• 14歳、明日の時間割 (鈴木るりか)/小学館
    現役中学生作家としてデビューした鈴木るりかさんの第2作。今作は同じ中学校の男女を主人公にした連作短編集。1時間目「国語」の主人公は、作者と同じく中学生で作家デビューした明日香。小説家志望の学校の先生に編集者を紹介するよう頼まれて困る様子に、思わず「本当にあったことだったりして…」と想像。まったく語彙力がない父と豪快な母は、短編1本で終わらせるには惜しいくらいの家族でした。2時間目「家庭科」の主人公...
  • NYBB + ERIC MARIENTHAL
    日曜日、NYBBの定期コンサートを見に行きました。場所はいつもの万代市民会館6階ホール。世界的なサックス奏者であるエリック・マリエンサルさんをゲストに招いての公演です。実はこの日の昼間、上越新幹線が停電により数時間運休したというニュースがありましたが、このトラブルにエリックさんはばっちり巻き込まれ、東京駅でしばらく立ち往生していたそうです。メンバーと相談の上、北陸新幹線に乗り換えてもらい、上越まで...
  • 「アベンジャーズ/エンドゲーム」
                                                 (画像はYAHOO!映画より)監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー 音楽:アラン・シルヴェストリ前作「インフィニティ・ウォー」の衝撃的なラストを見て以来、「続編を見るまでは絶対死ねない…!」と思っていた本作がGWに合わせて公開。さっそく初日に見...
  • サクラチル
    写真は県境の町の今日の景色。昨年に続き、今年も浅田真央さんのサンクスツアーがあって、新潟にもまた来てくれるということなので、県民先行抽選販売に申し込みました。今日が結果発表でしたが…タイトルでバレているとおり、落選でした(泣)。申込みの時点でなかなかサイトに接続できなかったので「今年の倍率も厳しいわ」と覚悟してましたけどね。明日からローソンチケット先行の申し込み受付がはじまるのでそちらでリベンジし...
  • 暑くても
    営業車のカーナビは設定した目的地に到着すると、そこまでの運転を診断して「アイドリングを控えましょう」とか「今回はエコドライブでした」とかコメントをいってくれるのですが、今日言われたのは、「エアコンの使用を控えめにしましょう」いや、まだ使ってないわ!しかし4月とは思えない気温だったことは事実。「たしかグローブボックスに去年の汗拭きシートが入ってたはずだが…」と探ってみると、カビてる!乾いて普通のティ...
  • 9か月越し
    昨年のフジロックで印象的な出会いのひとつだった、カフェドンで弾き語りを披露してくれたアンディこと安藤百萌さん。その後、インスタグラム(momon3303)をフォローして活動をチェックしておりましたら、インスタグラム限定数量限定でCDの販売をするとのことで、さっそくDM。無事ゲットできました。収録されているのは「My treasure」というオリジナル曲で、なかなか軽快なラブソング。「この人の音源欲...
  • 新年度の万代シティ
    新潟市民のソウルフードともいえるイタリアンのみかづき万代シティ店が移転したというので確認にお出かけ。たしかに旧店舗は閉まっています。新店舗は広場をはさんで反対側にオープン済み。すっかりきれいになったお店は大いに繁盛しておりました。その一方、私がポイントカードを持っていたドーナッツのフロレスタ、メロンパンアイス屋さんは3月で閉店。まだ還元してないポイントがあったのに無念…。昨年11月に撤去されたレイ...
  • 「運び屋」
                                                (画像はYAHOO!映画より)監督:クリント・イーストウッド 脚本:ニック・シェンク 音楽:アルトゥロ・サンドヴァル予告編を見たとき、「こんな弱々しいイーストウッドは見たくないな」と思ってスルーするつもりでしたが、見た人から「けっこうコミカルな映画だよ」という話を聞き、上映終了間際の映画館へ。なるほどおもしろい...
  • 銀色の青 (笑い飯哲夫)/サンマーク出版
    漫才コンビ「笑い飯」の哲夫さん(ひげじゃない方)の小説。不思議なタイトルだなと思ってましたが、「銀色」が100円玉で「青」が青春のことを指しているようです。高校生で野球部の田中清佐が主人公。野球部のエースに貸した100円が返ってこず、そのことを延々と悩み続ける、というのが主なストーリー。200ページくらいの本なのでそう長くはないのですが、「こいつ、いつまで悩んでるの!?」という気持ちにはなります(...
  • ランダム写真館
    「HANAMICHI」「HANAIKADA」「HANACHIRASHI」...
  • 村松公園
    そろそろ桜の記事も食傷気味かもしれませんが、先日訪れた村松公園の桜が見事だったのでアップ。平日とあって人は少なめ。芝生にごろんとしたくなるような気候。はじめて展望台にも上ってみました。見晴らしはとても良いのですが、普通に桜を見たいなら地上からの方が良いようです(^^;。昼食をとっている園児たちの賑やかな声も聞こえてきました。「のどか」ってなんていいだろうと思う村松の桜でした。...
  • 二十度超え
    今日の新潟は今年初の20度超えの気温。日中、外に1時間ほどいたら「日焼けしてるよ」といわれるぐらいでした。というわけで(?)ソフトクリーム解禁(笑)。ロングドライブ中のサービスエリアにて。疲れが吹っ飛びました(^^)。...
  • シーソーモンスター (伊坂幸太郎)/中央公論新社
    あらすじ:バブルに浮かれる昭和の日本。一見、どこにでもある平凡な家庭の北山家だったが、ある日、嫁は姑の過去に大きな疑念を抱くようになり…。(「シーソーモンスター」)2050年の日本。旧友の科学者が遺した手紙を受け取った男は、配達人とともに見えない敵の暴走を阻止しようと奮戦するのだが…。(「スピンモンスター」)伊坂さんの新作は、8組9名の作家による「螺旋プロジェクト」の第2弾。…といっても、これだけ単...
  • お花見新発田
    大醸し祭のあとは、新発田方面にお花見に出かけました。国道7号を北上中、いい時間になったのでランチをとることに。入ったのは文化食堂ino(いの)というお店。私たちが入ったあと、すぐ満席になったのでいいタイミングでした。おすすめのチーズハンバーグランチをチョイス。見た目のボリュームにちょっとびっくりしましたが、意外とふわっとした作りでちょうどいい感じ。…が、母が「食べきれないから食べて」と3分の1くら...
  • 発酵大醸し祭 2019春
    昨秋に続き、峰村醸造さんと今代司酒造さんの発酵大醸し祭に母と参戦。10時オープンでしたが、9時40分の段階で長蛇の列でした。峰村醸造さんに訪れたお客さんの目的は味噌盛り選手権。500円で30秒間味噌が盛り放題というイベントです。風呂桶に盛られた味噌を、みなさんせっせと盛っています。私も挑戦し、結果は…。2・16キロ!昨秋がたしか1・7キロぐらいでしたのでリベンジ成功です。続いて今代司酒造さんに移動...
  • 弥彦の桜
    今日は仕事で弥彦村へ。せっかくなのでお昼休みの時間を使って弥彦神社にお参りをして、お花見をすることにしました。神社の境内では、ちょうど結婚式最中のカップルがおり、花嫁姿が見られてラッキーでした。弥彦の駅前。とにかくいいお天気で、あまり風もなく絶好の花見日和。駅から公園にかけての桜は満開で見ごろでした。人出もいっぱい。お昼でしたので、お弁当を食べていたり、一生懸命桜を撮影していたり。競輪場の方の桜は...
  • 忠臣蔵!
    回収されないボケほど気持ちの悪いものはないもので。先日、「れいわ新選組」という新党が結成されるニュースがありましたが、それを受けてSNSに「47人の仲間でも集めて討ち入りでもするのかなw」というつぶやきがありましたが…、それ忠臣蔵ですからー!!…というリプライをしたくてたまらなかったのですけど、「恥かかせやがって…」と逆恨みされそうな気がしたので止めておきました。まあ、新撰組の羽織は忠臣蔵の義士の衣...
  • 柿の種のオイル漬け
    東京からの帰り、新潟駅で見つけた柿の種のオイル漬け。評判は聞いていたものの、どういう食べ物なのか実際に確かめてみたくて購入しました。「ごはんのお供に」と謳われているので、ごはんの上にのせて食べてみましたが、米菓on白米というのがなんとも背徳感(笑)。食感も本当に柿の種そのものなので実に不思議な気分になりました。辛さはわりとマイルドで、食べるラー油みたいに考えればいいのかもしれません。864円とそれ...
  • カジャラ 第四回公演 怪獣たちの宴
    上野公園を出て世田谷に移動。会場のあるスカイキャロットに到着し、せっかくいいお天気なので26階の展望ロビーをひとまわり。ラウンジの席が空いていたので、カレーランチをオーダー。(1200円)カレーもさることながら、付け合せのラッキョウとかが美味しかったです(笑)。旅の目的、カジャラの開演は14時。世田谷パブリックシアターは切り分けたケーキの1ピースみたいな形をした劇場(説明ひどいな・笑)。いつものと...
  • 花祭
    日曜日、カジャラの公演を見に東京へ行きました。「平成最後の上京だな」と思いつつ、まずは新幹線で上野駅へ。上野公園でお花見をすることにします。写真で見るとそうでもないですが、実際の印象としては「ちょっと遅かったな…」というもの。1週間前だったらすごく見応えがあったことでしょう。それでもいいお天気の下で桜を見られるのは嬉しいことでした。ちょうど花まつりの期間でしたので、寛永寺にも立ち寄っていきます。お...
  • 春来る
    寒かった新潟にもついに桜の開花宣言が出され、わが家の食卓にも春の味覚第2弾が訪れました。(第1弾はふきのとう)おなじみ、たけのこご飯&たけのこフライ。これを食べなきゃ春になった気がしないというもので。たけのこのフライはやわらかく仕上がっていて、今年もおいしかったです。平成最後の春も、この料理を食べられて良かったです(^ー^)。...
  • 6ヶ月点検
    今日はディーラーで愛車の6ヶ月点検。タイヤ交換もお願いして、約1時間。アイスコーヒーやウーロン茶をいただきながら、のんびり待たせてもらいました。秋に自分でタイヤ交換をしたとき、ねじ山がひとつ潰れかけていたのが気になっていたのですが、それもちゃんとチェックして直してくれたようで一安心。黄砂でだいぶ汚れていたのも洗車してもらえてすっきり。これで春・夏シーズンも乗り切ってもらえそうです。...
  • FR’19 出演アーティスト第3弾
    第3弾の発表でひときわ目を引くのは石野卓球さん。例の事件で電気グルーヴの出演はキャンセルになりましたが、日高代表も「ぜんぶ済んだら、また彼らと仕事をしたい」とインタビューで答えていたので、ある意味納得のキャスティング。どんなパフォーマンスを見せてくれるか、いろんな人が注目していることでしょう。私は今年もバスツアーで行くことにして、すでに予約済み。令和最初のフジロック(←使いたいだけ)まであと3か月...
  • 本と鍵の季節 (米澤穂信)/集英社
    あらすじ:堀川次郎は高校2年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。ある日、委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫の鍵の番号を探り当ててほしいというのだが…。(本帯より抜粋)男子高生ふたりが主人公の連作短編集。一応、語り手の堀川...
  • 年度末のるすワン
    先週の金曜日。送別会で遅くなる妹夫婦のかわりに、私がわんこたちのごはんをあげに行きました。ごはんをあげたあとも、器をかたづけたあたりをうろうろしているノエル。「ふだんはもっとドッグフードをいただいているんです!」とばかりに吠えますが、ちゃんと量を聞いているのでもうあげません(笑)。なでられるハルキ。そのあとも1時間ばかり遊んでもらいました。...
  • 四月朔日
    新年度最初の日は、晴れたりあられが降ったりと忙しいお天気。菜の花が咲いて、もう数日で桜も咲こうかというのに、まだまだ暖房器具がしまえません。「わたぬき」どころか、ダウンを着ての出勤でした(^^;。今日の新元号発表はラジオで聞きましたが、その直後のツイッターのタイムラインが全部「令和」で埋めつくされたのには苦笑しました。中には「令和か…まだ慣れないな」というツイートをしている人もいましたが、そりゃそ...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ