• 京都行 ⑥ ~伏見稲荷大社
    京都2日目でまず訪れたのが伏見稲荷大社。    到着は朝の7時半で、さすがに参拝客はまばら。ここの千本鳥居はまだ見たことがなかったので、実物を見るのが楽しみでした。                        お稲荷さんにお出迎えされて、まずは本殿にお参り。    ちょ...
  • 京都行 ⑤ ~京都駅周辺
      清水寺から電車に乗って夜の京都駅へ。こちらもなかなかフォトジェニックな場所でした。    10階にある空中経路。無料開放されていて京都の夜景が見られるとあって、若いカップルがちらほら。    京都駅から見た京都タワー。リニューアル工事のため今回は中に入れませんでした。タワー好きとしてはいつか表敬訪問してみたい場所です。まあ、10階の空中経路から見下ろせる...
  • 京都行 ④ ~清水寺
    今回の旅行で一番テンションが上がったのが清水寺のライトアップでした。    桜と紅葉の時期だけの夜間特別拝観ということで、20時でもこの人出。    月を背景にライトアップされた三重塔。ここだけでもう何枚写真を撮ったことか(笑)。      清水の舞台に上ったのも修学旅行以来でしたが、こんなきれいな夜景が見える場所とは知りませんでした。せっか...
  • 京都行 ③ ~祇園
      南禅寺を出て祇園に到着したのが18時ごろ。まずは八坂神社にお参り。    だんだんと日が沈んできましたが、たくさんの人出でした。    だいぶ歩き疲れたこともあって、このへんで一服しようと「浜作」というお店に入りました。    せっかく京都に来たので、一杯千円のコーヒーぜんざいをオーダー。    観光地価格ではありますが(...
  • 京都行 ② ~哲学の道、南禅寺
      銀閣寺をお参りしたあとは、哲学の道を散策。脇に並んでいるお土産屋さんやカフェがいちいち素敵で、何度も吸い込まれそうになりました(笑)。    桜は総じてまだつぼみでしたが、日当たりのいいところの木は開花している状態。満開の頃はさぞ美しい光景になるのだろうなぁと思いました。                &nbs...
  • 京都行 ① ~金閣寺、銀閣寺
    3月23日、24日と京都に行ってきました。    京都に来るのは修学旅行以来ですからもう○十年ぶり。そのときのことはぜんぜん覚えていないので(^^;、思いっきりベタな観光地を巡ることにしました。まずは市バスを利用して金閣寺へ向かいます。    ザ・京都という感じ(笑)。桜の季節でも修学旅行の季節でもありませんが、たくさんの観光客でした。    池の鯉...
  • 高松宮記念
                                                 (写真はMSN産経ニュースより) 昨年、香港の国際GIを勝ったことで、世界の短距離王となったロードカナロア。単勝馬券の倍率が1・3という圧倒的な支持率で、岩田騎手もプレッシャーを感じていたとのことですが、逃げ込みをはかるハクサンムーンをとらえ、追い込んできたドリームバレンチノを押さえこむ走りっぷりはまさに...
  • マダムブリュレ
      昨日、妹が誕生日を迎えました。母が「マダムシンコのバウムクーヘンが手に入ったから、これを誕生日プレゼントにしよう」というので妹宅へ。ちなみに、不勉強なことで私も妹も「だれそれ?」というリアクションでした(^^;    えらくインパクトのある豹柄のパッケージ(笑)。    はじめてお目にかかります、マダムブリュレ。ちょっと硬めの食感で、なかなかのカラメル感...
  • 新潟名物が
      新潟ソウルフードのひとつ、ポッポ焼き風の黒糖蒸しパンなるものがコンビニで販売されていて、思わず購入。封を切った瞬間に広がるポッポ焼きの香り。味も食感もかなりオリジナルに近い感じでした。大して期待してなかったけどおいしかったです。    新潟のシンボルのひとつ、レインボータワーがまっ白になっていてびっくり。新潟に何十年も生活しているけど、こういう状態のタワーを見たのははじ...
  • リカーシブル (米澤穂信)/新潮社
      この町はどこかおかしい 父が失踪し、母の故郷に引越してきたハルカとサトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る。血の繋がらない姉弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて地方都市のミステリーに迫る。 (Amazon内容紹介より抜粋) 米澤さんらしいほろ苦の作品ですが、後味が悪くなかったのは主人公の性格設定のおかげでしょう。家族を捨てた...
  • アートサイト岩室温泉2013 (後編)
                                         (「回遊」 大野明世/松屋) 宿の一室を海に変えた作品。なかなかインパクトありました。    会場となった宿の中で一番気に入ったのは「高島屋」さん。明治天皇がお休みになったという由緒ある建物は、国登録有形文化財の指定済み。    将棋の棋聖戦の会場にもなっている場所で、いつか泊まってみ...
  • アートサイト岩室温泉2013 (前編)
    岩室温泉で開催されている「アートサイト岩室温泉2013」に行ってきました。私ははじめてだったのですが、岩室温泉の旅館に武蔵野美術大学学生の卒業・終了制作作品が展示されるというイベントで、2年に1回開催されている芸術祭なのだそうです。今回はちょうど10年目で、岩室も開湯300年という記念開催。たまたまですが、いいタイミングで見に来ることができました。                   ...
  • 私と踊って (恩田陸)/新潮社
      この世の終わりに踊る時も、きっと私を見ていてね。http://www.shinchosha.co.jp/common/images/_.gifダンサーの幸福は、踊れること。ダンサーの不幸は、いつか踊れなくなること――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフに、舞台を見る者と見られる者の抜き差しならない関係をロマンティックに描いた表題作をはじめ、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、物語に愛された作家の脳内を映しだす全十九編の万...
  • ホワイトだけに
    今年のホワイトデーのお返しも、昨年に引き続きルタオさんのお取り寄せを利用。エンジェル・ベアというホワイトチョコレートにしました。エンジェルというだけあって翼が生えているのが見えますでしょうか?(いまいちな画像ですが)一応好評で、今年もどうやら義理を欠かさずに済んだようです(笑)。...
  • 今日も夕景
    今日もなかなかの眺望でした。    残念ながら、ちょっとピントが甘いですけど(苦笑)。    こちらは2週間くらい前に撮影した空写真。    この時はまだ寒かったですけど、今夜は「歩いて帰ろうかな」と思うぐらいの気候でした。春が待ち遠しい今日この頃です。...
  • 昨日と今日
    昨日は亡くなったおばさんの法事でした。朝から天候が悪く、お寺でお経をあげてもらっているときに雷鳴が聞こえて、「こりゃあ納骨たいへんだ」と思ったのですが、外に出るタイミングでちょうど雨があがり、お斎の会場に向かうころには快晴になりました。出席者は少なかったですが、口の達者な方たちばかりで、仕出し屋さんの料理がお口にあわなかったらしく、「デイサービスのごはんの方がおいしい!」なんていったりして。にぎや...
  • ロール、ロール、ロール!
    全部ロールケーキの話なんですけどね(笑)。    堂島プリンスロール。たっぷりのボリュームなのに少しももたれない感じと生ショコラの味わいが絶妙でした。    抹茶の堂島ロール。抹茶と小豆の組み合わせは鉄板だと思いますが、なぜか母には不評でした(^^;    当ブログでおなじみロールちゃん、いちご味(期間限定)。その(期間限定)に弱いんだよな(笑)。&n...
  • 日本と世界
     以前「従妹ベット」や「嵐が丘」など、世界の名作を借りた同僚文庫が、部屋の整理に伴い廃棄されるとのこと。「捨てるんだったら読ませてもらおうかな」といったら、どっさり持って来てくれました。‥‥‥どれぐらいで読み終わるんだろ、これ?(^^;)ちなみに高さは1m強です(笑)。...
  • 空耳の森 (七河迦南)/東京創元社
      まだ早い春の日、思い出の山を登るひと組の男女。だが女は途中で足を挫き、つかの間別行動をとった男を突然の吹雪が襲う。そして、山小屋でひとり動けない女に忍び寄る黒い影――(「冷たいホットライン」)『アルバトロスは羽ばたかない』で一躍注目を浴びた鮎川哲也賞受賞作家の本領発揮。一編一編に凝らされた職人的技巧に感嘆すること間違いなしの、バラエティに富んだ九編を収録。 (Amazon内容紹介より抜粋...
  • シロとカモと3代目
     Q:これはなんでしょう?                   A:カモの背中でした。簡単でしたね。 先週末、阿賀野市に行くことがあり、ついでに瓢湖で恒例の?白鳥見物をしてきました。    フレームいっぱいの白鳥どん。    カモどん。     3代目白鳥おじさんもは...
  • 「横道世之介」
      あらすじ:長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。嫌味のない図々しさ、頼み事を断れない人の良さ、底が浅いのか深いのか測りかねる言動が人を惹きつける。お嬢様育ちのガールフレンド、与謝野祥子(吉高由里子)。学生結婚をして退学する倉持(池松壮亮)。ゲイであることを隠して生きる加藤(綾野剛)。パーティーガールの年上の女性、千春(伊藤歩)。世之介に関...
  • 季節外れの怪談の夜
    3月1日、LIVE SPACE「The PLANET」にて行われたダイノジ大谷さんの怪談イベント「ダイノジ大谷の怖い噺」(そのまんまw)を見に行きました。客入りはちょうど1か月前のトークショーとさほど変わらない15人。ですが、実は立ち見も出る大入りだったらしいです、私にはぜんぜん見えませんでしたが(笑)。 ライブスタートは19時10分。まずは大谷さんがひとりで登場して短めの怪談話を披露。(同じ...
  • ポイントカード
       先週末は友人とおなじみ居食家あたらよさんへ。今回の狙いはたまったポイントカードを消費すること(2千円引き!)。上のメニューはタコ新玉生ワカメサラダ。飲み物は柿酒。口当たりはまろやか、味はだいぶ深化しておりました。    こちらは真だら白子ときのこのホイル蒸し(うまかった!)。友人が買ったばかりのビデオカメラを持ってきてくれて、愛娘のできたて動画を見せてくれました。...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ