• ゴールデンスランバー
    「おまえ、オズワルドにされるぞ」仙台で凱旋パレードの最中に首相が暗殺される。久々に再会した友人の森田(吉岡秀隆)は青柳(堺雅人)に謎のことばを残し、青柳の目の前で亡くなる。わけがわからないまま警察の追求から逃れる青柳だが、次々と身に覚えのない首相暗殺の証拠がテレビで流されていく。一方、青柳の元恋人の樋口(竹内結子)は、その報道に違和感を感じていたのだが‥‥‥(画像はYAHOO!映画より)伊坂幸太郎さ...
  • 雪のある風景
    ウルトラマン、かな?ご近所さん作成。節分の鬼、かな?ご近所のコンビニさん作成(笑)。なかなか力作。スキーの帰り、サービスエリアからの夕景。この日は本当にいいお天気でした^^...
  • これをなんという
    まあ、普通「定規」ですよね。しかし茨城出身の後輩曰く、「これは“せんひき”でしょう。」新潟「せんひき? そんな呼び名あるの?」茨城「え、だって線を引くものじゃないですか?」すると神奈川出身の後輩も「定規なんていいかたは、よそよそしいというか、あらたまってるというか、そういう感じがします」と。ちなみに隣県の山形出身は「定規ですよ。せんひきなんて今日はじめて聞きました。」これは、関東地方と東北地方で呼び...
  • フロスト×ニクソン
    1974年、ウォーターゲート事件の汚名にまみれ、アメリカ歴史上はじめて自ら辞任する大統領となったリチャード・ニクソン(フランク・アンジェラ)。しかし謝罪することも訴追されることもなく表舞台を去ったニクソンを追う人間たちがいた。アメリカでの成功を狙う野心家のテレビ司会者、デビット・フロスト(マイケル・シーン)はニクソンに単独インタビューを申し込むみ、ニクソンもまた政界への復帰を狙ってそれを受け入れる...
  • そこでコーヒーです。
    妹に紹介してもらったお店です。「自家焙煎珈琲の店 シャモニー」(シャモニーっていうのは、モンブランのふもとのリゾート地のことなんだそうです。)私が行くのは新潟駅の中にあるお店。そんなに本格的な店構えではないのですが、店内には適度に落ち着いた雰囲気があります。ブレンドコーヒーの適度な苦みは私好みの味です(^^)。レアチーズとセットで650円。けっこうリーズナブルですよね♪味も2,3切れは食べられそう...
  • オーシャンズ
    北極海から南極海、海上から大気圧1,100倍の深海へと、世界50か所で4年以上の月日をかけて撮影されたネイチャー・ドキュメンタリー。猛スピードで泳ぐイルカや、ゆっくりと海の底へ沈んでいくマンタなど、100種類以上の海洋生物が登場する。(画像・あらすじはYAHOO!映画より)この手のネイチャー・ドキュメンタリーではずれはないだろうと思って観賞。いやぁ、見事にはずれでした★こうして見ると「アース」がい...
  • これより宴入り。
    京極堂シリーズで唯一未読だった「塗仏の宴」。ただでさえシリーズの1冊1冊がブ厚いのに、これにいたっては上下巻構成。正直なところ、あまりのブ厚さに怯み気味で、「これは図書館で予約もせず、行ったときたまたま全巻そろってたら、そのときは借りて読むことにしよう」――と心に決めてました。先日行った図書館で、とうとう全巻揃っているのを見つけてしまいましたよ(^^;というわけで、これより宴入りになります。しばらく...
  • 無事下山。
    予告どおり、ボード初体験してきました。行ったのは六日町八海山スキー場。今回はバスツアーを利用しての参加でした。ところがさっそくトラブル。6:50分集合、7:00出発‥‥だったのですが、10分前になっても同僚1名と連絡つかず。5分前にやっと電話がつながって「あ‥‥いま起きました」。あーあ(><)。他のバスツアーのお客様もいるのでやむをえず置いていくことにしました。しかし、よりによって寝坊マンが今日の初心...
  • カッコウの卵は誰のもの (東野圭吾)/光文社
    緋田家の父と娘は、二代続けてのトップスキーヤーになろうとしていた。娘・風美の所属チームの研究者・柚木は、二人の遺伝子パターンの調査を希望するが、父・宏昌は頑なにそれを拒否する。宏昌にはどうして了承できない理由があった。娘が生まれた19年年前からの忌まわしい秘密が――(帯より抜粋)東野圭吾さんの新刊。オリンピック間近の発売といういいタイミング(笑)。個人的には、舞台の4分の1が新潟という点が嬉しかった...
  • どこに行くかというと、
    上の一言メッセージに思わせぶりなことを書いてますが、日曜日にスキー場に行くことになりました。スキー場に行くのは実に約3年ぶり。しかも今回はじめてボードに挑戦する予定です。スキーでさえほぼ素人だというのになんて無謀な(^^;「度胸があればなんとかなる」とまわりはいっているのですが、持ち合わせあるかなぁ(^^;ちなみに今回行くメンバーは会社の同僚たち。会社の同僚たちとスキー場に行くのはこれが3回目にな...
  • パイレーツ・ロック
    1966年、英国。BBCラジオはロックの放送を1日45分に制限していた。ロックを愛するDJたちは法律の及ばない北海へ船を出し、そこから1日中ロックを放送しつづけた。リスナーは国民の半数にあたる2500万人。そんな放送局の一つ「ラジオ・ロック」に、高校を退学させられたカール(トム・スターリッジ)がやってくる――一方その頃、業を煮やした政府は、あらゆる手段を使って彼らの活動を阻止しようとしていたのだが‥‥...
  • もらいもの。
    妹からもらったノエル画像。なんだかしらないが、アイドルかと(笑)。あ、写真のサイズがバラバラなのはご容赦ください★かっぱえびせんを前に「待て!」の訓練中。このあとえびせんを無事もらえたのでしょうか?(笑)最後のみ私の撮影。うーん、やっぱり飼い主の方が撮影うまいわ(^^;...
  • 赤朽葉家の伝説 (桜庭一樹)/東京創元社
    “辺境の人”に置き去られた幼子・万葉。村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家・赤朽葉家に望まれ輿入れし、“千里眼奥様”と呼ばれることとなる――これが、わたしの祖母である。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち。(あらすじは本書より抜粋)べるさんに勧められて読んだ1冊。直木賞を受賞した「私...
  • マカダミアナッツ ~小ネタシリーズ⑥
    職場の国際色豊かなお土産。ひとりは先の連休に韓国へ。エステをやって焼肉食べて(相殺)きたそうです。おみやげは韓国海苔でした(未食)。ひとりはハネムーンでハワイへ。「こちらは暴風雪でめっちゃ寒いというのに、やつはいまごろハワイか‥‥」とさんざん妬まれた(?)同僚。帰国して最初の朝礼での第一声が、「アロ~ハー!」全員膝から崩れましたね(^^;お土産は“ザ・ハワイのお土産”マカダミアン・ナッツとローストナッ...
  • アバター
    22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで<アバター・プロジェクト>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を作ることで、人類に有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)は車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族...
  • ロールちゃん 生キャラメル ~小ネタシリーズ⑤
    小ネタシリーズといえばロールちゃん。ロールちゃんといえば小ネタシリーズなわけで。満を持して1月に新登場したのが‥‥ロールちゃん 生キャラメル!‥‥って、強調するまでもなくタイトルになってるわけですが(^^;味はしっかり生キャラメルの風味が感じられておいしかったですよ☆パッケージは干支の寅のコスプレをしたロールちゃん。これは毎年していくのかな?すると来年は‥‥あ、うさぎ(爆)。...
  • クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ (梶尾真治)/ソノラマノベルズ
    愛する人を事故から守るために、かけがえのない人の病を治すために、人は過去に跳ぶ――制約のあるタイムマシン<クロノス・ジョウンター>に乗って。たとえ命を救えたとしても、過去にとどまったり、再び現代に戻れる保証は何もない。それでも時空を跳ぶ者に、時の神の許しはあるのか?(背表紙より抜粋)香津葉さんのキャラメルボックスの記事を読んでいるうちに、原作に触れてみたくなって購入した1冊。時間旅行を扱った6つの短...
  • 療養中
    ひさびさに病気で会社を休みました。一昨日の夜、腹痛で目が覚め、昨日一日食欲がなく、様子を見てたら、今朝になって発熱(37・3度)。会社の目の前の席のふたりが風邪気味だったので、うつされたかなぁと思ったり。一昨日食べたパック寿司にノロ・ウイルスでもあったのかなぁと思ったり。いやいや、実は新型インフルエンザ? (季節性のものより消化器症状が出るというし。)インフルだったらしばらく休まなあかんなぁと、い...
  • カールじいさんの空飛ぶ家
    冒険家に憧れる少年だったカールは、同じ夢を持つ少女・エリーと出会い、いつの日か彼女を飛行船で伝説の滝に連れていくことを誓う。ふたりは結婚し、はじめて出会った廃屋で生活をはじめ、幸せな日々を過ごす。だがカールは、エリーとの誓いを果たせていないことをいつも気にかけていた。やがて年をとり、病気になったエリーは、カールに見守られて静かに息を引き取る。残されたカールは、ある事件がきっかけで家を失うことになり...
  • 抜き初め
    成人の日を前に、今年の初献血に行ってきました。連休の中日ということもあってか、献血ルームは盛況。それはもう、休憩室で休憩ができないぐらいの盛況でした(^^;最近の寝不足で、血液の比重がどうかな~と心配だったのですが、検査の結果、問題なし。無事に41回目の献血を終えることができました。今日の記念品は入浴剤とステッカー。去年の「はたちの献血」のイメージキャラクターは楽天の田中選手でしたが、今年はゴルフ...
  • おきあがりこぼし ~小ネタシリーズ④
    まだ続いてたんだ、と思われた方もいらっしゃいましょうが(^^;だるまのお菓子なんて、高崎名物?と思ったら、京都の焼き菓子でした。中はこんな感じ。豆みたいでかわいいです(笑)。...
  • わたしの旅に何をする。 (宮田珠己)/幻冬舎文庫
    「とりあえず旅行しまくりたい」ついこの間までサラリーマンであった著者が、将来の見通しもないまま会社を辞め、アジア各国を飛び回る。しかし旅には妨害がつきもの。立ちふさがるのはウニ、高山病、怪しいタクシー運転手、おちょくる子ども、核実験!?Amazonとtomoさんにすすめられて購入。この人の我田引水的なところと自分のことは棚に上げ、という話法は芸ですね。あんまりボケ方がうまいので、ときどき「本当に天...
  • カニ ~小ネタシリーズ③
    亡くなった祖母が好きだったせいか、わが家は年末によくカニを食べます。ノエルの熱い眼差しにもお構いなしにどんどん食べます(笑)。せめてものおすそわけと、カニを剥いた指をノエルにさんざんなめられました(^□^;...
  • 烏骨鶏カステラ ~小ネタシリーズ②
    母が買ってきた烏骨鶏のカステラ。なにがすごいって値段がすごい(^^;このひときれで500円ぐらいのお値段になります。さすがに味はまろやかでおいしかったです☆...
  • たこせん ~小ネタシリーズ①
    これが1500本目の記事になりました。‥‥‥と、書いてみましたが、われながら「ふーん」という感じですな(笑)。どれぐらいの文章量なのか、いまいちピンとこないし(^^;とはいえ、ここまで続けられているのはみなさんの温かいリアクションのおかげです。感謝。これからもよろしくお願いします。で、これがタイトルの「たこせん」☆2枚のえびせんの中に2個のたこやきが入っていて、それをぎゅうっとつぶして食べます。はじめ...
  • 新春ランダム写真館
    お正月休みに行った八木ヶ鼻。下に見える建物は入浴施設「いい湯らてぃ」。もちろん入ってきました。露天風呂から見える雪の断崖、なかなかいいものでしたV(^-^)。今日の海の風景その1。「THE・冬の日本海」という感じですね。今日の海の風景その2。カモメは元気に飛び回っておりました。‥‥‥あ、特にオチとかないですから(^^;...
  • 扉をたたく人
    妻に先立たれ、無気力な毎日を送っている大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)。ニューヨークの別宅を訪れた彼は、見知らぬ若いカップルと思わぬ遭遇をする。それがシリアからの移民青年・タレク(ハーズ・スレイマン)と、彼の演奏する楽器・ジャンべとの出会いだった。タレクの手ほどきによって、ウォルターはジャンベの演奏にのめりこみ、生きる喜びを見出していくのだが‥‥‥新年1本目の映画はDVDで観賞。私に...
  • ジンジャーエール事件
    新年会での出来事。「新年会」とはいっても、参加者は帰省した友人と私のふたりだけ。和食が食べたいという友人とチェーン店の居酒屋に入りました。私は車に乗ってきたのでアルコールはなし。友人にだけ遠慮なく飲んでもらいました。カウンターの角の席に座った私たちの視線の先には、私たちと同年輩と思われる男女ふたりづれのお客さん。そのうちの男性の方の横顔が、もうびっくりするぐらい共通の友人とそっくり。正面から見ると...
  • チョコラボ
    去年の年賀状は、自身の手ごたえのわりにはあまりにもノーリアクションで、悔しい思いをしました(><)そのリベンジを果たすべく、今年はひとつ目先を変えて、企業の力を借りてみることにしようと、チョコラボキットカットのサービスをはじめて利用しました。これは簡単にいうと、キットカットのパッケージのデザインを自分で自由に作れるサービスですね。注文単位は1セット10個入り2,100円(最大3セットまで)。作れる...
  • フジロック ’10 開催決定
    今年も夏の苗場でフジロックフェスティバルの開催が決定しました。今年は3つの音楽フェスが同日程になってしまったのですね。アーティストのとりあいがすごいことになりそうだなぁ(^^;チケット売るのも、取材するメディアもたいへんそう。ファンはどれかひとつしか行けなくなったから、残念といえば残念、楽といえば楽です(笑)。今年は日本のフェス史のターニングポイントとなる年になるかもしれませんね。いまのところ、(...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ