• あつあつ(*^ ^*)
    入梅の前だというのに、今日は雨、梅雨寒のような天気でした。こんな日は温かいものが食べたくなります♪GW以来ひさしぶりに「おひにし」へ行ってきました。うどんの前に、セルフのところから稲荷寿司と、カボチャ、たまねぎ、さつまいもの天ぷらで腹ごしらえ。先日バイキングに行ったときも思いましたが、こういうとき自然と野菜系のものを選ぶようになってきているのが‥‥‥やっぱり年齢なんですかねぇ?(笑)特にたまねぎの天ぷ...
  • サウスバウンド 上 /奥田英朗(角川文庫)
    小学校6年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても変わってるという。父が会社員だったことはない。物心ついた頃からたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、よその家はそうではないことを知った。父は昔、過激派とかいうものだったらしく、今でも騒動ばかり起こして、僕たち家族を困らせるのだが‥‥‥。(あらすじより)まだ上巻を読み終えたところですが、映...
  • ダービー枠順確定
    今年のダービーの枠順が決まりました★1枠1番 ディープスカイ 四位1枠2番 サクセスブロッケン 横山典2枠3番 ブラックシェル 武豊2枠4番 タケミカヅチ 柴田善3枠5番 アグネススターチ 赤木3枠6番 モンテクリスエス 福永4枠7番 スマイルジャック 小牧4枠8番 アドマイヤコマンド 川田5枠9番 マイネルチャールズ 松岡5枠10番 レインボーペガサス 安藤勝6枠11番 レッツゴーキリシマ 幸6枠12...
  • 警察に出頭。
    仕事中、車に戻ってみたらフロントガラスにおまわりさんからシールのプレゼント。生まれて初めて駐禁とられちゃいましたよ(苦笑)。あーあ、しょうがない。でも、レッカー移動されなかっただけマシか。さっさと罰金を支払ってしまおうと、仕事を終えた足でそのまま警察署へ出頭。「すいません、駐車禁止の罰金を支払いにきたのですが」すると受付の警察官が親切に教えてくれたのですが、この駐車禁止違反の場合、実際のところだれ...
  • スルース
    ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説作家ワイク(マイケル・ケイン)のもとに、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」というティンドルに、ワイクは意外な提案をする。彼が所有する100万ポンドの宝石を盗み出せば、離婚に合意するというのだが‥‥‥。(あらすじはYahoo!映画より)リメーク作品ということですが、オリジナルの方は未見。もしかするとオリジ...
  • 東京みやげ
    友人にバイキングのときにもらった東京みやげ。‥‥‥たまご?ではなくて、ごまたまごプリンでした。入れ物の質感はちょっと安っぽいのですけど味は濃厚。いっしょに食べた妹は、一口食べるたびに「濃い!」と歓声(笑)。ごちそうさまでした♪おみやげを入れてくれた袋もなかなか素敵でした。上野の博物館のダーウィン展で買ったものとのこと。色もデザインも好みだし、ファスナーがついているのも便利。エコバックとして使わせてもら...
  • オークス
                                                    (画像はスポーツナビより)あえなくはずれました★私の本命はカレイジャスミン。「馬場が悪いし先行馬有利でしょう!」と予想。実際のレースでも直線を向いて先頭に躍り出て「おっ!」と思ったんですけどね。そこからまあすごい失速ぶり(苦笑)。勝ったトールポピーと2着のエフティマイア、3着のレジネッタというのは、桜花...
  • バイキング~!
    ひさびさに会う友人とごはん。せっかくだから、ふだん一人では入らない、はじめてのお店に行こうということで、グランブッフェというバイキング店に行きました。ディナータイムは2時間で1,680円でした。「バイキングってついテンション上がってしまいがちだから、落ち着いてゆっくりいこう」といってたのですが‥‥‥。あっというまに二皿完食(笑)。食べ放題で、目の前に美味しそうなものが並んでいると貧乏性でダメですね(...
  • 警察庁から来た男 (佐々木譲)/ハルキ文庫
    北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた。被害者は薄野のぼったくりバーで死んだ男の父親で、事件の再捜査を依頼するためにそのホテルに泊まっていたのだという。佐伯は部下の新宮と事故現場に向...
  • サウスバウンド
    浅草に住む小学6年生の上原二郎(田辺修斗)は、疑問に思ったことには猛然と楯突く父・一郎(豊川悦司)をはずかしく思っていた。そんなある日、二郎が起こした事件によって一家は一郎の故郷・西表島に引っ越すことになる。島民にあたたかく迎えられる上原家だったが、そこでも一郎はまた観光開発業者を相手に闘うことになる。(画像はgoo映画、あらすじはYAHOO!映画より)劇場公開時に見るかどうするか迷って、けっきょ...
  • この声は‥‥!
    よくいくうどんバー「SUN WEST」のマスターがラジオ出演するとのこと。マスターのブログにそのことが書いてあって、放送日を楽しみにしてました。しかし当日(4月30日)、仕事の関係でどうしてもラジオを聴くことができず(><)。「ああ、聞き逃してしまったなぁ~」と残念に思っていたいました。ところが今日(5月21日)、運転しながらラジオを聴いていたら、ステレオから聴きなじみのある声!!マスターじゃん!...
  • RANDOM 写真館
    「今度こそシンデレラ!?」階段に脱ぎ捨てられた片足だけの女性の靴。これはあのお姫さまの忘れ物ですか?‥‥‥問題は靴のサイズがえらく小さいことだな(笑)。この橋、渡るべからず!!いじわるな将軍様のせいで橋を渡ることができません。「だいじょうぶ、正しい渡り方は橋の名前に隠されています!」‥‥‥できねーよ(笑)。「今年も咲きました♪」去年ruruさんに名前を教えてもらったイモカタバミ。雑草として母にすべて処分...
  • ヴィクトリアマイル
                                                  (画像はスポーツナビより)このメンバーならウォッカが圧勝すると思っていたのですけどね(^^;最後、ブルーメンブラッドを交わし2着に上がったのはさすがでしたが、今日はエイジアンウインズの完勝でした。結局この世代はダイワスカーレットが抜きんでて強く、他のお馬さんたちはレベルの高い混戦なんでしょうね。1、2着馬と...
  • クワイエットルームにようこそ (松尾スズキ)/文春文庫
    恋人との大喧嘩の果て、薬の過剰摂取で精神病院の閉鎖病棟に担ぎ込まれた明日香。そこで拒食・過食・虚言・自傷など、事情を抱えた患者やナースと出会う。普通と特別、正常と異常‥‥境界線をさ迷う明日香がたどり着いた場所はどこか?(あらすじより)映画があまりにおもしろくて、いつか読もうと思っていた原作をやっと入手。読んでみて驚いたのは、原作が完璧に映画化されていること。映画と小説ですから、どうしてもイメージやテ...
  • 喜怒哀楽とオダマキとタイヤキ
    <喜>ここ2回、検査ではねられてできなかった献血が、数値が回復してできたこと♪<怒>同僚が自動車の追突事故に遭ったのですが、加害者はヘラヘラしてメールをうちながら降りてきたとのこと。あきらかにそれが原因なのに、こういう人間もいるんですね‥‥‥。<哀>母と妹が、同じような時期に別々の占い師に見てもらい、それぞれ「お兄さんは晩婚ですね」とか「婚期は42歳ごろです」といわれたとか(苦笑)。<楽>カエラさんの...
  • 木村カエラ LIVE TOUR 2008 「+1」
    木村カエラ LIVE TOUR 2008 「+1」に行ってきました。当地は全国ツアーの2日目(5月14日)。前日まで前売りしていたり、当日券もけっこうあったみたいなので「お客さん少ないのかしらん?」と身内のように心配しましたが(笑)、ふたを開けてみればほぼ満席でした♪売店の前にはこんな顔ぬきも。こんなの似合うのカエラさんだけですってば(笑)。ライヴは19:07に開演。オープニングは「jasper」、...
  • 最高の人生の見つけ方
    自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)は、実業家で大金持ちのエドワード(ジャック・ニコルソン)と入院先で相部屋になる。方や見舞に訪れる家族にかこまれ、方ややってくるのは秘書だけというふたりにはなんの共通点もなかった。ところが共に余命半年の末期ガンであることが判明し、カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした“棺おけリスト”を見つけたエドワードはリストの実行を持ちかける。周囲の反対を押し切...
  • 愛玉子
    映画「転々」の中で印象的だった愛玉子(オーギョーチィ)。一度食べてみたいと思っていましたが、先日入ったお店のメニューに「愛玉子のフルーツポンチ」を発見!もちろん注文しました♪おいしそうでしょ?(^^)でも食べてみたらキウィがすっぱいのなんの(笑)。愛玉子やイチゴのほのかな甘さもふっとびました(^^;。甘ったるい味にあきあき、さっぱりしたスイーツをお求めのあなたにはぜひ試していただきたいお味です★...
  • サーキットのなんとか。
    知人がレースに参加するとのこと。見にきてもかまわない、というので見学してきました。写真はぜんぜんうまく撮れませんでしたが(苦笑)、なかなかの迫力でしたよ!GYUIIIIN!‥‥‥ラジコンにしては、ね(笑)。もっとも、開始時間を把握してなかったため、行ったときにはレースはもう終わっていました。だめじゃん(笑)。ちなみに知人は1部リーグから先日降格したばかりでしたが、2部では堂々優勝したそうです(笑)。...
  • 恋するマドリ
    姉とのケンガが原因で一人暮らしをすることになった美大生のユイ(新垣結衣)。忘れ物をとりに元の部屋に戻り、新しい住人のアツコ(菊池凛子)と親しくなる。彼女は、引っ越し先で出会った物静かで風変りな青年、大野(松田龍平)の元彼女だった。大野に惹かれるユイだったが、ふたりがまだ想い合っていることに気づいてしまい‥‥‥。はじまってすぐ「ああ、この映画は好きになってしまうな」とわかりました。だってプロレスラーの...
  • 母の日
    妹と相談し、今年は無難にブーケとケーキにしました。なぜかカーネーションが1本もありませんが(笑)。こちらはまっ黒(笑)。濃厚なショコラの味に母も満足のようでした♪  ...
  • NHKマイルカップ
                                                   (画像はスポーツナビより)去年の973万馬券の記憶がなまなましかったのですが、終わってみれば1番人気と3番人気のフィニッシュ。「今年も雨だし、荒れるかな」と高配当な馬券ばかり買ってましたよ、当然ハズレました★ディープスカイは雨の降った馬場も克服して完勝!もしこのあとダービーに出走してきたらかなり有力な1頭...
  • 古道具 中野商店 (川上弘美)/新潮文庫
    東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこか怪しい常連たち‥‥‥。不器用でスケールが小さく、けれど懐の深い人々。なつかしくもチープな品々との日々。(あらすじより)川上さんの本を読むのははじめて。恋愛をしているとき、ささいなことで感情が乱される自分を持て余したり。身近...
  • オダマキ( 別ver)
    某リクエストにお応えして(笑)、ピンクのオダマキでした。...
  • 菜の花、藤の花
    王国視察(笑)のあとは、福島潟へ菜の花の花見。黄色い花ってやっぱり好きですね~(^^)駐車場のタンポポはもう真っ白でしたが(笑)。でもこれはこれでOKです♪翌々日の5月6日(火)。 晴れ。この日は北方博物館というところで、見ごろになった藤の花を花見。たくさんの藤の花、たくさんの花見客、そしてたくさんの蜂がいてちょっと怖かった(^^;もっとも蜂の方は蜜集めに必死で、人間なんかには興味がないようでした(...
  • 王様さがし
    GWの5月4日(日)。晴れ。この日は競馬の天皇賞。せっかく地元競馬場が開催しているので、ひさしぶりに生のお馬さんを見ようと思っていました。ところがまあすごい混雑でぜんぜん入れず(><)。やむをえずUターンをし、さてどこかにおもしろいところはないかと探してみたら‥‥‥ありました、せんべい王国!(笑)米どころは米菓どころというわけですね。さてさて、王国というぐらいですから、きっと立派な王様がいらっしゃる...
  • オダマキ
    去年も書きましたが、今年も庭にオダマキが咲きました。ところで気になって「織田真希」で検索してみたら‥‥‥ああ、やっぱり「人名みたい」って感じる人、世の中にいっぱいいるものですねえ(笑)。...
  • ノーカントリー
    メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたモス(ジョシュ・ブローリン)。現場にあった200万ドルを奪ったモスに、麻薬組織から追手がかかる。酸素ボンベを抱えた殺し屋・シガー(ハビエル・バルデム)がモスを確実に追い詰めていく一方、保安官のエド(トミー・リー・ジョーンズ)はモスを救おうと追跡を始めるのだが‥‥‥(画像・あらすじはgoo映画より)この映画はハビエル・バルデムに尽きま...
  • 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている (神永学)/角川文庫
    学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。そこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝ぐせと眠そうな目をした青年、八雲。八雲の態度に怒った晴香だったが、彼の力を目の当たりにし、思い切って相談を持ちかける――(あらすじより)「シックスセンス」タイプのミステリーなんですね、これは。事件を引き起こすのはあくまで人間。幽霊が見える主人公(ただし...
  • 天皇賞(春)
                                                  (画像はスポーツナビより)「きっとアドマイヤモナークだな」というのが直感。昨日も赤い帽子(3枠)のアドマイヤの馬が勝っていたし、今日も続くんじゃないか。馬は長距離戦で堅実だし、騎手のアンカツさんもそろそろ勝ちごろな感じ。そんな印象で馬券を買っていたのですが、直前に、アドマイヤジュピタの前走(阪神大賞典)優勝...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ