• 天皇賞(秋)
                                          (写真はSANSPO.COMより) 昨日は台風の影響で開催中止(1日に変更)になった東京競馬場。 これはなんだか荒れるかも、と思ったのですが、蓋を開けてみれば1番人気のブエナビスタが堂々優勝。 2着にも上位人気のペルーサが入って、堅い決着でした。 私はブエナビスタからの流し馬券でしたので、10・3倍の馬...
  • オラクル・ナイト (P・オースター著 柴田元幸訳)/新潮社
      リハビリ中の作家・シドニーは、ふと立ち寄った文房具店で1冊のノートを手に入れる。ポルトガル産の、革表紙の青いノート。交通事故に遭って以来、1行も書くことがなかったシドニーだが、ノートに導かれるようにして物語を描き始める。だが、それと時を同じくするようにして、彼の身に奇妙な出来事が起こり始めて―― ポール・オースターの最新作。もちろん訳は柴田元幸さんです。主人公が作家だったり、ニューヨ...
  • 妻の超然 (絲山秋子)/新潮社
      結婚十年目‥‥‥プレゼント、お祝い、ダイヤモンド、妊娠、破局「あっ、破局っ」なんていい響きなんだろう、破局。理津子と文麿の夫婦仲は冷え切っている。文麿の見え透いた浮気にも、理津子はいちいち騒ぎ立てない。いまや夫の尊厳は妻の超然によってのみ、かろうじて保たれている。結婚をして、マンションを買って、あの頃は楽しかったのだろうか。だがいつの間にか理津子は楽しそうにすることに飽きていたのだ――(「...
  • 中国三景
    母と妹が、中国地方の旅から帰ってきました。   1日目は島根県の足立美術館へ。 この日本一の庭園が見たくて島根に行ったようなものです。 この景色の中を歩いて見て回ることはできないそうですが、それでもとても素晴らしい眺めだったようです。   2日目は鳥取県で砂丘見物。 「馬の背」までは10分ということですが、あいにくの風雨と寒さで、母・妹、ともにたどり着けず★ ...
  • 福利厚生醤油
    「枇杷」「いくら」「めんたいこ」「牛タン」「オレンジジュース」「甘エビ」「チーズケーキ」「ぶどう液]」「豚饅」「ビスケット」に続く第11弾!全国の支店から各地のおいしいものを送ってもらい、従業員の福利厚生とする職場のシリーズ企画。今回はこちら!★☆大分店プレゼンツ「カトレア醤油」☆★‥‥‥え、醤油?今まで食べ物ないし飲み物だったのに、調味料で来るとは想定外(^^;ただ「一度使ったら、他の醤油にはもう戻れな...
  • 「おにいちゃんのハナビ」
                                                    (画像はYAHOO!映画より) 新潟県片貝町、世界一の花火が打ち上がる9月9日に高校生の華(谷村美月)が半年間の入院生活を終えて自宅に戻ると、兄の太郎(高良健吾)がひきこもりになっていた。両親はなすすべもなく見守っているだけだったが、華は昔の兄を取り戻すべく、乱暴なまでの勢いで太郎を外へ連れ出そ...
  • 菊花賞
                                                    (写真はnetkeiba.comより) 「最近の長距離GIは難しいからなぁ」というのがレース前の印象。 ある意味予想通り、優勝したのは7番人気のビッグウィーク。 1番人気のローズキングダムこそ2着を確保したものの、あとの上位人気馬は壊滅。 私が選んだお馬さんたちも(ローズキングダム以...
  • 幸せの黄色いやつ。
    同僚がグアムから帰国しました。 ひさびさに見た同僚は、思わず「愛のメモリー」を口ずさんでしまうほど真っ黒(笑)。 ハネムーン帰りということで、幸せオーラが漏れまくってました   グアムみやげに、マンゴーのドライフルーツをいただきました。  見た目があざやか 味もマンゴーそのもの(当然・笑)でおいしかったですよ。80グラム、あっというまに完食♪ 幸せのおすそわけを...
  • 佐清ではない。
    10月は叔母の誕生日。 「プレゼントにクレイパックをしてあげましょう」と妹。 私は助手に任命され、わが家でホームエステがはじまりました☆   叔母、パックなう。 ――って、なんだかスケキヨみたいなビジュアルになっておりますが(^^; この状態、息はできますが、しゃべることはできません。 目はまったく見えません。光もまったく見えないので、暗所恐怖症の方にはむかないですね★...
  • パワー吸収?
    先週末、会社の先輩が戸隠神社に行ってきたそうです。 低学年の娘さんといっしょに、ちゃんと奥社まで参拝してきたとか。   これは自分が行ったときの写真なので落葉してますが、紅葉も見ごろだったようです。 ところで戸隠神社に行ったと聞いて、盛り上がったのが独身女性陣。 無粋な私は理由がわからず、「紅葉? そば? それとも忍者屋敷?」と思いましたが、 「戸隠神社って、いま有名な...
  • ランダム(女心と)写真館
      秋空の写真です。 前にも「秋空のランダム写真館」とかやったような気がするので、変なタイトルにしました   撮影の舞台は「コスモスとバラ」と同じく、越後丘陵公園。   空の高さにもとどけと背を伸ばすコスモス。 実際に私の身長よりも高いコスモスがたくさん咲いていました。   完全に逆光写真ですが(^^;、」なにかが雲から生まれてくるような雰囲気は...
  • 心霊探偵八雲6 失意の果てに 上・下 (神永学)/角川文庫
                       “絶対的な悪意”七瀬美雪が逮捕され、平穏が訪れたかに思えたのもつかの間、収監されたはずの美雪は、自ら呼びだした後藤と石井に告げる――私は、拘置所の中から斉藤一心を殺す‥‥‥。拘束された身である美雪には物理的に不可能な殺人の予告。後藤は疑心にかられつつも、一心を守ろうと決意するのだが――(背表紙...
  • コスモスとバラ
    10月17日(日)、越後丘陵公園へ行ってきました。 この日は年に5日の開放日ということで、いつもだと400円かかる入園料が無料。 ふだんよりも多くのお客が集まっていました。(もっとも公園駐車場の料金は有料なんですけどね・^^;) 公園では「コスモスまつり」と「香りのバラ祭り」が行われていいます。 まずはコスモスの方へ。         あまり見な...
  • 秋華賞
                                                   (写真はSANSPO.COMより) アパパネ、史上3頭目の牝馬三冠達成です! ちなみに2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の優勝も含めての四冠達成は史上初の快挙。 オークスではGI史上初の同着優勝という結果を出しましたし、本当に歴史を作る女の子ですね。 この勝利でもって金子オーナ...
  • 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」
      米澤穂信の同名小説を映画化。時給11万2,000円という怪しい求人広告を見て集まった男女10人。心理学の実験と称された仕事内容は、24時間監視を受けながら<暗鬼館>で7日間過ごすというもの。何事もなければ、実験終了時、1千万円以上の大金を全員が受け取ることができる――だが、参加者の部屋にはそれぞれ異なる凶器が置かれ、そして最初の犠牲者が出たことによって、彼らは疑心暗鬼に陥っていく‥‥‥(画...
  • 思いつき東京行 ⑤ ~ そろそろおしまい。
    10日(日)、柴又帝釈天へ友人とお散歩。   「ひさしぶりに来るなぁ」と友人。 「あれ? 前はたしか毎週みたいに通ってたよね」と聞くと、「うん、でもあまり御利益がないような気がしてね」。 それをいいますか(笑)。 ところで今回、なんとなく気まぐれに本堂のある建物に上がって見たのですが‥‥‥       なんなんでしょう、このレベルの高い彫刻の数々。&...
  • 思いつき東京行 ④ ~ロールシャッハ
      小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」 [ストーリー]世界の果てに<壁>がある、もうひとつの世界。その<壁>を超えるべく、まもなくロケットが発射されようとするまさに同じ時、<壁>際に集められた一人の開拓隊の隊員と、三人の民間人。彼らは<壁>に対して、ロケットとは別の作戦を行うよう命じられていた。年齢も出身も立場もバラバラの彼らには、ひとつだけ共通点があった。それは「今の自分を変えたい...
  • 思いつき東京行 ③ ~いいことばかりではないさ。
    三菱一号館美術館を出たのが4時半。 その時点でまだ昼食を食べておらず、このままでは舞台を見ている最中に腹を鳴らしてしまうことまちがいなし。 舞台の危機回避のため、友人の情報を頼りに、神保町へ移動し、「スマトラカレーの共栄堂」を目指します。   居並ぶ魅惑の古書店を素通りして地下1階の店へ直行。 ポークカレーと焼きりんごを注文しました。   牛丼屋もびっくり、注文...
  • 思いつき東京行 ② ~あいにくの雨。
      午後3時ころ、東京駅到着。 葛飾に住む友人に「急に東京に行くことにしたんだけど、なんかお勧めスポットある?」と聞いたところ、 「下北沢に行くなら、途中神保町で古書店とカレー屋へ行くと良い。ついでに泊まるところが決まってないならうちに泊まったら良い。」との申し出。 ありがたく受けさせていただくことにしました。 が、その前に、丸の内で行ってみたかったところがあったので、まず...
  • 思いつき東京行 ① ~はじまりは唐突に。
    ノープランで迎えた三連休初日。 「それにしても、『ロールシャッハ』(小林賢太郎さんの演劇作品)見に行きたかったなぁ」と思い、HPを確認。 そしたらそこには「当日券ネットで発売中」の文字‥‥‥え、本当に!? 今まで私は「当日券とは、当日会場に行った者のみが手に入れられる希少なチケット」という認識だったので、 「見られるかどうかわからない公演のために上京するのはさすがに無理」と思ってたの...
  • 白銀ジャック (東野圭吾)/実業之日本社文庫
      「ゲレンデの下に爆弾が埋まっている。」年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる――(背表紙より抜粋) 東野さん、ウインタースポーツものが本当に好きだなぁとあら...
  • リコール2
     もうすぐ納車から一年になる愛車のタント。「そろそろ12ヶ月点検の連絡をしないとな」と思っていましたら、リコールのニュース。なんでもネジがゆるんでドアミラーがはずれるおそれがあるんだそうです。‥‥‥はずれちゃうんだ、これ?今年になるまでリコールを経験したことがなかったんですけど、不思議とつづくもんですね。どのみち12ヶ月点検があったので手間は変わりませんが、「二度あることは」にならないでほしいも...
  • ゲキ×シネ 「蛮幽鬼」
      遠い昔、鳳来国にまつわる物語。無実の罪で監獄島に送られた伊達土門(上川隆也)は、濡れ衣を着せた者たちへの復讐の想いを生きる糧に、10年にわたる過酷な幽閉生活を耐えていた。そんな土門の前に現れたひとりの男(堺雅人)。男はみずからを「サジ」と名乗り、かつて何人も生きて出ることができなかった獄門島を土門とともに易々と脱出する。サジを唯一の友に復讐の道を歩みはじめた土門だったが、彼の前に立ちは...
  • トロイメライ (池上永一)/角川書店
     「トロイメライ」――ドイツ語で、夢を見ること、夢想すること。幕末時代の琉球。新米の筑佐事(岡っ引き)に任命された武太は読み書きもできない粗忽者だが、三線の腕前と正義感は誰にも負けていない。恩人の大貫長老や、幼なじみの宿屋の三姉妹の力を借りて、今日も那覇の街を事件解決のため駆け抜けていく――  同作者の「テンペスト」と時代を同じくする作品。あちらが王宮を舞台に、琉球王朝の最後の歴史をダイナ...
  • 健康診断悲話
    昨日は健康診断でした。 去年は2回分必要な検便が1回しかとれなかったり、前日の夕食を早く摂り過ぎて夜中空腹に悩まされたりと、失敗ばかりでしたが、今回その点は無事クリア。 バリウムを飲んでげっぷをすることもなかったですし、各数値も一応基準内で収まっていたようです。 とはいえ、昨年よりも体重と最高血圧が上昇‥‥‥この分でいくと来年はイエローカードが出されるかも><。 運動量も食生活も特に...
  • 凱旋門賞・スプリンターズステークス
      世界最高峰のレース、凱旋門賞。 今年は日本から皐月賞馬・ヴィクトワールピサと宝塚記念馬・ナカヤマフェスタが参戦していましたが、そのナカヤマフェスタが2着とのこと。 「惜しい!」と悔しがるべきか「快挙!」と喜ぶべきか複雑な気持ちですが、なにはともあれ人馬ともおつかれさまでした。 ナカヤマフェスタという馬は本当に強くなりました。帰国したあとはぜひ秋の競馬界を盛り上げてほしいです...
  • 寿退社
    金曜日は後輩の送別会でした。   指にキラリと光りますのは婚約指輪。 お相手は同僚Aさん。うちの店でははじめての社内恋愛→結婚のパターンでした。 12歳差、バツイチ、子供あり――と、なかなかハードルの高い結婚ですが、このふたりならきっとうまくいくだろうなぁという組み合わせで、少し寂しいけれども、めでたい送別会となりました。   みんなから可愛がられた後輩でしたので、転...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ