家日和 (奥田英朗)/集英社文庫




あらすじ:ネットオークションにハマった紀子。つい夫の秘蔵品にまで手を出してしまい‥‥(「サニーデイ」)
会社が倒産し、主夫になった裕輔。家事仕事にやりがいを見出すが、周りの目は‥‥(「ここが青山」)
妻に出ていかれた正春。これを機に部屋を模様替えしていくと、同僚たちに大好評で‥‥(「家においでよ」)
内職先の若い担当を意識しはじめた途端、弘子は変な夢を見るように‥‥(「グレープフルーツ・モンスター」)
突然カーテン屋をはじめるという夫。春代は心配するが、意外な展開になっていき‥‥(「夫とカーテン」)
作家の康夫は、ロハスに凝り始めた妻と隣人に困惑するのだが‥‥(「妻と玄米御飯」)

「家」シリーズの第1作目。
既読の「我が家の問題」「我が家のヒミツ」同様、こちらもおもしろかったです。
全シリーズに登場するN木賞夫妻の第1話が読めたのもちょっと感慨深いものがありました。
悪人が出てこなくて、基本的に夫婦はお互いのことをちゃんと思いやっていて、ごく日常的なことや平凡な仕事に
やりがいやおもしろみを見出せる主人公たちのいるこの世界は本当に好きです。
「ここが青山」の裕輔が、失職したことを嘆くでもなく家事におもしろみを見出したように、「家においでよ」の正春が妻に逃げられたことを悲しむより部屋をデザインしてくことに喜びを感じていくように、つらいことがあっても
見方を変えて楽しめるようになれればいいなぁと思いました。(陳腐な感想ですが。)

コメント

べる

No title
おっと、読まれましたね。良かったでしょう?
『ここが青山~』好きでしたねー。グレープフルーツのだけは共感出来なかったけれど、他のはすべて、家族の良さがにじみ出ていて、ほんわかするお話ばかりでした。

KOR

No title
> べるさん
安定のおもしろさですね。グレープフルーツがそうですけど、シリーズの1作目だけそういうシーンがあるのでちょっとびっくりしました。今後も続けてほしいですけど、N木賞の奥様はどうなっていることやら‥‥(笑)。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ