• エレジーは流れない (三浦しをん)/双葉社
    三浦しをんさん3年ぶりの新作小説。舞台は餅湯温泉という架空の地方都市。神輿の暴れ祭りという特徴的なイベントが出てくるので、石川県の宇出津がモデルなのかもしれません。主人公の高校生の穂積怜。彼が少し変わっているのは母親がふたりいること。物語の前半はなぜ母親がふたりいて父親がいないのかという話、後半は博物館から縄文土器が盗まれる事件に怜たちが巻き込まれる話がメインストーリーとなります。とはいえ、本書の...
  • バタークッキー&クリームチーズ
    当ブログでもたびたび取り上げているMOWプライム。スーパーで「バタークッキー&クリームチーズ」という商品を見つけて即購入。ふたを開けた瞬間、目に飛び込んでくる一面のクッキー。食べてみると、チーズのしょっぱさとアイスの甘さ、クッキーの硬さとアイスのやわらかさの対比がたまりません。いわゆる“神~”というほめ方は頭が悪そうで嫌いなのですが、この値段でこのクオリティは“神アイス”といわざるをえません。もう一生つ...
  • 太宰のカバー
    本好きあるある。おみやげとかプレゼントにブックカバーやしおりをもらいがち。同僚がガチャの名作ブックカバーをひいて、いらなかったものをくれました(笑)。しばらくは太宰大好き人間と思われながら生きていきます。...
  • ここをタップ
    第2回となる新潟市の「地域のお店応援商品券」の応募がはじまりました。母が「スマホから申し込もうとしたんだけど、QRコードを読んだのにタップしても進まないからハガキで申し込むことにした」というので、初日だから混んでたのかな…?と思ったのですが、どうも不思議に思ったので実験してみたところ判明したのは…。…この表示のところをタップするとは思わなかったらしく、スマホの画面の中央あたりを一生懸命タップしてたよ...
  • 山菜2021
    日曜日、妹夫婦からのおすそ分けで山菜のてんぷらが到着。ゼンマイとコシアブラの2品。先日のタケノコのフライと、この山菜の天ぷらで、正真正銘春の味を満喫できました。...
  • 夜明けのすべて (瀬尾まいこ)/水鈴社
    PMS(月経前症候群)の藤沢とパニック障害の山添というふたりが主人公。同じ職場のふたりがお互いの病気のことを知り、そこから語り手が交互に代わっていく形で物語が進んでいきます。どちらも外からはわからない病気なので、急にヒステリックになる人、いつも怠けている人、というふうに見えてしまうことが大きな悩み。パニック障害という病名自体はニュースで聞くこともありますが、私自身まったく理解できてなかったので、山添...
  • バーミヤン
    外食が多かったこの1週間。新潟に復活してから行く機会を狙っていたバーミヤンについに入店しました。海老と菜の花のかた焼きそばだけで十分なところ、テンションが上がってしまって半チャーハン+餃子セットでオーダー。(計1,263円)完全に食べすぎでしたが、ひさしぶりに食べたバーミヤンチャーハン、思い出どおりの味で嬉しかったです。バーミヤンがまた撤退しないよう、定期的に食べに行きたいと思います(笑)。...
  • 「21ブリッジ」
    監督:ブライアン・カーク 製作:ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ昨年急逝したチャドウィック・ボーズマンの最後の主演作。タイトルからして橋での戦いや駆け引きが見られる作品なのかなと思ってましたが、そういう要素は特になし。仲間の警官を殺されて復讐に燃えるニューヨーク市警。捜査にあたるのは、犯罪者を殺し過ぎて内務調査を受けている刑事・アンドレ。警察署長は「次の内務調査の時は弁護するよ」と、暗に犯人の射...
  • 単独首位
    今シーズン、J2でいまだ負けなしのアルビレックス。昨日の栃木戦も、後半逆転されついに黒星がつくかと思われましたが、ロスタイムに貴重な同点弾が決まってドロー。同じく今シーズン負けなしだった琉球についに土がついたので、勝ち点差わずかに1ではありますがついに単独首位に立ちました。昇格云々の話をするのは気が早すぎるというものですけれども、そういう期待を持てるシーズンを過ごせているのが嬉しいです。それにして...
  • 土鍋鶏麻婆
    昨日は上長と同行。気疲れしましたが、ランチはおごってもらえました。行ってみたかった店があいにく定休日で、結局いつもの大戸屋へ。期間限定メニューの土鍋鶏麻婆をオーダー。麻婆が熱くて辛くて、ごはんが進む進む。中年の上司と行っても後輩の女子と行っても外さない、さすがの大戸屋クオリティ。次の同行機会も近々ありそうなので、そのときはまたお世話になるかもしれません。...
  • 春のたべもん
    値段が高くてなかなかわが家の食卓に上がらなかった春の定番・たけのこのフライがようやく登場してくれました。絶妙な歯ごたえと味。これが食べられて今年も幸せ。みがきイチゴのフルーツサンド。東北と新潟のローソンだけの限定発売と聞き、思わず購入。期待通りのおいしさ。ちょっとお高いけど、限定と言われると弱いものです。...
  • から好し
    母のGO TO イート券を消化すべく、先週お邪魔したのはガスト紫竹山店。入口に大きく「から好し取り扱い店」の文字があり、せっかくなのでそれをオーダー。普通のから揚げと甘とろから揚げの合盛り定食。から揚げ4つじゃ足りないかなと思いましたが、ちょうどいいボリュームでした。今週から新潟市の飲食店の時短営業がはじまりますので、ぎりぎりのタイミングで行けて良かったです。新潟も新規感染者数の高止まりが続いていますが...
  • 私を月に連れてって (鈴木るりか)/小学館
    「さよなら、田中さん」シリーズの3作目。前作の「太陽はひとりぼっち」が前編だったらしく、対でこのタイトルなのでしょう。今作も3編が収録。「遠くへ行きたい」は中学二年生になった花実が語り手。はじめてスマホを持って友人とLINEをはじめたり、塾の体験学習や学校の職場体験に参加したりといった中学生らしい日常が描かれていると思ったら、無戸籍の少女と出会ったり、母の過去を知る女性と偶然出会ったりするハードな展開...
  • FR’21 出演日別ラインナップ第1弾
    今年のフジロックの出演者第1弾が発表になりました。昨年からの持ち越しである電気グルーヴは当然のヘッドライナー。ラッドウィンプス、マンウィズアミッション、キングヌー、コーネリアスなど、いかにもフジロックらしくも豪華な顔ぶれで見るのが楽しみです。問題は感染対策。会場ではマスクの着用義務や検温・消毒設備など、必要と思われることはだいたい実施してくれるようですし、ディスタンスはいくらでもとれるので心配はし...
  • ウェイクアップ
    目覚まし時計を新調しました。今日日スマホのアラームでも用が足りますけど、アナログ時計が好きなので購入。ちなみに電波時計の電波は受信しなかったです。こちらが20年以上使った目覚まし時計。アラームは鳴らなくなったけど、時計自体は動いているのと、沁みついた思い出のせいで何となく捨てがたい。とりあえず電池がある間はとっておこうかなと思います。...
  • オトナの教養講座
    最近やたらとYouTubeから山田五郎さんの動画をおすすめされるなと思っていたのですけど、実際見て見たらめちゃくちゃおもしろかったです。どれぐらいおもしろかったかというと、アップされてる17本の動画を半日で見つくしてしまうぐらい(笑)。「敷居の低すぎる美術解説」と謳っているだけあって、とにかくわかりやすいし、下世話なところがたっぷりあるので否が応でも興味を引かれてしまいます。美術ファンは怒るかもし...
  • SUZUVEL
    週末、母のリクエストでランチをテイクアウト。GO TO イートが使えるところということで、駅南のSUZUVELへ。当日の電話注文でしたが、すぐに作ってくれました。車も駐車場にとめられてラッキー。私が選んだのは生姜焼き弁当。これも良かったですけど、母が選んだ鶏の唐揚げレモンマリネ弁当を少し分けてもらったらめちゃくちゃおいしかったので、次はそれを食べようと思います。...
  • マスターズ
    今までゴルフの話なんて1つもしたことないのに、こういう時だけ記事にするのもどうかと思いますが、松山英樹選手のマスターズ優勝おめでとうございました。前日の段階で4打差あったので安全圏なんじゃないかと思ったりもしたのですが、終わってみれば2位と1打差という結果。さすがにメジャーは楽には勝たせてはくれませんでしたが、苦しかった分、喜びはめちゃくちゃ大きかったことでしょう。インタビューにあった通り、これで...
  • 芳年 YOSHITOSHI
    週末、万代島美術館で開催中の「芳年 YOSHITOSHI」を見てきました。「血みどろ絵」「無惨絵」が代名詞の“最後の浮世絵師”だそうです(受け売り)。入場特典の「芳年キャラカード」、私が当たったのは駒木根八兵衛。かっこいいけど、こちらに銃口を向けるんじゃない(笑)。展示されてる一部の絵は撮影可能でした。こちらが無惨絵の一枚、「直助権兵衛」(自主規制)。足首が裏返しになって、正面なのに踵が見えるところに常軌を逸...
  • 白鳥とコウモリ (東野圭吾)/幻冬舎
    現代の刑事ものだったので、もしかして加賀恭一郎シリーズかな?と思って読み始めましたが、単独のお話でした。東野さんのこの前の作品ではコロナの時代を舞台に描いていましたが、今作は2017年の秋からスタートしています。誰からも慕われていた人情派の弁護士が刺殺される事件が発生し、弁護士の依頼人の中から愛知県在住の男が捜査線上に浮かびます。男が頻繁に上京して通っていた小料理屋には過去の事件で警察に恨みを持つ...
  • シンガポール・アルビ
    今シーズンJ2でいまだ負けなしのアルビレックス新潟。ところでそのアルビレックスにシンガポールにもチームがあるということは知っていたのですが、彼の地に移住したオリエンタルラジオの中田さんのYouTubeチャンネルで突然取り上げられていてびっくり。正直試合を見たこともないですし、選手の名前もひとりも知りませんが、アルビの名前とあのユニフォームで戦っているところを見るとぐっとくるものがあります。試合は無...
  • 9章クリアー
    今月のドラクエウォークの進捗。到底クリアーできなさそうだったストーリーモード第9章の9話、10話を突破。ボスに歯が立たないのはレベルが足りないせいかと思っていましたが、攻略サイトを見て、弱点属性の武器を装備したらなんとか倒せました。戦っている最中、MPがまるで足りず、いざというときのためにとっておいたアイテムをほとんど放出してしまったので「これで倒せなかったらどうしよう…?」と不安になりましたけど、...
  • おまけの桜
    妹のLINEより、お散歩中のハルキ。上堰潟公園の桜と菜の花と花嫁のコラボ。あまり画像のよろしくない桜並木動画でした。...
  • 最近食べたの
    母が花見のついでに摘んだヨモギで作った草餅。思ったより固めでしたけど(苦笑)素朴な甘さがおいしかったです。はじめて食べたリッツブラックペッパー。コショウのパンチが効いてて絶対にビールに合うやつ。次回のオンライン飲み会の肴にしようと思います(笑)。...
  • ランダム写真館
    「能代川分流記念公園」「新潟県スポーツ公園」「粟島公園①」「粟島公園②」...
  • 弘中綾香の純度100%/マガジンハウス
    少し前のペイペイの大感謝祭で千円オフのクーポン券が手に入り、本を買うのが一番お得だろうと考え、図書館に入りそうもないこちらを購入。半分写真集みたいな感じなのですが(笑)エッセイと対談部分がなかなか読ませます。2020年のオリンピックをキー局のアナウンサーという立場で迎えられることに期するものがあったというのは正直意外でしたが、コロナによってそれがなくなったこと。昨年2月というタイミングでインド旅行...
  • 師弟 棋士たち魂の伝承 (野澤亘伸)/光文社
    将棋棋士6組12人の師弟をとりあげた本。読む人はもちろん今をときめく藤井聡太、杉本昌隆師弟の話が読みたいわけですが、他の5組の師弟の話もどれもおもしろかったです。将棋界のレジェンドである谷川浩司九段の唯一の弟子でありながらなかなか昇段することができず、年齢制限ギリギリでプロ棋士になることができた都成竜馬六段。停滞しているときに彼女にひどいことを言ってしまったり、同世代の棋士に「お前、甘えるなよ」と...
  • 遅めの交換
    先週末、定期点検とタイヤ交換をしにディーラーに行きました。今年は雪がすごかったのでなかなか換える気にならなかったのですけど、3月はぜんぜん降らなかったので結果としては遅いぐらいのタイミングでした。作業中は飲み物とお菓子のおもてなし。岡山のチーズフィナンシェが美味でした。洗車もしてもらってすっかりピカピカ。これで春も安心してドライブできそうです。...
  • 夜桜に行くも。
    仕事が定時に終ったので、毎年行っている白山公園へ夜桜見物。行ったら池の水が抜けている状態でした(><)。水面に映る桜が見所なのですけどね…。ライトアップも例年よりずっと少なめ。感染拡大防止のため、あまり人が集まらないようにしてるみたいです。映え写真は撮れませんでしたが、満開の桜はお見事でした。こちらは平日昼間に行くのがよさそうです。...
  • 早くも満開
    3月31日の村松公園の桜。先日開花したばかりのような気もしますが、今はほぼ満開。感染防止のため屋台がないのは少し寂しいですが、駐車場は無料でした。のんびり桜を見る家族がいたり。撮影をしているらしき人たちもいたり。ちなみに特にウソは含まれておりませんのであしからず(笑)。...

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ