「コンフィデンスマンJP プリンセス編」


監督:田中亮 脚本:古沢良太 音楽:fox capture plan

主要キャストの不倫騒動、コロナによる公開延期、公開直前の出演俳優の自殺…と、あまりにもネガティブな出来事が多かったこの作品。
シリーズのファンとしては素直に楽しめるか心配でしたが、はじまってしまえばいつもどおりの世界観にすっと入れました。
(一応言っておくと、冒頭に前作「ロマンス編」のネタバレがあるので、まだ見てなくて見るつもりの人は注意。)
前作は見事な裏切りが痛快でしたが、今作はわりとハートウォーミングなストーリー。
騙されまいと警戒するあまり、本来泣けるシーンをずっと疑いの目で見てしまったのは失敗でした(苦笑)。
ダー子のセリフ「偽物も本物もない、私たちはなりたいものになれる」、これが最初と最後でちがう意味合いに聞こえるのが憎いところ。
ゲストの関水渚さん、私は途中まで広瀬すずさんと誤認してました(恥)。
前作からひきつづき登場の竹内結子さん、出番は少しですがおいしい役どころでファンも満足。
ひさしぶりに見たビビアン・スーさん、ラストショットがめちゃくちゃかわいい驚異の45歳(!)。
たぶん本作で一番笑いをとったデヴィ夫人(よくOKしたものです・笑)。
GACKTさんも出てきますが、舞台がシンガポールなので本人役ではないかもしれません(笑)。
エンドロールに生瀬勝久さんの名前があって「あれ、出てたっけ?」と思ったら最後のおまけシーンに登場してた…というこのくだり、前作の感想記事にも同じ文章があって笑っちゃいました。
興行成績も良さそうですし、第3弾も期待したいと思います。

コメント

香津葉

明日あたり観に行くつもりだったんだけど
またコロナが暴れてきたから躊躇してる。

8月末なら時間がとれそうだけど
どうかまた、営業自粛とか
なっていませんように!

シリーズファンであの世界観が好きなのはもちろん
キラキラしたジェシーにも会いたいです☆

KOR

>香津葉さん
映画館自体はわりと安全だと思いますが、行くまでに感染するリスクがありますものね(><)
8月いっぱいは上映してそうですので、今の状況が改善されていることを願うばかり。
ジェシーが登場したときは一瞬複雑な気分になりましたが、やっぱりキラキラしてました。
非公開コメント

プロフィール

kor2019

YAHOO!ブログから引っ越してきました。

月別アーカイブ