「50/50 フィフティ・フィフティ」


 
 
腰の痛みを感じて病院の検査を受けたアダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。診断は、なんとガン。27歳とい若さで5年生存率50%の余命宣告を受けてしまう。戸惑う周囲に対して平静を装うアダム。親友のカイル(セス・ローゲン)だけは以前と変わらずに接していたが――
(画像はYAHOO!映画より)
 
監督:ジョナサン・レヴィン 脚本・製作総指揮:ウィル・レイサー
 
ガンになったからといって急に聖人のようになるわけでもないし、やけっぱちになって暴れるわけでもない。
主人公のアダムが告知を受けてからの心の動きや行動はとてもリアルで、自分もきっとこんなふうに思ったり
動いたりするだろうなぁと思いました。
人生の貧乏くじを引いたとき、苦笑するタイプとでもいいますか。
もちろん自分の命がかかっているので、中盤以降、笑ってばかりもいられなくなっていきます。
比較的クールにふるまっていたアダムが、だんだんと醜態(というと大げさですが)を見せ始め、それに合わせて本心がこぼれ落ちてくるところも、この映画の見どころのひとつでしょう。
貧乏くじという意味では周囲の人間にとっても同じ。
私が一番興味深かったのは主人公の恋人レイチェル。
彼女は、別れようと思っていた恋人からガンを告白されるという、なんとも皮肉なシチュエーションに陥ります。
「心から気の毒に思うけど、それはそれとして、私たち別れましょう」といえたら、結果的には良かったんでしょうけど、そんなセリフ、羞恥心のある人間にはなかなかいえるもんじゃありません(苦笑)。
だからといって恋人を裏切っていいというわけではないですけど、彼女の献身がある時期まで主人公を支えたことも事実。
観客根性としてはつい美談を期待してしまいますから、「なんて身勝手な女だ!」と思ってしまいますが、自分がその立場だったらはたしてどうかな‥‥‥と考えさせられました。
難病ものだからといってあまり「泣かせよう!」という仕掛けはありませんが、終盤のカイルの「本」のエピソードは(不意打ちだったこともあり)思わず涙ぐんでしまいました。
観賞後、「友達っていいなぁ」としみじみ思いました(笑)。

コメント

タカ

No title
別れようとしていた恋人としては、微妙ですね。理由にもよるでしょうけど、カンタンにさようならという訳にはいきませんよね
お涙ちょうだいものにしないところに好感が持てますなのに、KORさんが思わずホロリときたエピソードが気になりますね。

Angel

No title
ウィル・レイサーの体験に基づいているので、リアリティーがありました。
レイチェルの行動は同性として抵抗があるけれど、否定はしきれないですね。
私もいちばんぐっときたのは、カイルの本のシーンでした☆
いちばんつらいのはもちろん本人ですが、周囲も苦しんでいるんですよね。
泣かせようという演出ではないだけに、双方の気持ちがよく伝わってきたと思います。

KOR

No title
タカさん>誠実さってなんだろうと考えさせられました。自分の気持ちに正直になれば見捨てることになるわけですからね。
友人の本の話、本当いいエピソードなんですよ。ぐっときました。

KOR

No title
angelさん>過剰にドラマティックにならない、よい脚本とよい演出でしたね。
レイチェルの気持ちや立場を批判するのは簡単なのですけど、自分にできるかといわれたら自信は持てないですよね。
まさかあのカイルに泣かされるとは予想外でした(笑)。
なにかしてあげたいという周囲の気持ちと、本人のニーズとの違いの描き方がうまかったと思いました。

かず

No title
ガンの告知については文化の違いがありましたね~。
そういう観点から見るとなかなか興味深かったです。
TBお願いします♪

KOR

No title
かずさん>トラバありがとうございます。
たしかにいきなり本人に告知してましたもんね。日本だったらまたちょっとちがうドラマになったことでしょう。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ