• ランダム(ケータイで撮ったフード)写真館
     同僚の仕事を手伝ったお礼にもらったハッピーターン。 パウダー250%増量は、ハッピーターン好きにはたまらないでしょう。 マークのハッピーターンは残念ながら入ってませんでした(^^;   仮面サイダー、3缶目にしてやっとライダーの缶をゲット! ‥‥‥しかし、これはラインナップ中、唯一の悪役ライダー、シャドームーンでは(^^; うーん、やはり会社のは悪の組織の自販機らし...
  • 美女と竹林 (森見登美彦)/光文社
     美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事にする男だと。妄想と執筆に明け暮れた多忙にして過酷な日々。森見登美彦氏を支えてくれたのは竹林であった。美女ではないのが、どうにも遺憾である。虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ随筆集。 (あらすじはAmazonより) 読んでみて思うのは、「竹刈りてー」「タケノコ食いてー」の2点(笑)。刈ったことないですけど、竹を切断するのは適度な肉体労働を伴う単...
  • ランダム(ケータイで撮った春の花々)写真館
      数日前に撮影した桜。 今日の風雨で、花はだいたい落ちたみたいです。 今シーズンも楽しませてもらいました。   家で咲いたハナニラ。   うなだれたチューリップ。 夕日に照らされて、また物悲しい(^^;   ご近所さんのレンギョウ。 やっぱりこういう黄色い花の方が好きですね(^□^)。...
  • ロールちゃん、というより
    ラムちゃん、と呼ぶべきでしょうか(^^;)そして、なぜに関西弁?(笑)中身はラムレーズンフレーバーの、大人っぽい?味でした。次はどんなキャラで来るのかなぁ★...
  • 第9地区
     南アフリカ、ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大宇宙船。そこに乗っていた宇宙人たちは、帰る手段を持っていなかった。難民化した彼らは第9地区と呼ばれる地域に隔離されるが、市民との摩擦は避けられない。ついに政府は多国籍企業のMNUに依頼し、彼らを強制移住させる計画を実行するのだが、責任者であるヴィカス(シャールト・コプリー)の身に思わぬアクシデントが発生し―― (画像はYAHOO!映画より) リ...
  • 1Q84 BOOK3<10月―12月> (村上春樹)/新潮社
     青豆の身辺調査に失敗した牛河は、教団組織の命令を受け、姿を消した青豆を追う。再び青豆の調査を開始した牛河は、しだいに青豆と天吾の関係性に気づいていく。そのころ天吾は、療養所で死にゆく父と向き合っていた。そして青豆の身には、ある重要な変化が訪れていた―― 「1Q84」の最終巻。BOOK1、2を読んだのがけっこう前なので、「はて、この人物は誰だっけ?」という状態で読み始めました(^^;まず目に...
  • アリス・イン・ワンダーランド
     19歳になったアリス(ミア・ワシコウスカ)は、自らの婚約パーティーを抜けだし、彼女にしか見えない白ウサギを追いかけて不思議な穴に落ちる。アリスがたどりついたその世界は、奇妙な住人たちが住む不思議の国――ワンダーランドだった。ワンダーランドでアリスの帰還を何年も待っていたマッドハッター(ジョニー・デップ)は、この世界を治める無慈悲な赤の女王・イラスベス(ヘレナ・ボトム=カーター)を倒す救世主こそ...
  • 桜さんぽ(後編)
    公園をひととおりまわったあとは、白山神社へ。  たくさん出ているお店から昼ごはんを調達☆  一度食べてみたかった肉巻きをゲット♪ ‥‥‥(咀嚼中)。 うん、おいしい。 おいしんだけど、なんだろう、この未完成感(笑)。 個人的には、なにかもう一工夫あると、全国どこのご家庭でも作ってもらえる料理になると思うんですが★   さて、お参りと昼食を終えたあとは再び白山公...
  • 桜さんぽ(前編)
    18日(日)、お花見をしてきました。  場所は今年も白山公園。 まずはとなりの芸術文化会館の空中庭園から一望しました。 風はまだ寒いですが、日差しは温かい日でした。 つづいて下へ。   ちょうど満開になったところで見ごろでした☆    桜と水のある風景っていいですね、なごみます(^□^)。  後編につづく☆...
  • 皐月賞
                                                  (画像はサンケイ・スポーツより) 1番人気のヴィクトワールピサ、完勝でした。 武騎手の代打騎乗するのが岩田騎手と聞いたとき、すごくいいイメージがあったので、この勝利は納得。 しかし馬券は、先週の桜花賞馬と同じ父(キングカメハメハ)を持つローズキングダムから狙ったのではずれ。 私の連勝は3...
  • いまはこんな感じ
    地元の開花情報でした☆...
  • いただきました☆
       母からのいただきもの(1) ケーニヒスクローネのアルテナ。 栗がどーんと入ってました(^^)                                母からのいただきもの(2) レダラッハのチョコレート。 こんなにかわいい詰め合わせ...
  • 忘れたころの、
    「最近のノエルの写真はない?」と妹に聞いたのですが、「うーん、かわいいのはないなぁ」とのこと。 では在庫一掃、蔵出しノエル写真館ということで、ひさびさに登場してもらいましょう☆ (撮影は全て妹です。)  春眠、暁を覚えず‥‥‥    何を持っているのかな?    最近はこんなふうに仰向けで寝ているそうです(涼しいらしい)。 あ、もうおわかりのことと思...
  • 裁判長! ここは懲役4年でどうすか (北尾トロ)/文春文庫
    ワイドショーも小説もぶっとぶほどリアルで面白いのがナマの裁判。しかも、だれでもタダで傍聴できる!殺人、DV、詐欺、強姦‥‥‥。つっこみどころ満載の弁明や、外見からは想像できない性癖、傍聴席の女子高生にハッスルする裁判官。「こいつ、絶対やってるよ!」と心の中で叫びつつ足繁く通った裁判傍聴記。 (背表紙より抜粋)香津葉さんのエキストラ体験を聞いているうちに興味を持ってAmazonで購入。はじめて裁判を傍聴...
  • シャッターアイランド
     精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッターアイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始めるのだが‥‥‥(画像・あらすじはYAHOO!映画より) 映画の冒頭で、「この映画の謎は、まだ見てない人にはけしてしゃべっては...
  • 桜花賞
                                                    (写真はサンケイ・スポーツより) ★桜花賞ゲット!★ 優勝のアパパネ、前哨戦は負けてしまいましたが、やはり2歳女王の看板は伊達ではありませんでした。 2着にオウケンサクラなんていう、レース名にふさわしい馬が入り、3着に「こういうタイプがあやしいんだよな」と いうエーシンリターンズが来て...
  • 春だ!
     ‥‥‥というには、桜は蕾だし、山は雪積もってるし、そもそもピントが塀の方に合っちゃってるんですけど(^^; ところで(と、強引に話題を変える)。 通勤時間に必ず見る人っていますよね。 学生服姿の男女(中学生かな?)と、会社の前の道路でよくすれちがうのですが、そのふたりのことは職場の みんなも気にかけていて。 「なかなか距離が縮まらないよね」 「もう手つないじゃったらいいのにね...
  • ルピナス探偵団の憂愁 (津原泰水)/東京創元社
     高校時代から「ルピナス探偵団」として様々な事件に遭遇してきた3人の少女と少年1人。うち1人が、25歳の若さで世を去った。そして死を前に造らせた、奇妙な小路の謎が残された‥‥‥。 第1話「百合の木陰」から時を遡り、卒業式を目前にして殺人事件が起きたルピナス学園で彼らが受けた“祝福”を 描く第4話「慈悲の花園」までを辿る。逆回しの時間が紡ぐ、少年と少女たちの「探偵」物語。 (あらすじより) べるさん...
  • 悪の組織の自販機
    そりゃ、連続で出たらおもしろいなと思いまいたよ。   でも、まさかそうなるとは思ってもみませんでしたよ。    ‥‥‥なにがって?                   仮面サイダー、まさかの2回連続ショッカー!!(笑)。 うちの会社の自販機、もしかしてこれしか入ってないのか?(^^; 思わ...
  • レスラー
     栄華を極めた全盛期を過ぎ去り、家族も、金も、名声をも失った元人気プロレスラー“ザ・ラム”ことランディ(ミッキー・ローク)。今はどさ回りの興行とスーパーのアルバイトでしのぐ生活だ。ある日心臓発作を起こして医師から引退を勧告された彼は、今の自分には行く場所もなければ頼る人もいないことに気付く。新しい仕事に就き、疎遠だった娘・ステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)との関係を修復し、なじみのスト...
  • 梅まつり
    ようやく自家用車のタイヤ交換をすませました。 いい天気でもありましたし、さっそくちょっとお出かけ。  まずはお昼。 とんかつ屋さんで梅おろしの入ったメニューを注文しました。 オールシーズン梅料理好きの私ですが、この時期はやはり特別おいしく感じます(笑)。   腹ごしらえもすんだところで、今度は見る方の梅。  田上の梅林公園へ行きました。 はじめて行くとこ...
  • オー!ファーザー (伊坂幸太郎)/新潮社
     高校生の由紀夫には、母の知代と、4人の父親がいた。ギャンブル好きの鷹、クイズが得意な悟、「暴力教師」の勲、女好きの葵。知代に四股をかけられていた父親たちだったが、不思議といがみあうこともなく、家族6人の奇妙な共同生活を送っていた。だが、由紀夫の同級生・多恵子の好奇心と、中学時代の同級生・鱒二の正義感のせいで、思わぬトラブルに巻き込まれることになる――伊坂さんの最新作。新刊なのに「なつかしい」と...
  • 昨日は。
     会社の机から小判発見!みたいなUSO記事でも書こうかと思いましたが、眠気に負けました(^^; こちらはエイプリルフールにして新年度初日でしたが、特に変わりのない1日。 みなさんはだましたりだまされたりしましたか?(笑)...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ