまいもと紫いもを材料につかったスナックで、ちょうど揚げたてのあつあつ。自然なあまみともちもちっとした食感、値段も300円とわりあいリーズナブルでなかなかよかったです♪ところで、ちょうどその時間はレイトショーがはじまるころで、チケット売り場はけっこうな行列。「あのカップルは『ALWAYS』かな? あのおひとりさまの男性はきっと『バイオハザード...
  • クワイエットルームにようこそ
                                                  (画像はYAHOO!映画より)目が覚めると見知らぬ天井。そこは精神科病院の女子閉鎖病棟でも、さらに隔離された“クワイエットルーム”と呼ばれる病室だった。睡眠薬とアルコールの過剰摂取で意識を失った明日香(内田有紀)は自殺志願者と診断され、強制入院させられていた。まわりには問題を抱えたクセモノ患者ばかり。外界との...
  • バイオハザードⅢ
                                                  (画像はYAHOO!映画より)ウィルスによって砂漠化した地球。感染を免れた人間は旅をし続けることを余儀なくされていた。ゾンビの襲撃を避けるため、仲間を見つけるため、感染のない安全地帯を探すため‥‥‥。事態を引き起こしたアンブレラ社は、唯一ウィルスの抗体を持つ女性、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を捜し求めてい...
  • エリザベス女王杯
    今日は雨。どこにも出かけず、エリザベス女王杯の検討と喪中はがきの宛名書きをしてすごしました。予想が決まり(「ウォッカ、ダイワスカーレットからの三連単だな」)、いざ投票!とケータイを開くと「ウォッカ、出走を取り消しました」の文字。予想がぱぁ(笑)。費やした時間があれば何枚宛名書きが‥‥‥などと考えると虚しいので、予想し直し(^^;。配当は低くなるけど、ダイワスカーレットからの馬連流しで勝負しまして、8...
  • ウォッカ取り消し!?
    あいたた(><)。骨折や屈腱炎でなかったのは不幸中の幸いですが、右寛跛行でエリザベス女王杯、出走取り消しかぁ。本命の予定だったのに★昨年のカワカミプリンセスの降着、今年のウォッカの出走取り消し。変なジンクスが誕生しつつあるなぁ(^^;予想練り直しです‥‥(苦笑)。...
  • めがね
                                                   (画像はgoo映画より)携帯電話の電波がとどかない民宿「ハマダ」。迷わずたどりついたタエコ(小林聡美)に宿の主人・ユージ(光石研)はいう。「才能がありますよ、ここにいる才能。」 しかしタエコは、宿で起こる不思議な出来事に戸惑うばかり。春になると現れ、浜辺で氷屋と「メルシー体操」をするサクラ(もたいまさこ)...
  • プレゼント
    よくおみやげ交換をしている同僚からもらったストラップ。姪と行ったリス公園で買った品ということで、「となりのライフル弾は?」と思ったら笛でした(笑)。同僚曰く「かばんの中に入ってきたりして、すごくかわいかった♪ 姪も『連れて帰ろうよ!』ていうし、思わず『テト!』とかいってお持ち帰りしそうになった★」ちなみに同じところに行ったことのある妹の感想。「リスもエサもってない人にはぜんぜん近づいてこないんだよー...
  • 続・現在募集中!
    これのつづき。「ついに本命登場!」という話を聞いたのが先週の木曜日。倉庫担当として年齢、経歴、環境、もうしぶんのない方の応募があり、面接の上さっそく採用。「この人がだめだったら、もうだれも信用できないですね」というのが採用者の弁。今週の月曜から出勤。なるほど、落ち着きがあって、でも人懐っこいところもあって、なかなか良さそうな印象。その夜「いろいろあったけど、とうとう決まったね」と現倉庫担当者と祝杯...
  • 戸隠行  ~神社とそばと忍者~
    戸隠村に到着! 混みあう駐車場になんとか車をとめて、まずは戸隠神社の奥社へ向かいます。軽い気持ちで歩きはじめ、最初に目に止まった看板には「奥社まで1・9キロ」‥‥‥まじっすか(^^;途中の随神門のあたりで「もう引き返そうか」と思うぐらいの長い長い参道でした(笑)。でも意外とお年寄りやお子さんも自分のペースでしっかり歩かれているので、弱音なんか吐いていられません。やっとの思いで奥社に到着★残念ながら紅葉...
  • 戸隠行 ~団子と餅とコーヒーと紅葉~
    先週神戸へ行き、今週末は家でゆっくりのんびり‥‥‥の予定でしたが★「シンソバ‥‥ナガノ‥‥コウヨウ‥‥」という友人からの不気味なカタカナメールリクエストにお応え(^^;行ってきました、長野県! (遠出しすぎ!・笑)合流した友人曰く「だって雪が降ったらもうどこにも行けないじゃん?」 たしかに★そんな彼には神戸のおみやげ、縁結びの神様、生田神社の恋守りを進呈!来年の紅葉は彼女を作ってふたりで行くんだよ!「‥‥‥‥」...
  • 自虐の詩
                                                  (画像はYAHOO!映画より)美人でもなくお金もなく、不運つづきの人生を送ってきた幸江(中谷美紀)。気に入らないことがあるとすぐにちゃぶ台をひっくり返す、元ヤクザで無職のイサオ(阿部寛)。ささやかな幸せを望む幸江だが、イサオの仕事は続かず、おまけに銀行強盗で服役していた父・家康(西田敏行)が金銭の無心に職場...
  • 神戸行 ~ホテル、神社、コンテスト~
    ホテルの朝食はバイキング。朝からスウィーツ2品も食べてるし(笑)。ババロア、さっぱりしておいしかった♪チェックアウトしたあとは生田神社へ。今日の妹のコンテストの必勝祈願★狛犬の体がやけに写実的でかっこいいです(笑)。コンテストの会場は六甲アイランド。三宮駅からの直通バスで向かいました。結果から先にいうと、妹の入賞はなりませんでした。でも全国1300組のエントリーからここの40組に勝ち残れただけでも立...
  • 神戸行 ~ASK(後編)~
    ピアニストが到着するまでのつなぎに聴かせてもらったのが下地勇さんの「おばぁ」。すごくいい歌でした。良かったらリンクから訳詞を読んでみてください。伊波さん「私のおばぁは103歳で亡くなったんです。この歌を聴くとおばぁのことを思い出します。おばぁは人の年齢を聞くと「ふん、2ケタ」というんですよ、相手がたとえ70歳でも80歳でも(笑)。私もそんなおばぁになりたいですね」その次に聴かせてくれたのが伊波さん...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ