監督賞

山下敦弘 「リンダ リンダ リンダ」

 「スウィングガールズみたいな映画なんでしょ?」というこちらの予断を完全に裏切った作品。私の勝手な理解では、この監督は「ずぶ濡れの女子高生バンドが裸足でブルーハーツを演奏し、歌う」という必勝の(?)ラストシーンから逆算して映画を作っていったにちがいない。このすけべ(完全なるいいがかり)。ダラダラしたテンション、女子に比べやたらリアルな顔の男子校生たち、ラモーンズ、キッチュな誕生日プレゼント、まったく油断ならない監督だ。ペ・ドゥナを呼んでくるあたり、他人とは思えないセンス。今後もがんばってほしいものだ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ