• ポメの方
    道尾さんの新作紹介の際に「ポメラニアンの方じゃないの~?」との声が多かったので(笑)、急遽妹から画像を一枚もらいました。新居の椅子がたいへんお気に入りなノエルくんでした(*^_^*)。特にオチはありませんが、ほら、ハロウィンですからね(?)。 ...
  • 「ハロー!?ゴースト」
     あらすじ:生きる希望を失ったサンマン(チャ・テヒョン)は何度も自殺を図るが、いつもうまくいかない。川への投身自殺が失敗に終わり、病院のベッドで目覚めたサンマンの隣には、なぜかヘビースモーカーの太ったおじさんがいた。それを皮切りにサンマンの前につぎつぎと奇妙な人たちがあわられる。彼らはゴーストと名乗り、自分たちの願いをかなえるためサンマンに体を貸すようにいうのだが‥‥‥。 監督・脚本:キム・ヨ...
  • 最終日
    昨日は新潟競馬場の今年最後の開催日。以前職場の人からいただいた招待券が残っており、せっかくなので競馬場に行ってみました。    駐車場のまわりの木が紅葉してました。去年とちがって今年は山の紅葉がきれいらしいですね。見てないですけど(^^;    ゲートをくぐるとゆるい人たちが出迎えてくれました(笑)。真ん中の女の子とレルヒさん(黄色い人)の身長差がすごいですね。&nbs...
  • 天皇賞(秋)
                                                (写真はサンケイスポーツより) いや、いい画でした。天覧競争ですから日本人騎手に勝ってほしいなとレース前は思ってましたけど、デムーロ騎手の敬礼を見たらこれでよかったんだなと納得。厳密にいうと騎手は馬場内で勝手に下馬しちゃいけないらしいんですが(笑)、これをとがめたら不粋すぎるというものでしょう。一昨年のダー...
  • ノエル ―a story of stories― (道尾秀介)/新潮社
     物語をつくってごらん。きっと、自分の望む世界が開けるから――http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gif理不尽な暴力を躱すために、絵本作りを始めた中学生の男女。妹の誕生と祖母の病で不安に陥り、絵本に救いをもとめる少女。最愛の妻を亡くし、生き甲斐を見失った老境の元教師。それぞれの切ない人生を「物語」が変えていく‥‥‥どうしようもない現実に舞い降りた、奇跡のようなチェーン・ストーリー。(出版社HP...
  • 「ミッドナイト・イン・パリ」
     あらすじ: ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。ギルはハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。彼の憧れは作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代のパリ。ところが思いがけずギルはその“黄金時代”のパリにタイムスリップしてしまう――(YAHOO!映画より) 監督・脚本...
  • 光圀伝 (冲方丁)/角川書店
     なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか――。老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。血気盛んな“傾奇者”として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す――。(Amazon内容紹介より...
  • ばれた。
    いきものがかりのライブのあと、ご近所の居食家「あたらよ」で夕ご飯。遅めの時間ということもあり、店内は貸切状態でした。席に座って、さて注文というところで店主さんから「ブログやってますよね」と。ばばば、ばれてる!(笑)たしかにお店で写真も撮ってるし、店名で検索したらこのブログが出てきても不思議はないですけど、なぜ私がそのブログをやっているとわかりました?「注文している内容でだいたいわかりました」ひえー...
  • いきものがかり の みなさんこんにつあー!!2012~NEWTRAL~
      21日(日)、朱鷺メッセで行われたいきものがかりのライブにいってきました。約8千人の客席はもちろん満員。17時の定刻より7分後、いよいよライブがスタートします。オープニングはNHKのロンドンオリンピック放送のテーマ曲として使われた「風が吹いている」。勝手な想像で、シンプルなバンド編成を予想してましたが、ストリングス隊などを含む10人以上の編成にまずびっくり。照明やスクリーンに映る映像も予...
  • 菊花賞
                                                   (写真はスポーツナビより) 何年かぶりの皐月賞馬とダービー馬の対決が、ディーププリランテの回避によって実現せず、圧倒的1番人気になったゴールドシップが評判どおり勝てるかどうかが心配でしたが、終わってみればゴールドシップの強さだけが目立つレースでした。ステイヤーらしいスタミナを活かしたレースぶり、内...
  • 引っ越し日和。
    秋晴れの引っ越し日和。妹夫婦が新居を完成させ、今日はお引越しの手伝いをしに行きました。    こちらが新居。大きい荷物だけを引っ越し業者にお願いし、それ以外のものは自分たちで運ぶやり方です。    新居は太陽光発電あり、ペレットストーブありのこだわりの住宅。床もノエルが駆けやすい材質だったりします、実は。    比較的スムーズにいったものの、洗濯機だ...
  • 秋の個人的スイーツ祭り
      あちこちに飾られたハロウィンの飾りを見ているうち、「なんだかカボチャが食べたいな」と思い、スターバックスにて購入したパンプキンタルト。このところのハロウィンの定着ぶり、カボチャ農家の安泰に私もささやかに貢献。      ひさしぶりにコンビニで見かけて購入したロールちゃん。今回の季節限定は「2色のおいも」。ふつうのさつまいもと、紫いものクリームが1本で味わえてお得...
  • 禁断の魔術 ガリレオ8 (東野圭吾)/文藝春秋
      湯川の手にはレールガンの制御装置、標的はある男に狙いを定めていた。「早くしろ。今、代議士の頭部は照準内だ。合図するなら今だっ」草薙と内海が見守る中、果たして湯川は殺人犯になってしまうのか――(第4章『猛射つ』)シリーズ初の完全書き下ろしとなる短編集。 東野さんが「ガリレオシリーズの短編集は(現時点では)これが最後」と銘打った本作。『透視す』『曲球る』『念波る』『猛射つ』の4編からなり...
  • 秋華賞
                                                (写真はsportsnavi.comより) 大本命のジェンティルドンナが勝ったとはいえ、実におもしろいレースでした。入場の時に岩田騎手が振り落とされ、ちょっと不穏なムードを漂わし(笑)、スタートすると、桜花賞、オークスとジェンティルドンナの2着に敗れ雪辱を期すヴィルシーナと内田騎手が果敢に先頭へ。この流...
  • ランダム(光)写真館
     「こもれび」    「籠の中」      「来客」    「影もお散歩」...
  • 散歩日和
    月曜日は体育の日。すずしくなってきたし、ひさしぶりにお散歩に出かけました。    てくてくと川沿いの道を歩きます。目的地はこちら。    水と土の芸術祭2012の作品、『浴火鳳凰』、作者は王文志さんです。中に入るとこんな感じ。    この中にいると、日差しがやわらぎ、川からの風がバンブーハウスの中を通り過ぎていきます。お布団敷いて寝たいぐらい(笑)居...
  • 凱旋門賞
                                                  (画像はnetkeiba.comより) 惜しい!惜しすぎますよオルフェーヴル。前哨戦を快勝、強力なライバルたちが戦線を離脱していく中、自身は万全の状態でレースの臨むことができて、レース展開も理想的で、残り300mから抜け出したときは「やはり歴史を変えるのはこの馬だったか!」と勝利を確信しましたよ。それが...
  • 真相 (横山秀夫)/双葉社
      息子を殺した犯人の自供から、男が知らなかった息子の別の顔が現れて――「真相」確勝と思われた村長選に異変。男にはどうしても勝たなければならない理由があった――「18番ホール」リストラされた男が眠れぬ夜に見た光景の真の意味は――「不眠」大学空手部の合宿で友人が死んだのは本当に事故だったのか――「花輪の海」償っても消えない過去の罪に囚われた男に、思いがけない救いの手が差し伸べられるが――「他人の家」事...
  • あほうな怪談
    後輩と残業してたときのこと。仕事が終わった後輩に「先に帰っていいよ」というと、「ひとりでだいじょうぶですか?」と真顔の後輩。「だいじょうぶってなにが?」「この会社、出るらしいですよ」「は?」「だから、見えないものが出るらしいです」「ああ、そっち系か。私は見えないものは見えない人だからだいじょうぶ」「でも見えちゃうこともあるかも」そりゃ見えたら怖いけど(笑)。「私なんか、この間ひとりで残業してたんで...
  • オタクの息子に悩んでいます (岡田斗司夫TREEex)/幻冬舎新書
      父親が大嫌い、Twitterで悪口を書かれた、女優と結婚したい‥‥‥こうした悩みを打ち明けられたとき、どんなアドバイスができるか。朝日新聞beの人気連載「悩みのるつぼ」で、誰よりも相談者の気持ちに寄り添い、「役立つ回答」を編み出し、読者や相談者本人から絶大な信頼を誇る著者が、「回答」に辿り着くまでの思考経路を一挙に公開。人生相談と本気で格闘することで、問題解決のための分析力、思考力が身につく、画期...
  • 忘れがちなこと。
    自分へのメモとして。    フレッシュネスバーガーの自家製ジンジャーは、辛口。(いつもつい甘いジンジャーエールをイメージして、吹き出しそうになる。)    ぴあの抽選で当たったのはサークルKの商品券であってクオカードではない。(使用期限は11月末まで!)...
  • 万年‥‥
      先日、ふっと万年筆が欲しくなって文房具屋へ。そこでこのプレッピーという商品を見つけました。お値段は200円と、万年筆にしては激安♪肝心の書き味といえば――これが意外といいんです。速記にはむかないですけど、インクが出てくるのにあわせて書くことになるので、結果的に丁寧な字にもなるのもお気に入り。もちろんカートリッジを変えれば何回でも使えますが、これを使い切ったら、次は千円くらいの、その次は3...
  • 取り壊し中のビル
    車でマンションの取り壊しの現場を通りがかったんですが、何だかフォトジェニックで気になり、思わず停車。そのまま撮影タイムになりました。          建物の色がいいのか、壊され方がちょうどいいのか、台風接近中の不穏な空模様がいいのか、なんだかわからないのですけど、なんだかいいんです(笑)。伝わるかなーこれ?こういう解体作業も、逆に建築中の現場も、たぶんその...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ