「滝を見にいく」


 
                                            (画像はYAHOO!映画より)
 
あらすじ:幻の大滝を見にいく温泉付き紅葉ツアーに参加した7人のおばちゃんたち。現地に到着した彼女たちは頼りないガイドと一緒に滝を目指して山登りをはじめる。ところが先に行ったガイドがいつまでたっても戻らない。仕方なくガイドを探していくうちに、いつのまにか彼女たちが山の奥に迷い込んでしまう。携帯は圏外、食料はわずか、日没は間近。突然のサバイバル生活に放り込まれた彼女たちだったが‥‥‥。
 
監督・脚本:沖田修一 
出演:根岸遥子、安澤千草、荻野百合子、桐原三枝、川田久美子、徳納敬子、渡辺道子、黒田大輔
 
なんとも沖田監督らしい作品。
設定はハードに見えますが、遭難以外に大きなトラブルは起きず、最後までゆるゆると物語は進みます。
退屈な人はすごく退屈でしょう。でも、こういうのが好きな人はすごく好きになるはず。
対立していた女性たちも、いつのまにか年齢も下界の立場も関係なく、女学校のような雰囲気になって、縄跳びをしたり、たき火を囲んでガールズトークをしたりして、なんだか楽しそう。
出演者の中にはまったく演技経験のない方もいらっしゃるそうですが、とてもリアルなお芝居でよかったです。
妙高が舞台ということもあってか、映画館はほぼ満席。
大笑いというより客席からくすくすと笑い声が聞こえる映画でした。

コメント

かず

No title
おばちゃんたちの絡みが自然体でクスっと笑えました。
沖田監督らしい作風でしたね♪
TBお願いします!

KOR

No title
> かずさん
TBありがとうございます。姥捨山みたいな壮絶な話になるのかと思いきや、のんびりまったりとした遭難話でおもしろかったです。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ