「ダンケルク」




あらすじ:1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。
(画像・あらすじはYAHOO!映画より)

監督・脚本:クリストファー・ノーラン 音楽:ハンス・ジマー

戦況を説明するようなモノローグがないので、登場人物同様、ドイツ軍が空からまき散らすビラや、偶然聞いた将校の会話から状況を予測することしかできず、ハラハラしながら映画を見ました。(観賞前に検索は封印。)
陸の1週間と海の1日と空の1時間が平行して語られますが、それほど難解ではないです。
印象的だったのは、イギリスの救護船が救出した兵に与える食事が、紅茶とジャムを塗ったトーストだったこと。
これって日本人だったらおにぎりとみそ汁が出てくる場面なんだろうなと、脳内で変換しながら見てました。
ドーソン船長の静かな勇気は、この映画におけるほとんど唯一の安心感。
パイロットのファリア、最後の着地シーンは、戦争映画だということを忘れるほどきれいでした。

コメント

kana

No title
初めまして~。明日観に行きます♪
難しそうですけど久々に期待しています(笑)

KOR

No title
> kanaさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。映画、期待してもいいと思いますよ♪

きまりと

No title
戦争映画だけど、ハラハラドキドキ!なにやら期待できそうですね!
写真の若者もカッコイイし(笑)
最後の着地シーン、きれいだったのね~

KOR

No title
> きまりとさん
けっこうタイプのちがうイケメンが出てきますよ、この映画(笑)。
着陸シーンは撮影技術の進歩を感じました。(とかいって、CGだったりして・笑)

かず

No title
ノーランのこだわりが随所に見られた作品でした。
一つの事柄を複数に焦点を当てて描いて点と点が線になるのは戦争映画にはとても有効ですね。
TBお願いします。

KOR

No title
> かずさん
TBありがとうございます。ただの退却戦をここまでドラマティックな映画にしてしまうのは、さすがノーラン監督でしたね。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ