男優賞

ベン・キングズレー 「砂と霧の家」

 「サンダーバード」ではキッズに負けるハゲたおっさんでしかなかったベン・キングズレーだが、ここでは家族を守る父だ。不運に愚痴らず、現実を受け入れ、あきらめずに人生を戦う。しかしギリシャ悲劇がそうであるように、彼もまたその粘り強さという美点ゆえに敗れる。そんな男を、静かに、だが迫力をもって演じている。クライマックスの、息子が待つ病院へ文字どおりかけつけるシーンの表情たるやすさまじい。その迫力があれば「サンダーバード」でキッズを蹂躙することも可能だったろう(そんなことはない)。
 次点は「ヒトラー~最期の12日間~」のブルーノ・ガンツ。世界史上の大ヒールを演じる想像できないほどの重圧。ドキュメンタリー映像を何度も見て研究した成果も見られ、凡庸な役者であればコントのキャラクターになってしまいそうなヒトラーを、実にリアルに演じている。こちらもグッジョブ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ