• ついに大台
    去年の今ごろ、「来年のフジロックは8月か。7月末に苗場に行かないのって何年ぶりだろう」と思っていたのですが、まさかこういう理由で行けなくなるとは思いもしませんでした.7月頭に新型コロナウイルスの入院者数が0人になった新潟県。 しかしその後またじわじわと増加しはじめて、昨日ついに累計患者数が100人を超えました。 累計ですからいつか超えるのは当然とはいえ、ここ最近の増加ペースには不安にさせられます。(患...
  • 大戸屋ランチ
    本日も新人さんと同行。お昼はふたたび大戸屋。長テーブル席の真ん中にアクリル板があることにはじめて気づきました。コロナ対策だと思いますが、案外昔からあったりして?今日のランチはとんかつとそばのセット。こういう両方味わえる系のメニューに弱い(笑)。山椒かけたり出汁ポン酢かけたりして楽しみました。...
  • おかわりマスク
    仕事中、上長からLINE。「厚生労働省からマスクが届きました」とのこと。「え、また…?」と思いつつ帰社して机に戻ると、ガーゼマスク3枚の割り当て。先日いただいた布マスクだったら耳ひもを延長すればまだ使えるのですけど、正直こちらは…(苦笑)。上長から「くれぐれも机に放置して帰らないように」と念を押されましたので、引き出しの奥にそっとしまわせてもらいました。深刻なマスク不足になってこれが活躍する、という...
  • 私的個人番号証
    マイナンバーカード、お持ちですか?5年前に通知カードが届いて、「ふーん、これが私のマイナンバーか」と思ったきり、特に申請しようとも思っていなかった私ですが、先日妹から「マイナンバーの証明写真てスマホの自撮りでいいのか…千円損した」というLINEが届きました。「へー、そうなんだ。しかしなんでまたカードを作ろうと?」と聞くと、やはり目的はマイナスポイント事業。(マイナンバーカードがないとマイナスポイント...
  • 喬太郎のいる場所 柳家喬太郎写真集(橘蓮二)/CCCメディアハウス
    昨年、落語家生活30周年を記念して開催された落語会「ザ・きょんスズ30」で撮影された写真と、ゲストのインタビュー、写真家との対談が収められた本。50代のおじさんの写真集ってなんだよ、と思われる方がほとんどでしょうけど(笑)ファンにはたまらない1冊。舞台裏のたたずまいや高座に向かうときの表情の「静」と、落語がはじまったときの「動」のギャップがおもしろいですし、よくこの瞬間をとらえたなという写真がたくさん...
  • エアコン顛末
    納期1か月待ちだった給付金エアコンがやってきました。取り外された旧クーラー。26年もよく働いてくれました。梅雨時ながらもお天気に恵まれて良かったです。3台分、半日がかりで設置完了。しかしここからがたいへん。冷房はちっとも冷えてこないし、しまいには水滴が噴き出してくる始末。あわてて業者を呼び確認したところ、まさかの接続ミスが判明。室外機に電気を送る線と信号を送る線をまちがえて配線したそうです(苦笑)。直...
  • 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」
    監督:田中亮 脚本:古沢良太 音楽:fox capture plan主要キャストの不倫騒動、コロナによる公開延期、公開直前の出演俳優の自殺…と、あまりにもネガティブな出来事が多かったこの作品。シリーズのファンとしては素直に楽しめるか心配でしたが、はじまってしまえばいつもどおりの世界観にすっと入れました。(一応言っておくと、冒頭に前作「ロマンス編」のネタバレがあるので、まだ見てなくて見るつもりの人は...
  • 不思議の国のアリス展
    新津美術館で9月6日まで開催中の「不思議の国のアリス展」に挑戦してきました。撮影OKコーナーでは世界各国のアリスの絵本の挿絵が見られます。髪の色も衣装もバラバラで、作者のイメージのちがいがおもしろかったです。ところでなぜ「挑戦」と書いたかというと、同時開催で「不思議の国からの脱出」という脱出ゲームがやっていたから。1人でも参加できるとのことで1,500円払って謎解きキットを購入。人生初脱出ゲームでし...
  • マスクレビュー
    お約束のマスクレビュー。まずはユニクロのエアリズム。まずはサイズ感。耳ひもは伸縮性がないので初回はフィッティング大事。(実店舗なら見本があります)男性は相当小顔じゃないかぎりLサイズでいいと思います。エアリズムの生地なのでマスクの中では厚みがある方。フィット感があることもあり、涼しさは感じにくいですが、通気性は抜群。あと耐久性もありそう。ネットを使えば洗濯機でOKなのですが、1シーズンは余裕で使え...
  • コンビニ人間 (村田沙耶香)/文春文庫
    コンビニというあまりにも身近な舞台で、あの“クレイジー沙耶香”が味わえるだろうか、という疑問は読んですぐ解決。芥川賞を取ってるから言うわけじゃないですが、いつもと同等以上におもしろかったです。主人公の古倉、子どものころから言動に情緒がなく、人とのトラブルを避けるために黙っているかコピーするという処世術で生きてきましたが、18歳のときにコンビニ店員という仕事と運命的に出会います。マニュアル対応といえば普...
  • 厨師、怪しい鍋と旅をする (勝山海百合)/東京創元社
    元ツイートを見失ってしまったのですが、たしか万城目学さんがおすすめしていた本。タイトルにある“怪しい鍋”というのは、使えば料理の味を良くしてくれるものの、しばらく煮炊きしないと動物や人間を襲うというシロモノ。舞台は中国で、主人公は料理人の斉鎌(せいれん)。偶然やっかいな鍋を手にしてしまった斉鎌は、霊力のある包丁を餞別に故郷を追われ、鍋を返すための旅に出ます。印象で近いのは梨木香歩さんの「家守綺譚」。...
  • 女子芸人 (神田茜)/新潮社
    講談YouTubeの「伯山ティービィー」で存在を知った著者と本。とうぜん女性講談師の話かと思いきや、主人公は漫談家。それも、美人でも天才でもなく、売れてるわけでもないけど食えないわけでもないという微妙な立場だったりします。個人的には「男にフラフラしたり、妹弟子に嫉妬してたりしないで、さっさと芸に打ち込まんかい!」と言いたくなりましたが、このへんのモヤモヤを真正面から描いたことが「第6回新潮エンター...
  • 新マスク
    5月末に購入した夏用マスク。装着した感じが涼しくて重宝していたのですが、本格的な夏を前に耳ゴムが弱くなってきまして、「また新しいものをゲットしないと…!」とここ数日思っていました。本日、エアリズムマスク、ゲット!場所は亀貝のユニクロ。サンプルも試着できたのでサイズ感はLで問題なかったです。(当方頭大きめ)あと、なにやら評判がいいと聞くイオンのパステルマスク。残念ながら10回までしか洗濯できないそうです...
  • 最年少
    すでに一昨日の話題ですが、将棋の藤井7段が渡辺棋聖を破り、最年少タイトル獲得記録を更新しました。しばらくタイトル戦の挑戦者にあと1歩でなれない場面が続いていましたし、コロナで対局そのものが中止になったりしていたので、最年少記録は難しいかも…と思っていましたが、あっさりと予想を覆してくれるものです。また相手が現役最強棋士の一角である渡辺二冠というところが価値が高い。師匠の杉本八段が「コロナのたいへんな...
  • ありがたき幸せ
    昨朝、会社に着くと、心優しい同僚から差し入れ。毎年ちょっとしたプレゼントをくれて嬉しい限り。帰宅するとケーキもありました。菜菓亭の夏向けのフルーツたっぷりのやつ、甘さ控えめで美味。そして妹からおめでとうLINEとともに送られてきたかわいすぎるハルキ。おかげで幸せな誕生日でございました。...
  • ヒヤリ
    土曜日に同行した新人さん。月曜日に「昨晩から具合が悪くて熱も出たので休ませてください」と連絡があり、火曜日に「まだ本調子でないので休ませてください」と続いて、「万が一アレだったら私も“濃厚接触者”認定だな…」と最悪の想定をしておりましたが、水曜日、元気に出社してひとまずほっとしました。とはいえ、一時期0人になった新潟の入院患者もこのところ微増を続けており、東京ほどではないものの心配なところ。最近ゆるみ...
  • なめらかな世界と、その敵 (伴名練)/早川書房
    ラノベっぽいタイトルと表紙のSF短編集。すごく親切なわけでもないですが、難しくて読めないということもなくて、背伸びをしながら徒競走をしているような感覚がしました。(楽しかったということです。)収録されている短編は6本。表題作では、人々は平行世界を自由に行き来することができたり、「美亜羽へ贈る拳銃」では、ナノマシンによって好きな人格や永遠の愛を手に入れることができたり、「ホーリーアイアンメイデン」で...
  • 偵察カレー
    先日のこと。耐震工事のため、バスセンターからシルバーホテル3階に場所を移して臨時営業中の万代そばを偵察に行ってきました。臨時店舗の受付。券売機(売っているのはカレーのみ)で買った券を受付に出すと、その場でカレーをよそってくれます。お店の中は、立ち食い用のテーブルが並んでいました。偵察といいつつ、しっかり食べてたり。店舗が移っても変わらぬ味で安心しました。...
  • 五月晴れウォーク
    雨続きであまりウォーキングができなかった1週間。ひさびさによく晴れましたので、図書館まで歩くことにしました。途中、峰村醸造さんに立ち寄って水分補給。梅サイダー380円、おいしゅうございました。図書館に5,272歩で到着。本の返却・貸出をしてUターン。帰りの水分補給は今代司酒造さんの大吟醸ソフトクリーム。(380円)徒歩ですので飲酒運転の気兼ねもなく頼めるというものです。11,001歩で帰宅。疲れと...
  • ザージャー麺とエコバック
    昨日は新人さんと同行で、お昼は西蒲区の龍門さん。天候は悪かったですが盛況でした。見た目の印象でザージャー麺をオーダー。勝手に辛いもんだと思っていたのですが、実は甘みが強い麺なんだそうで「あれ?」という感じ^^;。それでもタレを絡ませて食べるのは美味しかったですし、土日半額の餃子も嬉しかったです。(午後から訪問のお客様にはマスクで口臭がばれてなかったと信じたい。)同日のセブンイレブンでゲットしたエコ...
  • まさかの映像化
    びっくりしたニュース。伊坂幸太郎さんの小説「マリアビートル」がブラッド・ピット主演で映画化されるとのこと。主演ということは不運な殺し屋・七尾をブラピが演じるということでしょうか。あるいは一人二役で檸檬と蜜柑をやるとか?(まさか王子じゃないよね^^;)まあ正直“電車の中で殺し屋同士がつぶしあう”というコンセプト以外全部変更されると思っていますけど(苦笑)、もし原作そのままのストーリーが映画化されたらと...
  • ランダム写真館
    「under palace」「ネガイ」「湖蓮」「滴る」...
  • 今年も早々と。
    6月末ごろ妹からLINEが来まして、「来月お誕生日ですね。何かリクエストは?」と早々とプレゼントの催促(笑)。毎年ありがたいことです。スマホ用のワイヤレスイヤホンにしようかな…と思っていたのですが、10年使った吉田カバンのリュックがだいぶ傷んできて、そろそろ買い替えないといけない状態のところ、楽天の広告が目に飛び込んできました。リュックの上部が切れて、中のクッションが露出している状態。ほぼ安売りして...
  • クセあり。
    スピッツの草野マサムネさんがやっているラジオ「ロック大陸漫遊記」で、「クセになるおもしろソング」として紹介されていたロシアのフォーク・メタルバンド「アルコナ」の「ヤリーロ」という曲。曰く、「本人たちは大まじめにやっているけど、この曲だけミクスチャー具合がいきすぎて笑っちゃう」とのこと。はじめて聴きましたが、確かにイントロのロシア民謡っぽいテイストにくすっとなりますし、デスメタルボイスになったところ...
  • 「キングダム」
    監督:佐藤信介 原作::原泰久 脚本:黒岩勉、佐藤信介、原泰久 音楽:やまだ豊しばらく録画したまま放っておいたのですが、先日やっと視聴。(ちなみに原作は少し読んだことがあるくらい)実写の日本映画で、このスケールのお話を描いて、ビジュアルがしょぼくないのが最大のセールスポイント。マンガの方はちょっとクセのある絵柄だと思うのですが、それをうまく映像化しています。ストーリーは正直「マンガじゃん!」と思い...
  • 五泉八幡宮風鈴祭2020
    昨年もお邪魔した五泉八幡宮。七夕までの1週間、風鈴祭が行われているのですが、今年はコロナ感染拡大防止のため10分の1の規模での開催となりました。鳥居には大きな吹き流し。風鈴の数は本当に少なめ。さびしいですけれども仕方ありません。それでも茅の輪くぐりと短冊はありました。願い事はもちろんコロナの終息です。飾られている中で唯一の変わり種だった「アマビエ風鈴」。髪がピンク色だったとは知りませんでしたが(笑)売...
  • 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。(川上和人)/新潮社
    NHKラジオ「子ども科学電話相談」に出演する“バード川上”こと川上和人先生が、ふだんどんな研究をしているのかがわかる1冊。私ブログを書くときに「できれば人の役に立って、知的でおもしろい文章が書けたらいいな」と思っているのですが、川上さんの文章はかなり理想に近いです。地の文章で「(笑)」もつけずにボケてくるので、まじめな人は怒るかもしれませんが、私は先生と世代が近いこともあっておおいに笑わせてもらいま...
  • メイキング映像第四弾
    毎月3日に新しいキャストが公開される映画「新解釈・三國志」。今回は孔明の妻・黄夫人を橋本環奈さんが、周瑜の妻・小喬を山本美月さんが演じることが発表になりました。黄夫人といえば発明家で不美人という伝説がありますが、この映画ではそのどちらでもなさそうですね(笑)。メイキングで麻雀らしきゲームをしていますが、どんなシーンになるのでしょうか。絶世の美人姉妹として有名な小喬、コメントを見る限り山本さんの出番...
  • 107と0
    東京都では新規の感染者が107人という数字が発表されて、依然厳しい状態が続いていますが、新潟ではついに入院中の患者が0人という状態になりました。亡くなった方もおらず、県民よくがんばりましたと自画自賛したいです。もちろんこれでコロナがなくなったわけではありませんので、引き続き警戒は必要ですが、少しでも長くこの状態を続けていけたらいいなと思います。...
  • 生長中
    少し前に剪定したガジュマルの木。左がそのときに写真にとったやつで、右が今の状態。植物育てるのがあれな私でもちゃんと生長してくれるガジュマルの生命力にはいつも驚かされます。このまま夏に向けてすくすくと育っていってほしいものです。...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ