• ランチのアッコちゃん (袖木麻子)/双葉社
    屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。 (Amazon内相紹介より抜粋) 本文の中で「『食堂かた...
  • 送別会
    震災の年、仙台店に配属予定だった新卒の子を新潟店で預かることになって、それから2年と8ヵ月。いろいろ失敗もやらかしてくれましたが(笑)、実績が認められ、12月から本社に異動することになりました。ちっちゃいのにガッツがあって、いつも人のために頑張っている子だったので、新天地でもきっと活躍してくれるはずです。本日は送別会。寂しくはありますが、ある意味晴れがましい思いで、送り出しました。...
  • 1
    人生ではじめて1円の領収書を切りました(笑)。...
  • ランダム(夕景)写真館
    「川と街と山と」   「間接照明」 「暮れ残るみなとタワー」...
  • iP2700
    10年以上前に買ったパソコンのプリンター。故障しないのでずーっと使っていたのですが、とうとうメーカーのサポートが終わり、パソコンとつなげなくなってしまいました。(まだ動くのにもったいないことです)ネット中心の利用とはいえ、ないとどうしても不便なことがあり、意を決して(安い)プリンターを購入することに。たまったビッグカメラのポイントを一気に消費して買ったのがこちら。    キャノンの...
  • ジャパンカップ
                                     (写真はMSN産経ニュースより) ジェンティルドンナ、すばらしい勝利でした。かつてどんな名馬でも為し得なかった史上初の同レース連覇。今年まだ勝ち星がなかっただけに、今回も惜敗するような流れかと思いましたが、とんでもない。2着との差こそわずかでしたが、強力なライバルを倒しての見事なレースでした。こうなれば有馬記念でここにいなか...
  • 小林賢太郎演劇作品「振り子とチーズケーキ」
    妹と長岡に出かけたのは、リリックホールで行われたこの舞台を見るためでした。   小林賢太郎演劇作品「振り子とチーズケーキ」 脚本・演出:小林賢太郎出演:竹井亮介、小林賢太郎声の出演 森屋さちよ音楽 徳澤青弦あらすじ:ある年の瀬、家と職場の図書館を振り子のように往復するだけの男が、偶然1冊の日記帳を拾ってしまう。好奇心に負けた男は「持ち主を探すため」と日記帳を読む。そこには1人の女性...
  • アオーレとバターフィールド
    先日、妹と長岡へ行ってきました。行ったついでに、少しだけ長岡探索をすることにして、ふたりとも行ったことのないアオーレへ。 建物内の市役所部分は、オープンスタイルのオフィスで、こんなきれいなところで働けたら気持ちいいけど、常に外部から見られているから緊張感あるだろうなぁと(^^;。   建物外部の“中土間”部分は、開放的でなかなかおもしろいスペースでした。気温6度くらいの中、学生さんた...
  • 疾風ロンド (東野圭吾)/実業之日本社文庫
      強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え――そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が次々と彼らを襲う。ラスト1項まで気が抜けない娯楽改作。(背表紙より抜粋) 東野圭吾さんの最新作。「いきなり文庫」で発...
  • 100
                                       (写真はMSN産経ニュースより) 今日のGⅠレース、マイルチャンピオンシップをトーセンラーで制した武豊騎手。これで中央競馬のGⅠを68勝、地方競馬を25勝、海外で7勝し、合計100勝を達成。昔よりGⅠレースの数が増えているとはいえ、前人未到のとてつもない記録です。中央競馬に関していえば、あと1レース、2歳...
  • まほろ駅前狂想曲 (三浦しをん)/文藝春秋
      まほろ駅前で便利屋稼業を営む多田と行天。いつもと変わらぬ新年を迎えたふたりだったが、その年は何かがちがっていた。バスの間引き運行を疑う顧客の岡は何やら不穏なことを企み、街には無農薬野菜を販売するどこか胡散臭い団体が現れ、その上、多田は行天の4歳の娘、はるを預かることになってしまう。そして多田と行天の同居生活にも大きな変化が―― 『まほろ』シリーズの第三弾。前の2冊とちがって連作短編で...
  • ランダム(of)写真館
      「march of bulb」 「ripple of green」  「bless of dreem」 ...
  • 「清須会議」
                                                (画像はYAHOO!映画より) あらすじ:本能寺の変後、織田家の跡取りを決めるための会議が清須城で行われる。筆頭家老の柴田勝家(役所広司)は丹羽長秀(小日向文世)と組み、三男・信孝(坂東巳之助)を、謀反人・明智を討った羽柴秀吉(大泉洋)は次男・信雄(妻夫木聡)をそれぞれ後継に推す。両者は会議の主導権を握るべ...
  • 胎内市そばまつり
    昨日の落語会の会場のメディアシップでこのチラシを見つけ、行ってみることにしました。天候はあいにくの雨。まあ台風でもなし、あまり気にしていなかったのですが……。わが目を疑う「雨天中止」の文字。まいったなぁと頭を抱えましたが、よくよく見れば通常営業はしているので、お昼を食べていくことに。雨にも中止にも関わらず、たくさんのお客さんが続々来店。ざるそばと、胎内いなりをオーダー。新そばらしい風味としっかりした...
  • めでぃあしっぷ寄席 柳家三三 独演会
      落語の秋キャンペーンの第4弾。本日は柳家三三(さんざ、と読みます)師匠の独演会に参戦しました。三三師匠は落語好きの友人一押しの若手噺家。実は今年3度目の来県でしたが、過去の2度は平日の開演で行けそうもなく泣く泣く断念。3度目にしてやっと見にることができました。先日行った立川志の輔師匠や笑福亭鶴瓶師匠に比べれば知名度はありませんが、知る人ぞ知るというやつで、会場は満員。会議室みたいなホー...
  • 気に入った
    CMで見て気になっていたホット炭酸。コンビニで見かけて早速購入。缶が薄くてめっさ熱いのには閉口しましたが、味はいい感じ。もともとジンジャーエールが好きだからかもしれませんが、炭酸も違和感なし。病気のときに飲みたいかも?弥彦に行った母のおみやげ、白パンダ焼き。枝豆の餡なので、味は限りなくずんだもちに近い(笑)。これも前々から気になっていたのですが、やっと食べられました。Pentatonix Medley daft punk ...
  • 近場で紅葉狩り
      落語会のついでに、りゅーとぴあ会場周辺をぶらりお散歩。    いつのまにかだいぶ落葉してましたが、濡れた木々もそれなりに趣がありました。    少し足を延ばして、白山公園の燕喜館で行われていた「越の花飾り」というイベントものぞいてみることに。    新潟の秋の花きをPRする主旨の催し物とのこと。       &n...
  • ゆうちょ 笑福亭鶴瓶落語会
      落語の秋キャンペーン第3弾で、りゅーとぴあで行われた「ゆうちょ 笑福亭鶴瓶落語会」に行ってきました。鶴瓶師匠の落語を聞くのはこれがはじめて。13時開演で、てっきり鶴瓶師匠のお弟子さんが前座をするのかと思ったら、いきなり私服姿の師匠が舞台に登場して30分ほどフリートーク。先日のいいともの終了発表の舞台裏やら、ほんのチョイ役で登場したドラマがまさかの大ヒットになって「よし、これはいける!」...
  • 鏡の花 (道尾秀介)/集英社
      少年が抱える切ない空想、曼珠沙華が語る夫の過去、老夫婦に届いた絵葉書の謎、少女が見る奇妙なサソリの夢、姉弟の哀しみを知る月の兎、製鏡所の娘が願う亡き人との再会――。切り離された六つの世界たちが、一つの光へ。まだ誰も見たことのない群像劇。(本帯より抜粋) 6編からなる連作集です。最初どういう構成なのか理解できなかったのですけど、要するにパラレルワールドのお話。ある世界ではこの人は生きて...
  • 桃缶
    しばらく前に友人が「ネクターが好きだ。特に具合の悪い時は飲みたくなる」といってて、「風邪ひいたときの桃缶みたいなものか」と思ったんですが。 先日コンビニで見かけて、ひさしぶりに飲んでみることにしました。たぶん○十年ぶりだと思うんですけど、もっと濃厚で喉が渇くような飲み物というイメージがあったのですが、今回飲んでみると案外さっぱりしてて、ふつうにおいしかったです(笑)。しかし上に書いた「風邪ひい...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ