• 「アンストッパブル」
                                                  (画像はYAHOO!映画より) ペンシルバニアの操車場で運転士がブレーキをかけ損なった貨物列車777号が無人で走り出す。大量の有毒化学物質と19万リットルのディーゼル燃料を搭載したまま暴走する777号。行く先は人口密集地、その破壊力は軍事ミサイルにも匹敵すると予想された。鉄道会社のうつ手がすべて失敗...
  • 祝・アジア杯優勝!
     (写真はSANSPO.COMより) いやー、決めてくれましたね、ザックジャパン! 何度も危ないシーンがありましたが、今日も川島のスーパーセーブに助けられました。 オーストラリアはゴール前にボールをふわっと浮かせてくるだけでみんなチャンスボールになるので「ずるい」と 思いましたけど(笑)、DF陣の集中力もお見事でした。 正直、今日もPK戦かと思ってたのですが、李のダイレクト...
  • 謎解きはディナーのあとで (東川篤哉)/小学館
      国立署の刑事・宝生麗子は宝生グループの会長のひとり娘。あいつぐ難事件に、なにかのヒントを求めて執事の影山に事件のことをもらすと、ふだんは謹厳実直な執事が眼鏡の奥の瞳を輝かせてこういった。「失礼ながらお嬢様――この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」お嬢様と執事の奇妙なコンビが臨む、6つの事件。 大金持ちのお嬢様が刑事、というのはよくある設定かもしれませ...
  • かにラーメン
      寺泊に行った友人から、おみやげに「かにだし塩ラーメン」というものをいただきました。     さすがに、ふたを開けたらがどーん!なんてことはないですね(^^;   味もほぼイメージどおり。ふつうにおいしかったです。 何年か前、寺泊のお店で生のかにラーメンを食べましたが、ふつうのラーメンの上に小さめのがぽん、と 乗っているしろもので、「食べにくいし、...
  • ランダム(1月最後の)写真館
      今冬一番の積雪の日に撮った1枚。 もはやちょっとしたかまくら感覚ですが(^^; 雪と戦う日は今少し続きそうです。    スカパラのライブ会場に向けて歩いているときに撮った1枚。 きれいだけど冷たそうな光景ですね。 終わったあと外に出てみたら、ライブの間に積もった雪でまっしろでびっくりでした。    このシリーズの新作を見たのはひさしぶり。...
  • 釜飯屋にて。
    今日は会社の近くの釜飯屋さんに、仕事終わりに同僚のみんなで集合。 実は今月いっぱいでひとり自主退社することが決まり、ささやかな送別会を兼ねての食事会でした。   退社するのは、私が歓迎会の幹事を務めた人だったので、余計に残念だなぁという気持ちもあり。 でも、決めたからにはいい人生を切り開くためにがんばってほしいなと思う気持ちもあり。 そして、残った自分たちは一層団結していか...
  • 「グリーン・ホーネット」
                                                   (画像はYAHOO!映画より) 新聞社を経営する父・ジェームズ(トム・ウィルキンソン)の急死で社長に就任することになったブリット(セス・ローゲン)。彼はジャーナリストとしての意欲も経営者としての能力もない凡庸な二代目だった。しかし、父の車の整備士であったカトー(ジェイ・チョウ)と知り合ったことで運...
  • 東京スカパラダイスオーケストラ 「“WORLD SKA SYMPHONY” TOUR」
      好きなラジオDJのふなもりさちこさんのブログで「スカパラの今回のツアーはすごくいい!」と力説されていて、 地元公演のチケットがまだあるようだし、では勧められてみようかなと思い、今年初ライブに行ってきました。 場所は県民会館。(全国ツアーのラスト3番目とのこと。) 東京スカパラダイスのライブを見るのもはじめてで、アルバムも1枚も持ってませんが、きっと楽しませてくれる かな...
  • 宝島 (ロバート・L・スティヴンソン著、上田和夫訳)/集英社
      宿屋「アドミラル・ベンボー」を訪れた老海賊・ボーンズがもたらした一枚の紙片が、宿屋の少年・ジムを思いがけない冒険の旅へ導く――それは伝説の海賊・フリントが遺した財宝のありかを示す“宝島”の地図だったのだ!船と水夫が集められ、その中には1本足の陽気な料理長・シルヴァーがいたのだが、彼こそはフリントの海賊船の舵取りだった。シルヴァーの正体に気づいたジムは、なんとかシルヴァーを出し抜こうとするの...
  • ランダム(瓢湖)写真館
    先日、瓢湖に行った時の写真です。 寒そうなのはすいません(笑)。   雪船に乗ってどこへ行くの?みたいな。   空が高くてどこまでも青い日でした。   雀を追いかける男の子。やっぱり子どもは風の子ですなぁ。...
  • Chocolat Brewery
    去年ruruさんのブログで見て、「これはきっと自分の好きな味♪」と思って探したけれども見つけることができず 1年越しでようやく入手できたのがこちらの商品。   サッポロビールとロイズが共同開発した「ショコラ ブルワリー」。 「チョコレート麦芽を一部使用し、カカオを加えた、華やかな香りとまろやかな甘さ」を持つ発泡酒だそうです。   せっかくなので、チョコとマシュマロを...
  • 七つの海を照らす星 (七河迦南)/東京創元社
      様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル‥‥‥。少女をめぐるそれ...
  • 阿賀野行
    年に1度は白鳥が見たくなります。(10か月ほど前にもいいましたが・笑) 日曜日、用事で出かけているとき、ふと「そうだ、白鳥を見に行こう」と思い立ちまして、一路阿賀野市へ。 白鳥の飛来地である瓢湖を訊ねました。   歩道橋から、おなじみのジオラマ写真で1枚。   いっぱいですね(笑)。 たしか3,000羽くらい飛来しているとのことでした。   白鳥を見...
  • 日経新春杯
                                                (写真はSANSPO.COMより) 今年最初のGⅡ、日経新春杯。 ジャパンカップを制したローズキングダムと、同い年で超良血馬のルーラーシップが、昨年のダービー以来の 対戦ということで、楽しみなレースでした。 結果はルーラーシップが快勝! 抜群の手応えで4コーナーを回ると、ゴール前も...
  • 羆嵐 (吉村昭)/新潮文庫
      大正4年12月、北海道天塩山麓の貧しい開拓村を自然の脅威が襲う。体高2・7メートル、体重383キロの、冬眠の時期を逸した“穴持たず”の羆だ。人間たちの常識や願いを嘲笑うように、羆は次々と人間を襲い続ける。火を恐れず、銃の包囲からも易々と逃げ闇に潜む羆には、訓練された警察組織すらなす術がない。彼らの最後の希望は、羆撃ち専門の猟師の銀四郎。だが彼はだれからも忌み嫌われる男だった‥‥‥。実際に起...
  • あの頃の誰か (東野圭吾)/光文社文庫
      高級スポーツクラブのインストラクター・北沢が自宅で殺されていた――カーペットに「A」の字を書き残して。警察の捜査が難航する中、恋人であった弥生の前に北沢の友人・尾藤が現れ、ふたりは事件について調査をはじめる。そこにはスポーツクラブを経営する中瀬社長の遺言書がからんできているのだが‥‥‥(「シャレードがいっぱい」より)収録作はすべて「わけあり物件」。これまで単行本未収録だった全8篇からなる、...
  • 1月13日
    たまにやる企画、過去の同日に起こった出来事を振り返ってみます。 2010年1月13日(水) 風邪でダウンしてました 「新型インフルエンザだったらいやだなぁ」と心配でしたが、ただの風邪でほっとした記憶があります。 ‥‥‥そういえば今冬はあんまりインフルエンザの話題って聞かないですね。なんでだろう? 2009年1月13日(火) 同期の同僚が転勤した日。 おおげさにいえば戦友み...
  • ランダム(冬の)写真館
     「足跡」 犯行現場みたいですね(^^; 偶然の模様がなんとなくおもしろかったです。   「偽賽」 近所のコンビニのオーナーの労作。 でも「2」と「5」は隣り合わせになっちゃ絶対いけないんだがなぁ(^^;   「氷雲」 空に浮かぶ雲も凍る寒さ、なんて☆ もっと寒くなったら、ここって天然のスケート場になったりするのかも。   「巨人」&nb...
  • 「キック・アス」
      コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生・デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう――(画像・あらすじはYAHOO!映画より) 新年最初の映画をなににしようか選んでいるとき...
  • ランダム(新春?)写真館
      期間限定ロールちゃんいちご味。 パッケージに迎春おみくじがあったのでめくってみますと‥‥‥   やっぱり「吉」かーい!(笑) ちなみにもう1個食べた(プレーンのやつ)ときも「吉」でした。今年の運勢は「吉」で確定ですね(^^;   妹作・「ひな祭り三色チーズケーキ」。 レシピはクックパッドからだそうです。(こちら→http://cookpad.com/recipe/1011888) &...
  • みんなのふこう (若竹七海)/ポプラ社
      葉崎FMで毎週土曜に放送される「みんなの不幸」は、リスナーの赤裸々な不幸自慢が評判の人気コーナー。そこに届いた一通のメール。「聞いてください。わたしの友だちのココロちゃん、こんなにも不幸なんです‥‥‥」疫病神がついていると噂されながらも、いつも前向きな17歳のココロちゃんと、彼女を見守る同い年の女子高生ペンペン草ちゃんがくりひろげる、楽しくて、苦い、泣き笑い必至な青春物語。 (Amazon...
  • 年始のこと。
    遅くなりましたが年始のお話を(^_^; 新年二日、帰省してきた友人と村上市に行きました。   まずは初詣。地図を見て「なんか良さそう」と思った羽黒神社へ向かいます。 そんなに大きなところではありませんでしたが、階段を上りきると村上市が一望できる展望台になっていました。  ちょうどお参りをした直後から小降りの雨がやんで晴れわたり、なにやらめでたい雰囲気です。 おみくじ...
  • 2010年度 JRA賞決定
      2010年の年度代表馬、ブエナビスタに決まりましたね。 有馬記念でヴィクトワールピサに負けてしまいましたし、今年は牝馬三冠のアパパネ、凱旋門賞2着のナカヤマ フェスタもいましたので、すんなりとは決まらないかもしれないなと思っていたのですが、ふたを開けてみれば 圧勝の投票結果でした。 年度代表馬順位馬名合計票数1ブエナビスタ2112アパパネ413ヴィクトワールピサ284ナ...
  • 年末のこと。
    少し遅くなりましたが年末のことを。 12月30日(木) この春に結婚する友人と、その奥さんになる人と初飲み。   場所は近所の「居食屋あたらよ」というお店。 少し遅れてくる主賓二人、「どんな人だろうね」と私・地元の友人夫婦・帰省してきた友人と噂し合います。 やがて満を持して登場したのは‥‥‥   なんともいい雰囲気のふたり。 まだ、おたがいを「さん」づけで...
  • TBSドラマ 「赤い指」
      年末年始のテレビで一番楽しみにしてた「赤い指」。いや良かったー。素晴らしいドラマでした。東野圭吾さんの原作はもちろん既読で、流れは全部知っているのですけど、にも関わらず1秒も目が離せない画作りに引き込まれました。連続ドラマのときからのキャストである阿部寛さん、溝端淳平さんの掛け合いは、加賀の父親をめぐっての確執があるので緊張感をはらんでおもしろく、原作には登場しない黒木メイサさんも無理...
  • 月の影に咲く光 (gene)/文芸社
     道に迷ったものが訪れる世界、『月海』。そこには彼らの訪問を待つひとびとがおだやかに暮らしている。戻るもの、進むもの、居続けるもの、それを見届けるもの。すべてを包み込みながら、世界はひたすら優しくありつづける。やがて、『月海』の創造主が待ち続ける日がついに訪れて―― 知人より借りた1冊。「geneて?」と思われることでしょうが、さもありなん、これがデビューの新人さんです。なんでも知人のご近所...
  • FUJI ROCK FESTIVAL’11 開催決定!!
      今年も7月最後の週末に開催決定ですね。 雪が積もっている今は想像もつかないですけど、今年もきっと熱い夏になることでしょう。 まだアーティストの発表はありませんが、どんな人が来るにしても、楽しい日になると思います。 気になるのはロゴマークのカラーリングが変わったこと。 赤と緑で、まさかクリスマスカラーということはないでしょうが(^_^;、日本一クリーンなフェスといわれるフ...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ