• 次週の予告
    7月1日からは福島一人旅の模様をお送りします(笑)。ただいま、いわきの居酒屋で晩ご飯中(笑)。...
  •  本日誕生日のこの方。御年5歳になったそうです。もう立派な成犬ですけど、いつ見てもこどもみたいでチャーミングでございます。 ...
  • 59
      先日、59回目の献血に行ってきました。平日だったこともあって献血ルームに来ていたのは3人くらい。まちがいなく職員さんの方が多かったです(^^;この日の記念品はタオルとティッシュボックス。「JAPAN premium 小桜」というだけあって、箱には桜の模様がデザインされています。(写真では全く見えませんけど・苦笑)。次回はいよいよ献血還暦、楽しみです(笑)。...
  • ピッツェランテ ラ・ナンシ アネサメゴイ
    上のタイトルを見て、「なんの呪文?」と思われた方もいらっしゃると思いますが(^^;、新潟駅の西館にできたホテルメッツ併設のイタリア料理店の名前です。(意味するところはわかりません・笑)    中はこんな感じ。このときは11時30分ぐらいでまだ空席がありましたが、その後一気に満席に。いいタイミングで入店できました。    オーダーは「野菜たっぷりパスタ」。カボチャの存...
  • 宝塚記念
                                              (写真はMSN産経ニュースより) 昨年の年度代表馬のジェンティルドンナ、二冠馬で有馬記念を制したゴールドシップ、天皇賞馬のフェノーメノという4歳三強が勢ぞろいした今年の宝塚記念。天皇賞で5着と敗退したことが不安視されていたゴールドシップでしたが、あのレースはなんだったんだろう?と思うぐらいの快勝。それにして...
  • 笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大洋物語 (常松裕明)/幻冬舎
      ただお笑いのために走り続けた35年間。ミスター吉本との出会い、嵐のような漫才ブーム、ダウンタウンとの日々、怪文書と社内抗争、マスコミを騒がせたお家騒動と脅迫事件、亡き母への想い、そして盟友・島田紳助氏の引退‥‥‥。激動の歳月を思いっきり包み隠さず描く、爆笑と感動の快作一代記!(Amazon内容紹介より抜粋) ダウンタウンのお笑いにどっぷりつかった世代として、初代マネージャーとも育ての親とも...
  • 「カラスの親指」
      あらすじ:悲しい過去を背負いサギ師になったタケ(阿部寛)と、相棒のテツ(村上ショージ)。2人はひょんなことからスリ師の少女まひろ(能年玲奈)と知り合う。住むところがないまひろは姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏の貫太郎(小柳友)とともにタケたちの家に強引に転がり込む。こうして5人の擬似家族のような生活が始まるが、タケが過去に起こしたある事件が、彼らを人生を賭けた一世一代の大勝負へ導こう...
  • 6.17
    たまにやる振り返り記事です。 2012年6月17日(日) 雨のちくもり 免許を更新してゴールドになりました。(もちろん今でも無違反です。)ご祝儀で?SDカードも入会しました。(いろいろなサービスが受けられるのですが、いまだに使ってません(^^;)行ってみたかったお店に行ったら定休日でがっかりしました。(1年後もいまだに行けてません・苦笑) 2011年6月17日(金) 晴れ この年新潟...
  • 忘れられたワルツ (絲山秋子)/新潮社
           実家にひとり暮らしの女性が、ひさしぶりに会ったデンマーク帰りの同級生にときめくが。(「恋愛雑用論」)地震計を見つめる旧友と過ごす、海辺の静かな一夜。(「強震モニタ走馬燈」)豪雪のハイウェイで出会った、オーロラを運ぶ女。(「葬式とオーロラ」)空に音符を投げる預言者が奏でる、未来のメロディー。(「ニイタカヤマノボレ」)120年に1度しか咲かない竹の花が咲いたと...
  • 友人と飲み
    本日はひさしぶりに友人と飲み。いつものあたらよさんで、の予定が、予約の電話1本の手間を惜しんだため入れず(--;しかたなく駅前に繰り出し、何軒かめぐりにめぐってやっとたどり着いたお店が「越たんたん」というところ。もちろんはじめて利用するお店でした。    めずらしい角部屋形式で、「せまくてすみません」と店員さんに恐縮されましたが、まったく問題なし。    お通しが地...
  • 創作落語「天然」
    熊「(どんどんどん)ごめんください。兄貴、いますか?」兄「なんだい、だれかと思ったら熊じゃないか。まあお入り。おまえ、新しいバイト先決まったんだっけな。どんな調子だ?」熊「それが聞いてください。俺、若い奴らから“天然”ていわれるんですよ。人のことをウナギやカキみたいに呼びやがって。‥‥‥ところで、あれ、どういう意味なんですかね?」兄「なんだ、おまえ“天然”の意味がわからないのに怒ってたのか? そういうと...
  • 「きっと、うまくいく」
      あらすじ: 行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されて...
  • 聖なる怠け者の冒険 (森見登美彦)/朝日新聞出版
      「何もしない、動かない」ことをモットーとする社会人2年目の小和田君。ある朝目覚めると小学校の校庭に縛られていて、隣には狸の仮面をかぶった「ぽんぽこ仮面」なる怪人がいる。しかも、そのぽんぽこ仮面から「跡を継げ」と言われるのだが‥‥‥ここから小和田君の果てしなく長く、奇想天外な一日がはじまる。朝日新聞夕刊連載を全面改稿、森見登美彦作家生活10年目にして、3年ぶりの長篇小説。(出版社HPより抜...
  • 「グランド・マスター」
                                                   (画像はYAHOO!映画より) あらすじ:1936年、詠春拳の達人イップ・マン(トニー・レオン)のもとを、武術界の重鎮ゴン・パオセン(ワン・チンシアン)が訪れ、自身の中国南部での引退試合の相手を務めてほしい旨を伝える。申し出を承諾し、見事勝利するイップ・マンだったが、パオセンの娘で八卦掌の後継者であるル...
  • サッカー日本代表ワールドカップ出場決定!
                                                    (MSN産経ニュースより)  引き分けでもワールドカップ出場が決まるという、かなり低い設定のハードル。「えてしてこういうときに苦戦するもんだよなぁ」というろくでもない予感どおりに、オーストラリアの先制ゴールがネットに突き刺さったときには頭を抱えましたけれども、ロスタイムの本田のPK成功には自然...
  • 蔵王みやげ
    週末に蔵王に行っていた妹&いとこ。駅まで迎えに行ったお礼、というわけでもないですが、蔵王のおみやげをいただきました。    こちらは妹プレゼンツの黒ごまゆべし。黒ごまの香ばしさがゆべしとマッチしてまちがいないです。蔵王感があるかどうかはわかりませんが(^^;    こちらはいとこプレゼンツのドーナツ型クランチのショコロン。見た目がかわいくて、チョコとストロベリーのふ...
  • 安田記念
                                                      (画像はスポーツナビより) スプリント戦で絶対の強さを誇るロードカナロアが、マイルのレースで対応できるのかが最大の注目点だった今年の安田記念。さすが昨年の最優秀短距離馬、1番人気に応えて堂々勝ちました。スプリント戦ほどの圧倒的な強さは見られませんでしたが、正攻法のレースぶりはまさに横綱相撲。...
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (本多孝好)/集英社
      常人とはかけ離れた能力を持つ昴、沙耶、隆二、良介の4人は、仲間の亘を人質にとられ、政治家・渡瀬のために裏の仕事をしていた。世間を賑わす殺人集団アゲハを捕まえろと命令を受けるが、攻防の中、彼らが同じプロジェクトの別ラインの能力者であることを知る。渡瀬を狙うアゲハ。恐るべき計画を始動させ、不要になった昴の命を狙う渡瀬。そして亘を取り戻すために、陸自の演習場に向かう昴。いま、最後の熾烈な戦い...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ