ラオスにいったい何があるというんですか? (村上春樹)/文藝春秋




村上春樹さんの紀行文集。
といっても、『遠い太鼓』とか『やがて哀しき外国語』のようなハードなものではなく、印象としては読み物として
上質なガイドブック。
「ここ行ってみたいな」「これ一度は食べてみたい」と思うものがたくさんでてきます。
こういうのを読むと、世界にはまだまだ自分の知らない、おもしろいところがたくさんあるんだなとつくづく思い
ます。
収録されている旅先は、ボストン、アイスランド、ポートランド、ギリシャ、ニューヨーク、フィンランド、ラオス、
トスカナ、そして熊本。
フィンランドでは映画監督のカウリスマキ兄弟が経営するバーに行ったり、(店の方針が“冷たいサービス
温かいいビール”って!・笑)熊本では「東京するめクラブ」を再結成したりします。
たとえ有名な観光地でなくても、行けばそこにしかないものがあり、それを見つけることが旅の喜びなんだなと
改めて思いました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ