そういえば(akkoと一青窈)

同じラジオ番組で、放送日はぜんぜんちがいますが、akkoと一青窈が出ていた回をたまたま聴いていたのですが。

ふたりの口から語られる小林武史像、そしてふたりの音楽に対する小林武史のアプローチのしかたにかなりの温度差が感じられて「あれ?」と感じたものですが。

でもそれは身内に対するものと外様に対するものとのちがいで、こちらの考え過ぎなのだろうと思っていたのですが。

そうでもなかったんですかねー。なんかリアリティ感じてしまいますわ。

不倫に対する私の基本的な考え方は「あってはならないことだけど、好きになっちまったもんはしかたない」。

こうして文章にしてみると、交通事故について語っているのに似てますね(苦笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ