新潟ジャズストリートな1日 ② ブルーノートジャズオーケストラ

ここからはライブのお話。
最初に見たのはNEXT21市民プラザ(6階)で12時開始のブルーノートジャズオーケストラ。
約20人編成のビッグバンドでした。
「名前にブルーノート(ジャズの由緒正しいレーベル)って入るぐらいだから、一番スタンダードな演奏をするのだ
ろう」という読み。
300人定員の会場は6,7割ぐらいの入りでした。
メンバーの平均年齢はおそらく60歳くらい。
客席の平均年齢も同じくらいだったかもしれません。
知ってる曲はありませんでしたが、手堅い演奏でしたので、安心して聴けました。
後半、それまでテナーサックス吹いていた荒木修さんがボーカルをとって、『ルパン三世のテーマ』と、ビリー・ジョエルの『オネスティ』を2曲披露。
最後、客席からはアンコールを促す拍手が起こりましたが、「ありがとうございます。ですが、ちょうど時間となりましたので‥‥(笑)」とのMC。
どうやら持ち時間が決められているジャズストリートではアンコールはなしらしい、ということがわかりました。
終演後はステージ上で後片付けをするメンバーに声をかける観客の姿も見られ、ミュージシャンとの距離が近い
イベントなんだなと感じました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ