用もないのに (奥田英朗)/文春文庫


 
 
職業:小説家。年齢:とりあえず中年。じきに五十路の身である。〆切のある旅なんて真っ平後免。自慢じゃないが、おやじの腰は重いのである。と、胸を張ったはどこへやら。編集者の甘言につられて、北京、NY、あっちこっちの野球場、果てはお遍路まで‥‥‥。人気作家がしぶしぶ物した、脱力紀行エッセイ集。
(背表紙より)
 
この本を書店で見かけたときは「なんてやる気のない表紙だ」(失礼)と、中身も確かめず素通りしたのですが、
あとで金平糖さんのブログを読んでいるときに、フジロックフェスの体験談が書かれていると知り、どれどれと
その部分だけ立ち読みをしてみると、なんと、私が11年参加している中でただ1回3日間通しで行った2005年のことが書かれているではありませんか。こんなもん買わないわけにはいきません(笑)。
家に帰り、さっそく自分の行動と比較してみました。
 
7月29日(金)
10:30
奥田英朗(以下・奥):苗場プリンスホテルロビーに同行編集者と集合。会場へ移動。
私:越後湯沢駅到着。シャトルバスの乗り場が大行列。とりあえず並ぶ。
12:15
奥:ホワイトステージでユア・ソング・イズ・グッドを観賞のあと、ところ天国でゴマだれ冷やし中華を食す。
私:ようやくシャトルバスに乗車。待ち時間約100分!
13:00
奥:雨。ホテルに雨具を置いてきたため、フィールド・オブ・ヘヴンで雨合羽を購入。
私:雨。ようやく会場着。オアシスでスープカレーを食す。好きなラジオDJに会い、番組ステッカーをいただく。
13:50
奥:オレンジコートでエディ・リーダーを観賞。隣のステージの音がうるさく、憤慨する。
私:会場を一回りする途中のアヴァロンステージで一休み。白井貴子のライヴ始まる。
15:00
奥:すごい雨。木陰に移動して雨合羽を着用。ホテルへの避難をはじめる。
私:すごい雨。逃げ場がなく、持ってきたブルーシートをかぶる。そこから一歩も動けず。
16:00
奥:ホテルに変える途中、グリーンステージのハイロウズのライブに感嘆。
私:オレンジコートに移動。リサ・ローブのライブ。オーディエンスと「どんぐりころころ」を合唱。
18:00
奥:ホテルで中華の夕食。
私:グリーンステージに移動。ザ・ミュージックのライブで盛り上がる。
19:30
奥:グリーンステージでコールド・プレイのライブ。スケール感の大きさに感心。
私:グリーンステージでコールド・プレイのライブ。時々やるフーファイターズのものまねに微笑。
21:30
奥:フィールド・オブ・ヘヴンに移動し、ROVOのライブ。本日のハイライト。
私:グリーンステージでフーファイターズのライブ。MCの英語が聞き取りやすくてパフォーマンス上手と思う。
 
7月30日(土)
11:00
奥:この時間に出演予定だったアーティストのキャンセルの代役がエディ・リーダーに決まり、昨日のリベンジ。
私:会場を巡り、お土産を物色中。
12:30
奥:グリーンステージでシャーベッツのライブ。「凄い雨の中、最後まで聴いてくれてありがとう」のMCに感動。
私:グリーンステージでシャーベッツのライブ。「凄い雨の中、最後まで聴いてくれてありがとう」のMCに感動。
14:30
奥:同じくグリーンステージでマキシモ・パーク。「いいライブだった。アルバムまでは買わんがな。」
私:同じくグリーンステージでマキシモ・パーク。「いいライブだった。アルバム買って正解だったな。」
15:50
奥:ホワイトステージのサンボマスターズの人気に驚愕する。
私:ホワイトステージのサンボマスターズのライブに参加中の友人と合流しようとする。
16:30
奥:すごい雨。オレンジコートへ移動中、子連れのお父さんが水たまりに転倒するところを目撃。
私:すごい雨。友人と合流。屋根のあるホテル近くのスキーハウスへ避難。
19:30
奥:グリーンステージでベックのライブ。本日のハイライト。「ガール」で大合唱。
私:グリーンステージでベックのライブ。映画主題歌の「エターナル・サンシャイン」に感激。
21:00
奥:同じくグリーンでファット・ボーイ・スリム。「わからん」と途中退場。
私:同じくグリーンでファット・ボーイ・スリム。あまりの雷雨に「おもしろいけど、これはやばい」と途中退場。
 
7月31日(日)
10:30
奥:大物編集者が銀座のおねーちゃんを連れて合流。あまりの軽装に「雨降らないかな」と願う。
私:帰る友人を見送り、ドラゴンドラに乗って山頂へ。
11:00
奥:グリーンステージで一発屋のザ・ナックの「マイ・シャローナ」で感動。
私:山頂レストランでゲレ食?のパスタを食べる。トイレの清潔さに感動。
14:00
奥:ホワイトステージに移動し、ソウル・フラワー・ユニオンのライブ。
私:下山し、グリーンステージでエゴ・ラッピンのライブに行くも、疲れと寝不足でいねむり。
16:00
奥:グリーンステージでくるりのライブ。ここちよくいねむり(ゴールデン・スランバー)。
私:グリーンステージでくるりのライブ。まどろみながら観賞。
17:30
奥:同じくグリーンでビーチ・ボーイズ。おやじたちの演奏が若者にもうけていて、わがことのように誇らしく思う。
私:ようやく目が覚め、ラヴサイケデリコを見ようとオレンジコートまで移動。
18:00
奥:大物編集者帰還。とたんに雨が降り出し、ロックの神様を呪う。
私:あまりの雨に移動を断念。
18:30
奥:フィールド・オブ・ヘヴンで熱々の釜焼きピザを食す。「フジで一番のごちそう。」
私:オアシスで最後のスープカレーを食す。3日間雨にうたれつづけ、疲労のピーク。
21:00
奥:同じくヘヴンでソウライブ。晴れ上がった夜空の下、「体裁屋の私が声を張り上げ、頭を激しく振っている。」
私:グリーンステージ。奇跡的に晴れた夜空の下、最後の元気がわき上がる。ニューオーダーのライブ。最高!
 
――こんな感じ。比較してみると、かなり広い会場なのですが、けっこう同じところにいたんだなぁと思いました。
しかしこの記事、もはや本の感想とはいえませんな(笑)。

コメント

タカ

No title
確かにやる気のない表紙ですよね。私も書店で、スルーしました(笑)
しかし、まさか近くに奥田さんがいらっしゃったなんて、びっくりですね。お二人の行動の比較がおもしろかったです(^o^)

KOR

No title
タカさん>きっとどこかで一瞬ぐらいはすれちがっているでしょうね。
行動比較表は自分で言うのもなんですが、力作です(笑)。

Angel

No title
行動比較表の作成お疲れさまでした!
11年参加している中で、一度だけの3日間。
そこに作家が居合わせ、本に著すなんてなかなかの奇跡です☆
奥田さんの方は、ところどころしぶしぶ感が出てますね~(笑)

KOR

No title
angelさん>ありがとうございます。
少なくともこういうふうに比較できる文章があるのはこの年だけだと思うので、そういう意味では奇跡でした☆
実際、この年は相当ハードな環境でしたから、奥田さんからしぶしぶ感が出てたとしてもやむを得ないかと(^^;

金平糖

No title
すごい、ニアミスではありませんか!?
KORさんの記憶力もすごい!
もしかしたら、辻村さんとも?
トラバ返しさせてくださいませ。

KOR

No title
金平糖さん>もちろん記憶力ではなく記録(メモ)のたまものです(笑)。
K川書店御一行様とはすれちがわなかったように思います★
辻村さんとは‥‥‥たぶん隣りにいても気づかないかも(^^;
トラバ返しありがとうございます。

pynchon0

No title
こんばんは...♪
キャッ...!!!もしかしたら、何処かで繋がっているのかも???
こう云うのって、面白いですよネ。
私も、経験、ありますョ。

fufufu...本も、読んでみますね...+*:`※`:*+.:+*``※!!

KOR

No title
pynchon0さん>たまたま同じ場所にいた、というだけでもおもしろいのですが、そのことを文章にしてくれていた、というのがたまらなくおもしろかったです^^
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ