純喫茶「一服堂」の四季 (東川篤哉)/講談社


 
 
あらすじ:鎌倉の路地裏でひっそり営業する古民家風の純喫茶「一服堂」。エプロンドレスがよく似合う美人店主は、超のつく人見知り。ただし、持ち込まれた難事件を推理するときには、態度も口調も豹変する。事件の現場には一歩も踏み込まず、店の敷地から一歩も出ずに推理するのは、猟奇事件ばかり。四季の怪事件をユーモアたっぷりに描く推理短編集。
(出版社HPより抜粋)
 
私、某ビブリアも某タレーランも読んでいないので、どれぐらいパロディ化されているのかはわからないのですが、ともかく楽しく読めたミステリーでした。
「春」の事件は、浮気調査で監視下にあった密室で発見された十字架に磔にされた死体の謎。
浮気調査中に事件がおきるという設定、この間の「探偵少女アリサ」でも読んだばかりなんですが、東川さんの
中での流行りなんでしょうか?
犯人は予想どおりでしたが、十字架に磔にされていた理由はなるほどと思いました。
「夏」の事件は、留守宅に突然現れた死体の謎。
こちらの方はまったく想定外の犯人。真相がわかってから読み返すと、単なるユーモア的な描写だと思って
いたところに伏線が隠されていたり、状況を想像してぞーっとしたり。
2作続けて被害者が十字架に磔にされていたので、全編通してそういう縛りなのかと思ったのですが、後半の
2作はバラバラ事件縛りでした。
「秋」の事件は、浴室で発見された美人秘書の謎。
売れっ子作家の「東山敦哉」と、売れないミステリー作家「南田五郎」が出てきますが、著者インタビューによると
どちらも自分がモデルだそうです。
「架空の作家のつもりで作ったキャラクターなのに、読者に『これは○○がモデルだ』と思われるのが嫌だったから」とのことですが、たしかに「東山」のある性格を考えると、自分をモデルにしておいた方が無難でしょう(笑)。
「冬」の事件は、出入り不可能な屋内で起きた猟奇殺人の謎。
最大の問題作(笑)。これは東川さん以外にはまず書けないミステリーでしょう。
二重の意味で映像化不可能なトリックが仕掛けられていて、意外なラストでした。
さすがにこれは続編は無理だなぁ――と思ったら、東川さんご本人は「やれるものならぜひやりたい」とおっしゃられているので、まさかのシリーズ化もあるのかもしれません。楽しみです。

コメント

べる

No title
キャラと表紙以外はほとんど東川さんオリジナルと言っていいと思いますよ。作風は全く被ってませんし(笑)。
秋のお話、二人の作家両方とも東川さんご自身がモデルだったんですね。納得(笑)。
続編あるかもしれないんですか!?あのラストでどうやって・・・そこを実現してくれたら、ますます東川ファンになっちゃうかも(笑)。

KOR

No title
> belarbreさん
あ、一個もかぶってないんですか(笑)。
続編、私もインタビューの発言を見てわが目を疑いましたよ(笑)。でも書いてくれるならぜひ読んでみたいです♪
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ