• 殺し文句
    日曜日の映画鑑賞の帰り、通りがかった「粋や」さんの前に「新そば」の文字!お蕎麦屋さんの店先にこの殺し文句を見ると、そば好きはふらふらとお店に入ってしまいます(笑)。注文したのは、10月限定の秋の天そばセット。銀杏、マイタケ、さつまいもなど、見た目も秋らしい天ぷらつき。新そばの風味と、秋の味覚を存分に楽しめました。帰る前にセブンイレブンのくじを引いたところ、「お!スーパードライ当たった!」…と思った...
  • 「ブレードランナー2049」
                                               (画像はYAHOO!映画より)あらすじ:電磁パルス攻撃による“大停電”で、すべての電子情報が失われた未来。攻撃を主導した旧型のレプリカント(人造人間)たちが“人間”として暮らす一方、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)によって作られた人間に従順な新型のレプリカントたちは、人間に代わって苦役につき、中には旧型のレプリカ...
  • 首の皮1枚
                                                       (写真はゲキサカより)前節のジュビロ戦の引き分けで、いよいよ残り全試合勝つしかJ1残留の可能性がなくなったアルビレックス。今日は鳥栖戦。どうなることかと出先で試合経過をチェックしていましたが、小泉選手のゴールで見事5か月ぶりのホームゲームでの勝利をあげました。それでも上位の結果で降格が決まる可能性...
  • 千日前
    「2017年10月28日は東京五輪開会式のちょうど1000日前。つまり、この日から何かを毎日続ければ開会式には1000日目になります。比叡山の千日回峰行とまではいきませんが、何かを成すには良い期間ですね。」…というツイートを見まして、なるほどなぁと思いました。千日続いていることって何かあるかなぁと考えると…某ソーシャルゲームはちょうど千日くらいやっているかもしれません(笑)。できたらブログ千日更新してみたいですけど...
  • 革命のファンファーレ (西野亮廣)/幻冬舎
    読書の日に取り上げるのは、芸人にして絵本作家でもある西野さんが書かれた本書。なかなか刺激を受ける内容でした。一番おもしろかったのが、絵本『えんとつ町のプペル』を31万部売った手法の解説。西野さんは本の内容をネットに無料で公開して、クリエイターから非難を浴びましたが、それらへの反論として、「どの親も、こどもに何度も読み聞かせる絵本は慎重に選びたい。だから本屋で最後まで読んでから買う。ネタバレがあたり...
  • ランダム写真館
    「静かな夜」「ハリノケモノ」「Home」...
  • 辛甘
    週末、軍艦島に観光に行ってた同僚、無事帰ってきました。うまいこと台風のタイミングが外れてくれたようで、運が強いとしかいいようがありません(笑)。おみやげは明太子煎餅、略して「めんべい」。そんなに辛くなくて、ちょっと物足りなかったかな?(^^;こちらは母が社販で買ってきたマダムシンコの安納芋バーム。ねっとり甘い芋味のソースが上に乗っていて、見た感じもシャレオツ。どちらもおいしくいただきました♪...
  • 台風(とりあえず)一過
    今日は全国的に台風の1日。「超巨大で非常に勢力の強い」と聞いていたので、どうなることやらと思っていましたが、地元に関しては予想していたほど雨も風も強くならず、ほっとしました。農業をやっているお年寄りの方が、「稲刈りも終わったし梨ももぎ終わったし、この台風はいい台風だ」とおっしゃっていたのが印象的。とはいえ、くもりや雨の日が続いて鬱陶しかったので、せめて晴れの日にとった写真を貼っておきます(笑)。ピ...
  • 謎かけ
    ちょっと前のお天気番組で、「もみじといえば」で謎かけを募集していましたので、挑戦してみました。SOLiVE24 (SOLiVE ナイト) 2017-10-18 00:24:31~13:40~の登場。「もみじとかけまして、かるたととく。そのこころは“いろは”がメジャーでしょう」評価は「うまい!」でした。よかった(笑)。...
  • 台風支度(?)
    超大型で非常に強い勢力といわれる台風21号が近づいてきてますね。会社の同僚はこの週末に軍艦島を見に行ったのですが、果たして帰ってこられるのでしょうか…?(汗)ポジティブなネタがないせいか、「台風コロッケ」のニュースを朝からいろんなところで聞きまして、もう食べなきゃ気が済まなくなったのでオヤツに購入(笑)。デイリーヤマザキのコロッケパン。リーズナブルでお気に入り。明日は投票と映画に行きたいのですが、...
  • ブラタモリ ⑨ 平泉 新潟 佐渡 広島 宮島 (監修:NHK「ブラタモリ」制作班)/角川書店
    いわずとしれたNHKの人気番組「ブラタモリ」の書籍版。現在、新潟の本屋では、新潟と佐渡を扱った9巻がどこでも平積み状態。新潟の人は、全国放送で新潟が取り上げられるのが大好きですから(笑)、この人気も頷けます。個人的には、平泉は家族旅行で、広島は修学旅行、宮島は一昨年のひとり旅と、訪れたことのある場所ばかりだったので1冊まるごと楽しめる内容でした。近江アナウンサーや、番組のスタッフによる撮影時のエピ...
  • 術後のガジュマル
    先日、妹に剪定してもらったガジュマル。なるべく水分を減らし、なるべく日光にあてるようにしましたが…目に見える変化はあまりなし。最近やたら寒いので、その影響もあるかもしれません。挿し木用に分離した枝からは、白い根がにょきにょきと力強く生えてきました。思惑通り生長して、新しい芽となってくれるのが待ち遠しいです。...
  • メロディロード
    仕事で阿賀町へ行った帰り道、高速道路で山の中を走っていると、突然どこからもなく童謡の「春よ来い」のメロディが聴こえてきました。「こんな山の中で、何者かが大音量でサックスの練習をしているのか!?」と混乱しましたが、よくよく考えてみて、「あれは、いわゆるメロディロードというやつでは…?」と推測。そういえば、その場所がずっと道路工事をしていて車線が1本ふさがれていたのですけど、今日は工事が休みで通れたの...
  • 名前が
    SOLiVE24 (SOLiVE ムーン) 2017-10-16 20:23:23~お天気番組にメールが採用されたので、自分用にアップ。26:30~から読まれているのですが、なんと名前をまちがわれているという…(笑)。「あ、読まれた。あれ、私じゃない?」と私もびっくりしました。メールにあるとおり、昨日は本当に寒かったですけど、今日は秋らしさが戻ってほっとしました。寒くなるのはもうちょっと秋を満喫してからでお願いしたいものです(^^;...
  • 自分史上最速
    ドイツへ研修に行っていた上長が買ってきてくれたおみやげのチョコレート。マロン入りでほくほく美味しかったです。週末、営業車のタイヤがスノータイヤに替わりました。「さすがにまだ早いんじゃね?」と思いましたが、今朝は冬のはじまりのような寒さ。いつのまにか季節がひとつ進んだような気がしました。「そういえば、そろそろ年賀状どうするかな~」とお風呂に入りながら考えていたら、ふとアイディアを思いつき、作業をはじ...
  • パーマネント神喜劇 (万城目学)/新潮社
    あらすじ:デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗るアヤしげな男たち。「今からあんたの願をひとつだけ叶えてあげる」表題作を含む4編からなる“神頼み”エンターテインメント。(本帯より抜粋)縁結びの神様が主人公の短編集。私は第3話の「トシ&シュン」がアンソロジー「時の罠」で既読でしたが、第1話「はじめの一歩」も、もともと「世にも奇妙な物語」用に書かれた作品なのだそうです。その...
  • 17試合ぶり
    前回勝ったのが呂比須新監督を迎えた5月のコンサドーレ戦で、それ以来ずーっとリーグ戦で勝てないまま、今日にもJ2降格が決まるかというゲームで、ガンバ大阪相手に意地を見せてくれました。小川選手のゴールで新潟アルビレックスが1-0の勝利。残留の可能性はもはや数字だけかもしれませんが、こういうのを見ると期待したくなるし、応援したくなります。できたらホームの最終戦が消化試合にならないよう、勝ちをつなげていっ...
  • 加茂水族館再訪(後編)
    これは10年前の加茂水族館のアシカショー。この日はアシカにまったくやる気がなくて、本当に何もしないまま退場するという、一生忘れれないショーを見せてくれました(笑)。そして10年後。プールは立派に生まれ変わり、アシカの芸も比べものにならないほど上達してました。お客さんの投げる輪をパーフェクトキャッチ!ジャンプもお見事でした。10年前と同じくクラゲアイスとクラゲらーめんを食べたかったのですが、食堂が混...
  • 加茂水族館再訪(中編)
    加茂水族館といったら、なんといってもくらげの展示。タイミングによっては、くらげを撮影する人で水槽が見えないなんてこともあるようで(^^;掃除中の水槽なんかもありました(笑)。クラゲの給餌解説の時間。加茂水族館のショーは、この給餌解説と、アシカショーと、ウミネコの餌付けの3つしかないので、90分いればぜんぶのショーが見られることになっています。不死のクラゲ不老不死のクラゲとして有名らしいベニクラゲ。...
  • 加茂水族館再訪(前編)
    先日、10年ぶりに山形の加茂水族館を訪ねました。リニューアルしてから行くのははじめて。ちなみに10年前はこんな感じでした。当時もクラゲ水族館として有名でしたが、見た目は完全に気の利かない田舎の水族館でした(笑)。これはこれで好きでしたが、10年経ったらこんな感じ。まさかこんなオシャレに生まれ変わっていると思わず、「うっそでしょう!?」と声が出ました(笑)。これは10年前の近くの灯台からの光景。これ...
  • 「ドリーム」
                                                (画像はYAHOO!映画より)あらすじ:“スプートニク・ショック”で揺れるアメリカ。きわめてすぐれた計算能力でNASAに採用されたキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー(ジャネール・モネイ)ら黒人女性たちは差別や偏見にさらされながらも、宇宙飛行士を地球に生還させるべく、...
  • 満月の泥枕 (道尾秀介)/毎日新聞出版
    あらすじ:姪の汐子とふたりぐらしの二美男は、定職もなく、安アパートの家賃の支払いさえ滞る日々を過ごしている。ある祭りの夜、二美男は事件らしき場面に遭遇するが、巡査の剛ノ宮は酔っ払いが見た夢の話と相手にしない。だが、汐子の同級生の猛流が、「殺されたのは自分の祖父かもしれない」といって、二美男にある相談を持ちかける。二美男はアパートの住人を巻き込んで、猛流の立てた計画に乗るのだが――。著者インタビューに...
  • およばれ
    今日は妹宅におよばれしてお食事。リクエストしてカレーを作ってもらいました。食後のデザート制作中、期待に胸をふくらませるノエル。(あげませんけど。)たわむれに梨のカバーをつけられて、ご不満のハルキ。(かおり、という名前の梨なのです。)これもリクエストの「秋を感じさせるもの」、栗とサツマイモのスイーツ。生クリームも入り、栗きんとんのような味で美味しかったです。ワンチャンスを狙って、下で待機中のハルキな...
  • 空の写真とひとこと。
    「中秋の名月は撮れず…。車の残像はよく撮れた。」「糸を引く雲。」「おひさしぶりのレインボー。」...
  • 君が夏を走らせる (瀬尾まいこ)/新潮社
    あらすじ:夏休みの間、1歳児を預かってほしい――。先輩夫婦に頼みこまれた高校生の大田は、やむをえず母親が入院から帰ってくるまでの間、彼らの娘・鈴香の面倒を見ることになる。だが、何をしても泣き止まない鈴香に初日からお手上げ状態の大田。日が経つにつれ少しずつ慣れてくるが、まったく食事を取ろうとしない鈴香に対して、大田は一計を案じる‥‥。同作者の小説、「あと少し、もう少し」の主人公のひとり、大田のスピンオフ...
  • 健康診断
    本日は健康診断。検便とって、絶食して、げっぷをがまんして、バリウムを体外に排出して、やっと落ち着いてきた感じです。そして、先日ブログにアップしたガジュマルをくれた妹がうちに来たので、こちらも健康診断をしてもらいました。妹せんせー曰く、「葉の色が落ちたのは、水のやりすぎで、根腐れしている可能性がある」とのこと。「このままだと全滅する可能性があるから、今のうちに元気な枝を挿し木をしておくといい」とのア...
  • 上着披露
    SOLiVE24 (SOLiVE モーニング) 2017-10-03 06:27:26~今日もお天気レポートが採用されたので、自分用にアップ。(56:25~)レポートにも書きましたけど、羽織ったり脱いだり、なかなか着るものが難しい季節です。ところで昨日は、出かけるときのお天気マークが「くもり」だったので自転車で通勤したのですが、昼から雨が降り出して、「まあ、すぐに止むだろう」と思ったのに夕方になってもぜんぜん降りやまず、「やべ~」と焦...
  • 生長?
    8月に植え替えしたガジュマル。全体としてはすくすく育っているような気もしますが、なんだか葉の色が悪くなってしまったのが気がかり。日光が足りないのか、水が足りないのか、栄養が足りないのか、悩ましいところです。こちらは誕生日にもらったとうがらしの栽培セット。種植えして10日ほどで芽が出てきました。もう少し生長したら、1本だけ残して間引かないといけないとか…できる気がしない(笑)。...
  • 凱旋門賞
    昨年のグランプリホース・サトノダイヤモンドが挑んだ今年の凱旋門賞。前哨戦の敗北、得意とは言えない重馬場、そしてGI4連勝中という強すぎるライバルがいる状況で、残念ながら結果を出すことはできませんでした。勝ったのは1番人気のエネイブル。3歳牝馬とは思えない力強い走りで、今日も圧勝といっていいレースぶりでした。凱旋門賞という重い扉はまたしても開きませんでしたが、挑み続けなければチャンスもないので、来年...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ