カササギたちの四季 (道尾秀介)/光文社


 
 
ひそやかに、大胆に。世界をひっくり返し、真実をつくりかえてみせよう。彼女を、落胆させてはならない――
「リサイクルショップ・カササギ」の店長・華沙々木は、謎めいた事件があると商売そっちのけで首をつっこみたがる性格。そんな華沙々木の推理力に絶大な信頼を寄せる中学生の菜美と、ふたりに振り回されてばかりの副店長・日暮。だが、「リサイクルショップ・カササギ」には秘密があった。事件を本当に解決しているのは華沙々木ではなく日暮だったのだ‥‥‥。
(内容紹介より)
 
短編やエッセイを読んだことはありましたが、道尾さんの長編を読むのははじめて。
軽妙な会話とトリックのきいたストーリーが伊坂幸太郎さんみたいだな、と思いながら楽しく読みました。
リサイクルショップのアマチュア探偵、というのはあまり新鮮味のない設定ですけど、この本がおもしろいのは、表向きの探偵・華沙々木の推理を、それが発表される前に助手である日暮が予想し、推理が当たったかのように裏工作する、というところでしょう。
正直、「なぜそこまでする、日暮?」と思わないでもないのですけど(笑)、そのおかげで4つの短編それぞれに
二通りの解決が読めるというメリットがあります。
華沙々木の謎解きは、ミステリー的に言えば意味のない推理なのですが、実によくできているというか、「これがはずれだなんて惜しいな」と唸らせるところがあります(笑)。
実際の探偵としての能力は日暮の方にあるとはいえ、華沙々木には物語を作るという能力があるのでしょうね。
たぶん三題噺とかはすごく得意なはずです(笑)。
ただ、こういう話である以上、「いつそのこと(本当の探偵は華沙々木ではない)がみんなにばれるのか?」というテーマが当然出てきます。
私も気になってページをめくっていきましたが、最後にニヤリとする書き方がしてあって、なるほどと思いました。

コメント

べる

No title
なかなか面白い設定でしたよね。日暮の涙ぐましい努力にジーンとしてしまいました。毎回冒頭でお約束の如くに出て来る住職のキャラも良かったです。私は読んでて、ちょっとしをんさんの『まほろ駅前~』の二人を思い出したんですけどね。

KOR

No title
べるさん>個人経営の店に男二人が雑居している感じが「まほろ」と似ている感じはありますね。どっちがどっちかはわかりませんが(笑)。
おすすめありがとうございます。また読んでみますね。トラバも感謝です☆

タカ

No title
「プロムナード」の次は、この本を読まれたんですね(^-^)これもすごくおもしろそうなので、早く読みたいです(^o^)特に日暮の裏方ぶりを堪能したいです♪

KOR

No title
タカさん>そうなんです。「道尾さんらしからぬ」という評価のある1冊のようですが、これがはじめてなのでよくわかりませんでした(笑)。でもおもしろかったですよ。

Angel

No title
関係性としては、コナンと小五郎みたいですね(笑)
二通りの解決と、いつばれるのかというスリルが楽しめるなんてなかなかお得です♪

KOR

No title
angelさん>なるほど、その適切な喩えは思いつきませんでした(^^;
ある意味、ミステリー小説を8編書くようなものですから、筆者の力量には感服でした。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ