• フジロック・ライブレポート19
    「最後まで雨が降らないで良かったなぁ」と思ったら、駅までのシャトルバスを待つ間に降り出して、きっちりびしょ濡れになりました。熱中症どころか風邪の心配をしないと(>_<)。帰ったら温かい風呂に入ってしっかり休みます。というわけで、今年のフジロック・ライブレポートはこれまで。お付き合いいただき、ありがとうございました。...
  • フジロック・ライブレポート18
    この“森の精”を見るのもたしか3年目だけど、目玉がライトアップされるのは知らなかったなぁ(笑)。10年来てもまだ発見が新しい経験ができるから、また来年も来てしまうんでしょうな、きっと。...
  • フジロック・ライブレポート17
    「今日のメインだっけ?」と思ってしまうぐらい激混みの「ザ・クロマニヨンズ」。ヒロトさんのとぼけたMCがいい味わいです(笑)。ペプシのCM曲やらないかなと思ったんですが、もともと「電撃バップ」をモチーフにした「弾丸ロック」という曲があって、そちらのプレイでした、惜しい!(^^;)。...
  • フジロック・ライブレポート16
    本日の夕飯、豚串焼き。これがまたしょっぱくてうまいんだ(^-^)v苗場の滞在時間もあとわずかになってきました。天気はどうにか本降りにはならずに終われそうです。...
  • フジロック・ライブレポート15
    なんだかんだいって毎年見てる大道芸ですが。この写真の迫力はちょっとすごいですね(゜Д゜)。奇跡の一枚だ(笑)。...
  • フジロック・ライブレポート14
    楽しくもたいへんなのがおみやげTシャツ選び。いいデザインのものからどんどん売り切れる中、希望のサイズ最後の一枚をゲット気に入ってもらえるといいんですがのう(^^;)...
  • フジロック・ライブレポート13
    会場を歩いていたら、巨大な花が咲いてました。なんだかこっちが食べられそう(^^;)...
  • フジロック・ライブレポート12
    人間はどんな轟音の中でも眠ることができます(-_-)zzz。...
  • フジロック・ライブレポート11
    本日のランチはキーマカレーうどんですが。外で食べるカレーはおいしいのが道理ですが。なんなんでしょう、この旨さは。これだからフェスで食べるカレーはやめられません(笑)。...
  • フジロック・ライブレポート10
    おいしそうな匂いならぬ、おいしそうな音に誘われて「オーバーグラウンド・アコースティック・アンダーグラウンド」に参戦。バイオリンとギターとドラムのリズムがまさに“祝祭”。通りがかって良かったー!と思える音楽でした。ところでバイオリン兼ボーカルの外国人が「AKB48でーす」と自己紹介してましたが、新ユニットでしょうか?(笑)...
  • フジロック・ライブレポート9
    失礼、いつのまにかタイトルが短くなってました。罰杯として発泡清酒「すずらん」入ります!(笑)‥‥‥このネタは去年もやったな(^^;)あーうまい(笑)。...
  • フジロック・ライブレポート8
    つづいて「トライセラートップス」に参戦。別にファンじゃないのに、知ってる曲もほとんどないのに、まさかここまで盛り上がるとは(笑)。「そうそう、ライブってこういうのが楽しかったんだよな」とひさびさに実感してます♪...
  • フジロック・ライブレポート7
     今年一発目のアーティストはインストゥルメンタルバンドの「LITE」。てっきり打ち込み系の美メロかと思いきや、ばりばりのロックサウンド。演奏レベルも高いし、かっこよかった!途中まで演奏ばかりで、もしやインストゥルメンタルだけにMCはなしか?と思ったら「めっちゃ楽しいです!」と語ってくれて安心しました(笑)。...
  • フジロック・ライブレポート6
     入場!ところで友人より「体調不良のため、今年のフジは欠席させていただきます」とのメールが(>_<)。まかせろ、あんたの分まで楽しんでやるぜ!(ロック調)...
  • フジロック・ライブレポート5
    入場ゲート前。まもなく開場です。どんどん暑くなってきました...
  • フジロック・ライブレポート4
    朝ごはん。冷やしキュウリと人生初マッコリ(笑)。「朝からアルコールかよ、このダメ人間!」と罵っていただくも可です。あ、早くも酔いが。...
  • フジロック・ライブレポート3
    到着。苗場はさわやかな朝を迎えています。地面はぬかるんでますが(笑)。...
  • フジロック・ライブレポート2
    駅売店にてパンフレットとおみやげ購入。フジロッククッキーとフジロックせんべいです。会場行きのシャトルバスの乗り場の行列はまだ少なく、1本目に乗ることができました。到着まであと20分。...
  • フジロック・ライブレポート1
    越後湯沢駅到着。天候は一応晴れ。会場から帰ってくる人たちを見るに、足下が汚れてはいるものの、そうひどい状況ではなさそうです。これからはわかりませんけど(汗)。...
  • それじゃあ。
      明日はフジロックにいってきます☆ どうも、今年は天気には恵まれなさそうです(^^; また今年も随時現地レポートをアップする予定ですので、よろしければご笑覧ください☆ では♪...
  • 蝦蟇倉市事件1 (伊坂幸太郎・大山誠一郎・伯方雪日・福田栄一・道尾秀介)/東京創元社
      海と山に囲まれた風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均15件もの不可能犯罪が起こるという。自殺の名所に、怪しげな新興宗教や謎の相談屋。不可能犯罪専門の刑事や、とんでもない市長、そして無価値な置物を要求する脅迫者――。様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!今注目の作家たちが、全員で作り上げた架空の街を舞台に描く、超豪華競作アンソロジー第1弾。(背表紙より抜粋) いきなり...
  • 今月ののえる
     ややおひさしぶりのノエル。  飼い犬に手をかまれる的な風景★  反撃される飼い犬的な光景(笑)。  そういえばもう2歳になってたのでした。 すっかり大人っぽく‥‥‥なってないですけど(笑)、今後ともよろしく☆...
  • ランダム(試食篇)写真館
      キットカットのコーラ味とレモンスカッシュ味。 あんまり期待してなかったのですけど、しゅわしゅわパウダークリームがけっこう“コーラ感”を出してました。 それに比べるとレモンスカッシュはちょっとインパクトが弱かったかな? どちらにしても、思ったよりはいけてる味でした(^▽^)。    これは会社からもらったフリーズドライのサンプル。 小腹がすいてたので、さっそ...
  • 神様のいうとおり☆
      ひさしぶりに動かしてみた初代のデジカメで撮った写真。 うーん、どうやら寿命を迎えたようです★ ところが現行(2代目)のデジカメも、最近古傷(落下した際に電池パックの蓋が破損)が痛むらしく?、ちゃんと蓋が閉まっているのに「蓋が閉まってません」の表示が出てくることが(^^; これは‥‥‥あれですか、まだ買ってない“自分への誕生日プレゼント”として、新しいデジカメを買えと神様がおっしゃ...
  • 小話3本
    ①同僚と後輩の会話。 得意先からいただいたものの、数が余って、そのまま冷蔵庫に放置されていたシュークリームを見つけた同僚。 賞味期限が2,3日すぎていたのですが、「冷蔵庫に入ってたし、だいじょうぶでしょ?」と食べ始める同僚。 それを見かねて後輩、「そんなものを食べたらお腹が‥‥‥」 同僚「壊れる?」 後輩「お腹が出ちゃいますよ!?」 たしかに最近めっきりメタボな同僚なので...
  • インセプション
      人が一番無防備になる状態――眠っているときに、夢を通して潜在意識に潜入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野においてトップクラスの実力を持つ男・コブ(レオナルド・ディカプリオ)。彼が最後と決めた仕事は、これまでに限られた人間した成功したことのない最高難易度のミッション、「インセプション」と呼ばれるものだった。最高のメンバーを集めてインセプションに挑むコブだったが、予測を超えた事態が次...
  • 恐怖の実験
      県立自然科学館で開催されている「恐怖の実験」を見に行きました。 早い話が“お化け屋敷”なわけですが、いいトシしたおっさんがひとりでおばけ屋敷に並んでいる光景は、われながらシュールでしたよ(^^; お化け屋敷そのものもそれなりに楽しかったですが、それよりおもしろかったのが、お化け屋敷を出たところにある観察コーナー。 ここにはお化け屋敷の中が見られるモニターがついていて、お客さん...
  • ランダム(空の)写真館
     「梅雨の空」 まだ梅雨明けする前に撮った1枚。 夕方に雨がやんで、空の茜色も、濡れたアスファルトに映る夕景も、とてもきれいでした。   「夏の夕空」 梅雨明けした後に撮った1枚。 場所はほぼ同じ、会社の駐車場から撮影しています。    「湖の空」 これは妹撮影。栃木に旅行に行ってたときに、中禅寺湖から送ってくれた1枚です。 それにしてもすず...
  • 私の(まわりの)近況報告。
    秋に後輩が寿退社することになりました。 またしても年下に先を越されてしまいましたが(笑)、素直に祝福してあげたいというもので。   一応前から聞いていたので、先日の後輩の誕生日に、ささやかながらイルカのストラップ?をプレゼント。 そしたらお返しをいただきました。律儀なやつめ(笑)。   エアフレッシュナーとペンと栞をいただきました(^□^)。 今年は近年になく誕...
  • 借りぐらしのアリエッティ
      家の床下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から拝借する“借りぐらし”の小人たち。彼らは人間に見つからないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、偶然にも家にやってきた少年・翔に姿を見られてしまい‥‥‥。(画像とあらすじはYAHOO!映画より) いいじゃないですか、これ。あまり期待してなかったせいもあると思いますが、とても...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ