「ゲゲゲの女房」


 
 
29歳の布枝(吹石一恵)は、戦争で片腕を失った10歳年上の漫画家・茂(宮藤官九郎)とお見合いをすることに。お見合いから5日後には結婚式を挙げ、住み慣れた島根県安来から茂の暮らす東京へ出た布枝を待っていたのは、甘い新婚生活とは程遠い貧乏暮らしだった――
(画像とあらすじはYAHOO!映画より)
 
本当にまあ地味な映画(笑)。
朝ドラの方は見ていませんでしたが、「これ、絶対別もんだよな」ということはよくわかりました。
しれっと妖怪が画面に登場する(特になんの説明もなく、観客の目にのみ写っている存在として描かれていている)のがおかしいのですけど、とにかく貧乏生活の描写が延々と続くので、のちに水木しげるが漫画家として成功するのがわかっていても、「この夫婦(というか、この映画)、本当にだいじょうぶか?」と思わずにはいられませんでした。
しれっと高層マンションが写っちゃったりするのは、もはや妖怪同様ギャグなんだろうと理解しましたが、ちょっと
不思議な感覚ですね、この監督。
とはいえ、基本的にとてもリアルな映画だと思いました。
こういう話はついデフォルメして美談にしてしまいがちですが、布枝が当然感じたであろう当惑、失望、怒り、情けなさ。それらをセリフで説明せず、演者のたたずまいや距離感であらわしているところが上品だなぁと。
税務署がやってきて、「こんな収入で親子3人で生活できるわけがない」と疑われるシーンも、普通だったら笑えるシーンにするところを、たぶんあえて笑えるシーンにしてません。
映画の中で、茂(とそのマンガ)は最初と最後で何も変わっておらず、ただ彼を取り巻く環境だけが変わっていく、そしてその最大のものが布枝であった、ということだろうと思うのです。
それも、なにか劇的なことがあったというわけでなく、淡々とした日常生活の積み重ねがふたりの絆を作ったとするところに監督の志の高さを感じました。
布枝が茂にかける「いってらっしゃい」ということばが、最初と最後でまったくちがっているところが印象的でした。
 

コメント

Angel

No title
現代の背景のまま昭和30年代を再現する、というコンセプトだったようですよ(笑)
ドラマ版よりこのお二人の方が、昭和の色が濃いですね。
貧乏生活は、水木夫妻にとっても美談ではなかったでしょう。
それを越えて夫婦になった、そんな想いを監督は掬い取ったのですね~☆

pynchon0

No title
こんにちは...♪
やっぱり、そうですか。
何となく、分かってましたョ。
今、まだ旬だと思うので、観に行こうと思います...;+;★☆※.;+*``♪

KOR

No title
angelさん>なんですか、そのコンセプト?(笑)
貧乏が笑い話になった今の目線ではなく、まさにその当時の目線から描かれている物語だなと思いました。
監督も安易にいい話にしないところが良かったです。

KOR

No title
pynchon0さん>上映館が少ないみたいなので、興味があったらぜひ早めにごらんになってください!

くるみ

No title
ドラマはいろいろ盛り上がりもありましたが
映画はホント地味で(笑)
貧乏を描いていたように思います。
トラバお願いします!

KOR

No title
くるみさん>地味でしたねぇ(笑)。
それだけにリアルな貧乏でした★
トラバありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ