「ゴーン・ガール」


                                           (画像はYAHOO!映画より)
 
あらすじ:5回目の結婚記念日の朝、妻のエイミー(ロザムンド・パイク)が突然姿を消す。夫のニック(ベン・アフレック)の不用意な言動から、マスコミは彼に疑いの目を向け、警察は現場に偽装工作の痕跡を見つける。
絶体絶命のニックにとって、味方は双子の妹のマーゴット(キャリー・クーン)だけだったが、ニックには彼女にも
いえない秘密があった――
 
監督:デヴィッド・フィンチャー 原作・脚本:ギリアン・フリン 音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス
 
この映画の教訓、「夫たるもの、よく妻の話を聞いて、友人関係や趣味・仕事、過去の出来事を知っておくこと。
でないと、事件があった時に疑われるから」(笑)。
映画の前半はミステリー。事件発生からの捜査の経過が時系列順に描かれます。
中盤からは妻の目線で、この夫婦に何が起きていたのか、事件の真相はどうだったのか、ということが明らかに
なります。
ここまででも十分におもしろいのですが、この映画が本当におもしろいのはここから。
数々の疑惑によって窮地に追い込まれたニックが起死回生の策としてインタビューを受け、これが放映されると
ある人物が強い影響を受け、行動をはじめます。この場面の演出は特に見事で印象に残りました。
想像を超える展開のあと、クライマックスの登場人物のやりとりは衝撃的。
この映画のテーマが“結婚”なのですが、たどりついた結末は地獄なのかハッピーエンドなのか、未婚の私には
なかなかはかりしれないところがありました。

コメント

tomo

No title
ベンアフですね。これは私も気になってたんです。おもしろそうですね。
ベンアフは、何年か前めちゃくちゃはまって、例のとおり、彼の映画を見まくった時期がありましたが、最近はとんとご無沙汰でした。
飽きっぽいところあるから(笑)。この映画は久々にそそられますね。

KOR

No title
> tomoさん
はまったら凝るところがtomoさんらしいですね(笑)。ベン・アフレックのキャラクターによく合った主人公で、『セブン』のフィンチャーが帰ってきた!という嬉しさも感じられる映画だと思います。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ