• 2012年 上半期ベスト
    恒例の上半期の個人的ベストをあげていきますね。 BEST MOVIE 迷いましたが、「50/50」で。闘病ものながらお涙頂戴ではなかってですし、見終わったあと、友情っていいなぁと思いました。ジョセフ・ゴードン=レヴィットの出演する映画はこれからも見続けていきたいです。次点は「麒麟の翼」と「テルマエ・ロマエ」。シリアスからコメディまで、阿部ちゃん、あんた最高(笑)。 BEST RACE&n...
  • 部屋 (エマ・ドナヒュー著 土屋京子訳)/講談社
      今日はジャックの5歳の誕生日。ジャックはママと“部屋”に住んでいます。鍵付きのドアに天窓のある“部屋”。テレビを見るのが大好きで、アニメの主人公がジャックの友だちです。でもジャックはちゃんと知っています。テレビに映るヒトやモノはホントのことではないことを。自分とママと“部屋”だけがホントのことでした――ママが外の世界があることを教えてくれるまでは。(Amazon内容紹介より) 本当はなんの先入観...
  • ランダム(あじさい)写真館
      あじさいの季節でございます。    日差しが強くて、ちょっとくたびれ気味ですが(^^;    こちらはあじさいの「スミダノハナビ」。    「スミダノハナビだけに、これは打ち上げ花火をイメージしたアレンジメントなわけですね?」と母に聞いたところ、「そうでもない」ということでした(笑)。...
  • 「リーガル・ハイ」
      火曜日のブログの更新率が悪かったのは実にこのドラマのせいでした(笑)。全11回フル鑑賞。主演の堺さんも新垣さんももともと好きな役者さんですけど、今回は脚本に魅せられました。一番印象的だったのは第9話のラストで古美門が絹美村の住人に決起を促すシーン。古美門流に原告の老人たちの人生を讃え、「金の問題じゃない? (企業にわからせるには)金しかないんだ!」と訴える長セリフは、いままで見たどんな...
  • 福利厚生 冷麺
    復興支援の一環として、被災地のグルメを従業員に送る職場の企画が去年からつづいています。今回のグルメは岩手県の盛岡冷麺。    明太子のりのおまけつきです。さっそく土曜日のお昼に作ってみました。    うん、私が作ったにしては上出来(笑)。といっても茹でてただけですけどね(^^;辛くてさっぱりしてて、弾力のある麺の歯ごたえもたっぷり味わえました。今回もごちそうさまでし...
  • 宝塚記念
                                        (写真はMSN産経ニュースより) 上半期の競馬の締めくくり、宝塚記念。勝ったのは1番人気のオルフェーヴルでした。今年に入ってから不可解な敗戦が続いていた三冠馬でしたが、最後の最後にやっと復活。勝利ジョッキーインタビューがはじまるや否や池添騎手が泣き出したのには(悪いですけど)笑ってしまいましたが、それだけ陣営のプレッシ...
  • 復活
      2日前にPCのモニターが映らなくなりました。冬にも同じ症状が一時的に発生して、そのときはすぐ直ったので、「寒さのせいだったのかな?」と思っていたのですが、ここにきて再発。あれこれ試してみたのですがどうやっても直らず、他にもいろいろストレスを感じることがあったので、思い切って買い替えることにしました。ちょうどNECの夏モデルが出始めて、春モデルがけっこう値下がりしてたのでそちらを購入。予...
  • ランダム(梅雨の晴れ間は五月晴れ)写真館
      「road to blue」   「violet stars」    「red wing」...
  • 「幸せへのキセキ」
      愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみから立ち直るため環境を変えようと、新しい家を探す。不動産業者から“理由あり” として紹介された物件には、理想どおりの家と、広大な敷地と、閉鎖中の動物園(!)がついてきた。一旦は断ろうとするベンジャミンだったが、娘のロージー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)のいきいきとした表情を見て、購入を決意する。だが息子のディラン(コリン...
  • 退出ゲーム (初野晴)/角川書店
      穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者、完璧な外見と明晰な頭脳の持ち主。音楽教師・草壁信二郎先生の指導のもと、廃部の危機を回避すべく日々練習に励むチカとハルタだったが、変わり者の先輩や同級生のせいで、校内の難事件に次々と遭遇するはめに―。化学部から盗まれた劇薬の行方を追う「結晶泥棒」、六面全部が白いルービックキ...
  • あれといっしょ。
      「今日は訪問者数が多いなぁ、いつもの200倍くらいか」そんなふうに思いながら数字を見ているうちに、なにか見覚えがあることに気づく。「こ、これは‥‥‥!」あわててカメラを手に本棚へ。    「やった、伊坂さんのエッセイ集のタイトルと同じじゃん!」 ‥‥‥すみません、こんなネタで(苦笑)。...
  • ランダム(今日も食べ物)写真館
    昨日に引き続き食べ物の話。    変わった色の笹団子。知らないで剥いたらぎょっとするでしょうね(笑)。たしか桜のなんとかが入ってるんですが、味は目をつぶって食べたら変わりなかったです(笑)。    よく利用する図書館で食べたイタリアンジェラート。こう暑くっちゃジェラートの誘惑には勝てませんて。ところでみなさんはカップ派? コーン派?私はどーしてもコーンじゃないと納得...
  • フロマージュ
    ホワイトデーに利用したルタオから、パフェ・ドゥ・フロマージュ(ハーフサイズ)というケーキのプレゼント券が届きまして、おかげさまで好評でしたし、ほんならもう1回ぐらい頼もうかなと、なんのアニバーサリーでもないですがオーダー(笑)。昨日届きました。    これがパフェ・ドゥ・フロマージュ。もちろんこれもおいしかったですけど、気に行ったのはもうひとつ頼んだビン・デ・フロマージュの方。&nbs...
  • ルーズヴェルト・ゲーム (池井戸潤)/講談社
      監督に見捨てられ、主力選手をも失ったかつての名門、青島製作所野球部。創部以来の危機に、野球部長の三上が招いたのは、挫折を経験したひとりの男だった。一方、社長に抜擢されて間もない細川は、折しもの不況に立ち向かうため、聖域なきリストラを命じる。廃部か存続か。繁栄か衰退か。人生を賭した男達の戦いがここに始まる――(Amazon内容紹介より抜粋) 社会人野球をテーマにした1冊。わかりやすかっ...
  • 「捜査官X」
     平穏を絵に描いたような山奥の村で、強盗事件が発生。指名手配中の男2人は、現場に居合わせたジンシー(ドニー・イェン)と争った末に命を落とす。村人たちがジンシーを英雄と称賛する中、捜査官シュウ(金城武)は、一介の製紙職人が凶悪犯を退治したことに疑問を抱き、独自の捜査を開始する――(画像とあらすじはYAHOO!映画より) 監督:ピーター・チャン アクション監督:ドニー・イェン 脚本:オーブリー・...
  • カラスの親指 by rule of the CROW’s thumb (道尾秀介)/講談社文庫
      人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?(背表紙より抜粋) 読んでいる途中は、バッドエンドにまっしぐらだよなぁと思っていたのですが、見事なひっくり返しに呆然。つまりこれは“憑き物落とし”だったわけ...
  • ランダム(ウルトラマン)写真館
      先日、新津美術館で行われている「ウルトラマン 創世記展」を見に行きました。たくさんのウルトラマンに会ってきましたので、いつものランダム写真館でご紹介。    まずはなんといってもウルトラマン。今回の展覧会で、ウルトラマンの表情はアルカイックスマイルを採用しているという話を聞いて、なるほど確かに笑っているなぁと思いました。    つづいてウルトラセブン。撮...
  • 夜の国のクーパー (伊坂幸太郎)/東京創元社
      この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない──。これは猫と戦争と、そして何より、世界の秘密のおはなし。(出版社HPより抜粋) 伊坂さんの最新作。主人公が猫ですし、占領...
  • やばいのはそっちだ。
      この2食パスタを食べたお店でのこと。となりの席には、まだ付き合って間もないと思われるカップル。とにかく彼氏の方のテンションが高い。会話の二言目には、「これ、やばくない?」「どんだけー!」と、なぜかいまさらIKKO語。自分のオムライスを食べたあと、「やばい、足りなかった」といい、店員さんにメニューを注文。(自分の食べる量ぐらい最初から把握しとけ。)彼女が「これにしたら?」とイカ墨スパゲッ...
  • 安田記念
                                                (写真はMSN産経ニュースより) 長いこと競馬を見てきましたけど、1番人気の単勝オッズが6倍というGIレースははじめてでした。大混戦の中、勝ったのは2番人気だったストロングリターン。昨年の同レース2着馬が見事にリベンジを果たしました。リベンジを果たされた?昨年の1着馬リアルインパクトは6着。1番人気...
  • 定本 百鬼夜行 陽 (京極夏彦)/文藝春秋
      「私には、きょうだいが居た――気がする」。居るはずもないきょうだいが、どうしても居るように思えてならない。旧華族・由良家の財産管理者・平田謙三は、まったく不条理だがどうしても拭い去れない思い込みに取りつかれていた。その日、主人の由良胤篤を訪ねた平田は、百物語にまつわる怪異譚を聞かされて――(「青行燈」)不条理な恐怖、常軌を逸した執着、あるはずもない記憶。日常の狭間にふと立ち現れる怪異‥‥‥。...
  • まじか!
    毎年恒例の夏イベント、フジロック。本日、第7弾のアーティスト発表がありました。(以下、公式HPより抜粋) 奇跡の復活、金曜のザ・ストーン・ローゼズ、 念願の初フジ、日曜のレディオヘッドと、 話題も伴って早々に発表された今年のフジロックのヘッドライナー。 真ん中の土曜が明かされないまま5月も終わり、 たくさんのフジロッカーをやきもきさせてきましたが、 遂に、ついにノエル・ギャラガーが発表になりました。...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ