マスカレード・ナイト (東野圭吾)/集英社




あらすじ:ホテル・コルテシア東京の大晦日のカウントダウン・パーティーに殺人犯が姿を現すという匿名の情報が寄せられる。事態を重くみた警視庁は、3年前の事件でホテルマンとして潜入した新田を再びコルテシア東京に送り込む。新田の教育係だった山岸は、時にぶつかりながらも、コンシェルジュとして捜査に協力していくのだが…。

マスカレードシリーズの第3作。
第2作が過去編だったので、やっと時計の針が動いたことになります。
第1作の終わり方で、「もしかして新田と山岸は付き合うことになったのかな?」と思ったのですが、特にそんなことはなく3年ぶりの再会だった様子。
新田の立場に変化はありませんが、山岸はコンシェルジュになり、過去編では出番のなかった能勢刑事が
警視庁に栄転して再登場します。
物語の半分は新田と能勢の捜査で、もう半分はお客様からの無理難題を山岸が解決していくお話。
もちろんこの2つが最終的には絡み合ってすべての謎が解けていく仕組みです。
能勢はあいかわらずいい仕事しますし、新田は人を敬う気持ちが芽生えているので、前より嫌なやつではありません(笑)。
山岸は前にも増して有能で、こんな万能なコンシェルジュいるか!とつっこみたくなりますが(笑)、その仕事術は対人関係の仕事をしている人なら参考になることまちがいなし。
初登場の氏原、新田を監視(そして敵視)する嫌われ役のキャラクターですが、客の立場として見ると超優秀なホテルマンで、警察権力に一歩もひるまず正論をつきつけるところは、同業者だったら拍手を送りたくなるかもしれません。(もっとも、こういう人物にありがちな、最後に主人公を意外な形で助ける、というパターンがないのはちょっと残念でした・笑)
ホテルを利用する人たちはみな“仮面”をつけており、特に印象的な客である日下部は、山岸を最後まで振り回すトリックスターのような人物ですが、彼の素顔こそもっとも驚かされました。
これが最終巻でもおかしくありませんが、LA編にもちょっと期待してみたいと思います。

コメント

きまりと

No title
こちらはシリーズもので3作目なんですね!
正直ホテルって毎日なにかしらの事件が起きても不思議じゃないかも~
虚ろな十字架の単行本買ったよ。まだ私は未読

KOR

No title
> きまりとさん
ホテルで事件というとドラマのイメージですね~。こちらは殺人事件ですからだいぶシビアですが。
虚ろな十字架、なかなかヘビーですが、考えさせてくれるよい本ですよ。ぜひ。

べる

No title
発売日に予約したのに、32人まちでした・・・(涙)。11、2冊は入るでしょうけど、当分回って来そうにないです。ぐすん。

KOR

No title
> べるさん
さすがは東野さんですねぇ^^;早く回ってきますように。べるさんの感想も楽しみにしています♪

べる

No title
結局二ヶ月待ちでしたね。待たされただけの読み応えはありましたけども。ほんとに、山岸さんのスーパーホテルウーマンぶりには、頭が下がるばかりでした。仕事にあそこまでプライドを持って臨めるっていうのは、働く人冥利に尽きるのかもしれませんね。
LA篇あるかなぁ。読みたいですよねー。新田も英語出来るしね。

KOR

No title
> べるさん
年内に読めてよかったです(^^;。山岸、かっこよかったですね。最後も彼女のプロ意識で助かったわけですし。
普通のお話でしたら「海外に行く」はシリーズ終了の代名詞ですけど、マスカレードシリーズならLA編もありじゃないかと。まあ、私の妄想ですが(笑)。

やっくん

No title
ロスで活躍する山岸尚美も観たい(読みたい)気はしますが、
なかなか進展しない2人は、これで最後のシリーズかもしれませんね♪
私は結局、出遅れて…予約から1年近くかかってしまいました。

KOR

No title
> やっくんさん
来年の映画公開に合わせて続編ワンチャンないかな、と勝手に思っています(笑)。
TBありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ