愛のようだ (長嶋有)/リトル・モア




あらすじ:40歳にして免許を取得した戸倉は、友人須崎、その恋人琴美の3人で、伊勢神宮へドライブに出かけた。本当の願掛けにいくのだ。車中で交わすとりとめのないおしゃべり、流れる景色、ひととき同じ目的地があるということ‥‥。80~90年代のマンガやポップスがいろどる物語。

作者と同年代の私にとっては「わかるわかる」が満載の小説。
各章のタイトルもアニメソングのタイトルやマンガの名セリフからとられていたりして遊び心があります。
キン肉マンの主題歌が大きくピックアップされていますが、私も好きでしたし、今でも歌えますし、私の世代の
男子でこの歌をうたえない人はほぼいないんじゃないかと思います。
ほぼ全編車中で展開しますが、ドライブ中の高揚感が感じられ、無意味に美人ライダーを追いかけ道をまちがうところなんかは笑えました。
タイトルどおり一応恋愛小説で、ラスト、手紙が出てくるかと思ったらまさかのあれで、さすが長嶋有さんだなと
思いました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ